TOWERRECORDS渋谷店

EVENT > ハンバートハンバート『家族行進曲』リリース記念 ライブ

ハンバートハンバート『家族行進曲』リリース記念 ライブ

2017.08

07

mon

ハンバートハンバート『家族行進曲』リリース記念 ライブ

イベント限定!!
ハンバートハンバート×TOWER RECORDS SHIBUYA

コラボドリンク販売決定!!

モヒートモヒート (写真左★アルコール)

モヒート
青りんごシロップ
トニックソーダ

 

東十条スリング (写真右★ノンアルコール)

ジンジャーエール
メロンシロップ

 

 

各500円でイベント会場限定で販売!ぜひお試しください♪

 

 

 


 

ご予約者優先でタワーレコード渋谷店・新宿店にて、2017年7月5日(水)発売(7月4日(火)入荷)『家族行進曲』初回限定盤CD+DVD(DDCB-94015)もしくは、通常盤CDのみ(DDCB-14054)をご購入いただいたお客様に、先着で整理番号付入場券を配布いたします。

 

・ご予約いただいたお客様には優先的に整理番号付入場券を確保し、対象商品のご購入時にお渡しいたします。

・整理番号付入場券1枚につき1名様がご参加いただけます。

・対象商品1点につき1枚の整理番号付入場券、2点以上ご予約(ご購入)の場合もご予約(ご購入)点数に関らず、お1人様1枚までとさせていただきます。

・整理番号はランダムで発行いたします。先着順ではございません。

・イベント開始30分前より整列を開始いたします。1F階段前にお集まりください。整理番号順にお並びいただき、会場内にご案内いたします。

・対象商品のご予約は店頭、お電話、タワーレコードホームページ( http://tower.jp/)を利用した店舗予約サービス(商品のお引き取りは渋谷店となります。)で承っております。
・整理番号付入場券の配布は定員に達し次第終了いたします。終了後にご予約(ご購入)いただいてもお付けできません。
・整理番号付入場券はいかなる場合も再発行はいたしません。
・小学生以上のお客様から整理番号付入場券が必要でございます。また小学生未満のお客様がイベントにご参加をご希望の場合、付添いの方も整理番号付入場券が必要でございます。
・整理番号付入場券の譲渡・転売は禁止させていただきます。
・対象商品の返品・返金はお断りさせていただきます。不良品は良品との交換とさせていただきます。
・手荷物や貴重品はお客様ご自身で管理してください。ベビーカー・キャリーケースなどの大きいお荷物もお預かりいたしかねます。
・会場内のコインロッカー(1回300円)の数には限りがございます。
・会場内への飲食物の持ち込みはご遠慮ください。
・イベント中はいかなる機材においても撮影・録音は禁止させていただきます。
・会場周辺での徹夜などの近隣住民・店舗のご迷惑となる行為は禁止させていただきます。
・他のお客様のご迷惑となる行為、また他のお客様に怪我をさせてしまう可能性のある危険な行為は禁止させていただきます。
・イベント当日は係員の指示に必ず従ってください。係員の指示に従っていただけない場合、イベントへのご参加をお断りすることがございます。また係員の指示に従わずに生じた事故に関しましては、弊店・主催者は一切責任を負いかねます。
・諸事情によりイベントの内容に変更が出る場合や、イベント自体が中止になる場合がございます。

家族行進曲<通常盤>

ハンバートハンバート

3年ぶり9枚目となるオリジナル・アルバムは、家族のシーンを様々な角度から描いた一枚。アコースティック楽器をふんだんに使いながら、2017年の歌モノとして成立させたハンバートハンバートならではの作品。細野晴臣、長岡亮介、We Banjo 3他、豪華ゲストが多数参加。 (C)RS 佐藤良成と佐野遊穂の夫婦(家族)デュオ、ハンバートハンバートの3年ぶり9枚目となるオリジナル・アルバム。バンジョー、フィドル、マンドリンなどアコースティック楽器をふんだんに使ったハンバートハンバートならではの、アイリッシュ、フォーク、カントリーなどのトラディショナルサウンド。細野晴臣、長岡亮介(ペトロールズ)、We Banjo 3他、豪華ゲストとの競演により2017年新しいハンバートハンバートを聴くことができる。アルバムタイトル『家族行進曲』のように家族が、「おかえり」と「ただいま」しながら進んでいく姿を曲ごとに様々な角度から描いた一枚。 intoxicate (C)中村真由美 生活感満点のホーム・ソングが揃ったこの新作では、何とも伸びやかで軽やかな佇まいの二人に出会える。躍動感に溢れたサウンドが並んでいるのも特徴で、なかでも細野晴臣と長岡亮介が溌剌としたプレイを披露する"がんばれ兄ちゃん"はピカイチの存在感を放つ。ウィー・バンジョー3の軽妙なアンサンブルが新鮮な風を連れてくるトラッド風味の曲も楽しいし、大家族の食卓のように賑やかな空気が流れていてとっても素敵。 bounce (C)桑原シロー