TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > カノ嘘聖地を拝んできた!

その他 (記事数 / 7)

カノ嘘聖地を拝んできた!

青木琴美さんの漫画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』が晴れて実写映画化!!!
し・か・も!漫画でも描いて頂いたタワレコ渋谷店が、映画にも登場している!
これは渋谷店スタッフが行かずして、誰が観にいく?!と、いうことで、早速行ってきました!

 

NOW1

『カノジョは嘘を愛しすぎてる』

監督:小泉徳宏
脚本:吉田智子
音楽プロデューサー:亀田誠治
出演:佐藤健(小笠原秋)
大原櫻子(小枝理子)
三浦翔平(坂口瞬)
窪田正孝(篠原心也)
水田航生(大野薫)
浅香航大(矢崎哲平)

 

監督は映画『タイヨウのうた』『FLOWERS フラワーズ』等を手掛けた小泉徳宏さん。出演は今をときめく若手俳優がズラリ。その中で、理子役の大原櫻子ちゃんは5,000人のオーディションから見事選ばれた期待の新人!

まず冒頭から、原作漫画のイメージ通り!めちゃくちゃカッコいい登場シーンに完成度の高さが伺えます。
そして驚くのが、全員役がどハマリ!漫画原作にありがちな「ちょっとイメージが~…」的なガッカリ感はありません。

そして、開始から10分~15分位?(体感)で、ついにタワレコ登場―!
ちょうどここら辺に秋と理子が!!

 

NOW2

感激です(涙

そして本編がどうだったかと言うと、亀田さんプロデュースということもあり、“歌”がとにかく劇中を盛り上げてくれます。心情にあまりにぴったりすぎる詩に思わず涙が…。理子役の大原櫻子ちゃんの歌声が刺さります。これはまさに『タイヨウのうた』で鮮烈なデビューを飾ったYUIさんを髣髴とさせますね。
涙をボロボロ流した後、エンドロールで顔を整えて、心を落ち着かせたら…。エンドロール後にまだワンシーンあった!そしてまた泣いた!!
それから、個人的にドラマ『Q10』や『とんび』でも見る事ができる佐藤健さんのモノローグ!大好きなんです。落ち着いた低めのトーンで、実際演技中に発せられるセリフとはまた違った魅力があります。このモノローグがカノ嘘でも多用されておりました。

 

映画が終わって客電が点いた後、周りを見回してみたら、殆どの方が涙を拭いていましたね。やるせない気持ちと切なさと心強さと…じゃなくて、優しさに胸がいっぱいになる感動作!

 

皆さんも観に行ったら、店頭で感想聞かせて下さいね!!

 

ライター / 岩渕由梨

【担当フロア】6F「TREASURE」
【担当ジャンル】映像
【得意ジャンル】邦画/国内ドラマ
【血液型】B
【出身地】神奈川
基本的に、国内ドラマの初回放送はほぼ全チェックしているドラマ好き!休みの日にお菓子食べながら一気に見てます。