TOWERRECORDS渋谷店

EVENT > 紙屋信義/ミニライブ&サイン会

紙屋信義/ミニライブ&サイン会

2018.02

10

sat

紙屋信義/ミニライブ&サイン会

渋谷店クラシックで初めてオルガンの実演奏のインストア・イベントが決定致しました! キルヘムジカ(教会音楽家)の紙屋信義さんをお迎えしてのミニライブの開催です。紙屋さんが特別に注文した200kgの電子オルガンを使用しての演奏で、オーケストラと対等に演奏可能、上鍵盤、下鍵盤、ペダル鍵盤も揃ったフル装備のオルガンとなります。CDショップの売り場でオルガンの生演奏という、これまで想像もしていなかったことの実現で、運営側のこちちも今から胸躍らせているところです。最新アルバムの『アダージョ』は、クラシックの名曲をオルガン演奏用に編曲し収録されており、実演でも多くの方に楽しんで頂けるイベントとなりそうです。もう二度と実現しないかもしれない貴重な機会、お見逃しなく!!(担当:小山)

アダージョ パイプオルガンで聴く名曲

紙屋信義

響きのレイヤーが美し過ぎる…こんな1枚が欲しかった!幾重にもかさなる深い響きが感動的です。さらに、パイプオルガンで奏でられる名旋律は作品の内声部が細やかに浮かび上がり、改たな発見に興味が尽きません。その大きさゆえ、音像を録らえるのが大変難しい楽器でもありますが、今回、ワンポイントで見事にそれを克服。スピーカーでは超低音の振動と音圧を、ヘッドホンではオルガンが目の前に立ち現れる臨場感を体感できます。オルガンを知り尽くしたキルヘムジカ(独・教会音楽家)、紙屋信義による意欲作。X'masシーズンにお薦め。 マイスター・ミュージック 幾重にもかさなる深い響きが感動的。さらに、パイプオルガンで奏でられる名旋律は作品の内声部が細やかに浮かび上がり、改たな発見に興味が尽きない。その大きさゆえ、音像を録らえるのが大変難しい楽器でもあるが、今回、ワンポイントで見事にそれを克服。スピーカーでは超低音の振動と音圧を、ヘッドホンではオルガンが目の前に立ち現れる臨場感を体感できる。オルガンを知り尽くしたキルヘムジカ(独・教会音楽家)、紙屋信義による意欲作。 (C)RS 一般的に日本でオルガンというと小学校で見る、小型の足踏みリードオルガンのイメージだが、欧米では主にパイプオルガンを指すことが多い。巨大なものは二万本を超えるパイプからなり、その土地の風土、文化に根付いた建築物でもある。ラヴェルのパヴァーヌが珍しい。かわいらしくありながらも凛とした王女の舞踏が、巧みなストップ操作によって様々な音色で演奏される。ギルマンのパラフレーズは、表彰式で使われるヘンデルのあのメロディ。清々しい音色で始まり精緻な構成で展開、最後は壮大に終わる。他、定番に収まらない意欲的な選曲。ぜひヘッドホンでじっくりと大伽藍に身をまかせたい。 intoxicate (C)南弘史