TOWERRECORDS渋谷店

EVENT > ミカラ・ペトリ/バッハ: リコーダー・ソナタ集(HB)発売記念 ミニ・コンサート&サイン会

ミカラ・ペトリ/バッハ: リコーダー・ソナタ集(HB)発売記念 ミニ・コンサート&サイン会

2019.12

05

thu

ミカラ・ペトリ/バッハ: リコーダー・ソナタ集(HB)発売記念 ミニ・コンサート&サイン会

■場所
タワーレコード渋谷店7Fイベントスペース

 

■開催日時(集合時刻)
2019年12月5日(木曜日)
集合時間:特になし
集合場所:7Fイベントスペース
開演時間:19:00

 

■出演
ミカラ・ペトリ(リコーダー)

 

■配券種類
<特典券>(サイン会参加券)

 

■ミニ・コンサート入場方法
観覧フリー。 ※特典券をお持ちの方の優先入場、優先観覧エリアはございません。 ※イベントの観覧はフリーですが、規定の人数を超えた場合、入場規制をかける場合がございます。

 

■特典会参加方法
観覧自由。
・タワーレコード渋谷店にて、『バッハ: リコーダー・ソナタ集(HB)』(国内盤仕様NYCX10104か、輸入盤6220673)をご購入いただいたお客様に、先着でサイン会参加券を配布いたします。イベント当日、サイン会参加券をお持ちいただいた方はミニコンサート終了後に開催されるサイン会にご参加いただけます。サインは対象商品にいたしますので、忘れずにお持ちください。
・サイン会参加券1枚につき1名様がご参加いただけます。
・対象商品1点につき1枚のサイン会参加券、2点以上ご予約(ご購入)の場合はご予約(ご購入)枚数分お付けいたします。
・会場内の観覧スペースには限りがございますので、お客様が殺到した際には入場制限をかけさせていただく場合がございます。

 

■1会計でのご購入上限枚数
なし

 

■発売後の<サイン会参加券>確保
OK

 

■対象店舗
渋谷店

 

■対象商品:
・アーティスト名:ミカラ・ペトリ(リコーダー)
タイトル:『バッハ: リコーダー・ソナタ集(HB)』(SACD Hybrid)
・品番:国内盤仕様:NYCX10104、
・品番:輸入盤:6220673
・税込価格:NYCX10104→¥2.750
・税込価格:6220673→¥2,519

・対象商品のご予約はお電話とタワーレコードホームページ(http://tower.jp/)の店舗予約サービスでも承っております。
・サイン会参加券の配布は定員に達し次第終了いたします。終了後にご予約(ご購入)いただいてもお付けできません。
・サイン会参加券はいかなる場合も再発行はいたしません。
・小学生以上のお客様からサイン会参加券が必要でございます。また小学生未満のお客様がイベントにご参加をご希望の場合、付添いの方もサイン会参加券が必要でございます。
・サイン会参加券の譲渡・転売は禁止させていただきます。
・対象商品の返品・返金はお断りさせていただきます。不良品は良品との交換とさせていただきます。
・手荷物や貴重品はお客様ご自身で管理してください。ベビーカー・キャリーケースなどの大きいお荷物もお預かりいたしかねます。
・会場内への飲食物の持ち込みはご遠慮ください。
・イベント中はいかなる機材においても撮影・録音は禁止させていただきます。
・会場周辺での徹夜などの近隣住民・店舗のご迷惑となる行為は禁止させていただきます。
・他のお客様のご迷惑となる行為、また他のお客様に怪我をさせてしまう可能性のある危険な行為は禁止させていただきます。
・イベント当日は係員の指示に必ず従ってください。係員の指示に従っていただけない場合、イベントへのご参加をお断りすることがございます。また係員の指示に従わずに生じた事故に関しましては、弊店・主催者は一切責任を負いかねます。
・諸事情によりイベントの内容に変更が出る場合や、イベント自体が中止になる場合がございます。

イベントについてのお問合せ:タワーレコード渋谷店 03-3496-3661

バッハ: リコーダー・ソナタ集

ミカラ・ペトリ ヒレ・パール マハン・エスファハニ

【ペトリ、パール、エスファハニ、豪華メンバーによるバッハが登場!】ミカラ・ペトリによるバッハのフルート・ソナタ。キース・ジャレットとの1992年盤以来の再録音となります。今回は新世代のチェンバリストとして話題のマハン・エスファハニに加え、世界中のコンサートや録音に引っ張りだこで今や女王の風格すら感じさせるヴィオラ・ダ・ガンバ奏者、ヒレ・パールを迎えています。一癖も二癖もある3人が揃ったことで、親密なアンサンブルの中にふと緊張感が走る瞬間があり、これが非常に心地よい効果を生みました。リコーダーも前回はソプラノとアルトでしたが、今回はアルトとテナーを使用してより深い表現となり、ヴィオラ・ダ・ガンバとのバランスも絶妙。録音についてもコペンハーゲンの教会の素晴らしいアコースティックを拾い、実に美しく仕上がっています。主にバッハの後半生に書かれ、元々ひとまとまりのものではない6つのソナタですが、楽器選択の妙と移調の効果もあってか、全編統一感のあるアルバムになりました。 ナクソス・ジャパン ミカラ・ペトリによるバッハのフルート・ソナタ。キース・ジャレットとの1992年盤以来の再録音となります。今回は新世代のチェンバリストとして話題のマハン・エスファハニに加え、世界中のコンサートや録音に引っ張りだこで今や女王の風格すら感じさせるヴィオラ・ダ・ガンバ奏者、ヒレ・パールを迎えています。一癖も二癖もある3人が揃ったことで、親密なアンサンブルの中にふと緊張感が走る瞬間があり、これが非常に心地よい効果を生みました。リコーダーも前回はソプラノとアルトでしたが、今回はアルトとテナーを使用してより深い表現となり、ヴィオラ・ダ・ガンバとのバランスも絶妙。録音についてもコペンハーゲンの教会の素晴らしいアコースティックを拾い、実に美しく仕上がっています。 (C)RS