TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > 過去と未来の音楽を繋ぐ“カセットテープ”という“超時空転移装置”!

その他 (記事数 / 7)

過去と未来の音楽を繋ぐ“カセットテープ”という“超時空転移装置”!

渋谷店スタッフが、個人的視点や思い入れ大いに“込み!”で選ぶ年間ベスト的選盤企画「タワレコ渋谷アワード」。店頭での試聴展開は大好評のうちに終了致しましたが、こちらのブログ編は継続中!コメントカードには収まりきらない熱い想いを各担当者が個人的感想と思い入れたっぷりに語ります!

 

第12回は、須藤朋寿が登場。その笑顔は渋谷店のなかでもピカイチと評判!老成した音楽的趣味で再発名盤から良質インディーズ盤、

ネクストブレイカーズまで、コアで大人な邦楽ファンのかゆいところに手が届くような作品を発掘、紹介し続ける彼がプッシュしていたこの一枚です。

 

 

 

SUDO

 

 

ayU tokiO
『NEW TELEPORTATION 2』

 

 

 ayU tokiO『NEW TELEPORTATION 2』

 

 

いきなりですが皆様、MDって覚えてらっしゃいますでしょうか?僕はバリバリのMD世代(25歳)なので小学校の時に初めて買ってもらったミニコンポがMD付きのもの(そして今だ現役!)でした。当時は所謂”青春パンク”ブーム最盛期!自分なりに編集して作ったMDを聴いたり、友人や好きな子にあげたりなんかしたものです。CDより小さなディスクが四角いケースに入っていたあの青春の音楽メディア。今やプレイヤー等の生産も終了し空前の灯火…あのフォルムや編集出来るシステムには幼いながらもドキドキしたんだけどな…あ!世代は僕らより上にはなりますがもう一つありましたね!四角い形をした音楽メディアが…

前置きが長くなりましたが僕が2013年、最も聴いた1枚…いや、”1枚”という表現は間違いですかね。最も聴いた作品はそんな”1本”のカセットテープでした!

皆様はayU tokiOという1人の若き天才をご存知でしょうか?the chef cooks meのギタリストとして、そして惜しまれつつ解散したMAHOΩというマジカル・ポップバンドのソングライターとして活動してきたイノツメアユによるソロユニット、それがayU tokiO。そんな彼のソロ作品は未だCDリリースはなく、カセットテープのみなのです。

実は当初取扱いがなかった当店も縁があって置かせていただけることになったのが10月頃のこと。名前はもちろん、ライブも見たことはあったのですが、恥ずかしながら作品はこの時に初めて聴きました。

シンフォニックな一曲目の「COMMITMENTS」から「あれ?これ、物凄い作品なんじゃないの?」なんていう期待と興奮が高まります。そして続く二曲目「MY ROOM」で早くもその期待は確信に変わるのです。

何処かブライアン・ウィルソンを彷彿とさせるような歌声、ストイックなまでに美しい旋律とあくまでキャッチーなメロディ、親しみやすさと奥深さが同居した6曲。ふと、「こいつは”一人フリッパーズ・ギター”だな」とも思ったり。

そして今のこのご時世にカセットテープというメディアを選んで作品をリリースする気概に一番やられました!ジャケも素晴らしいし、ダウンロードコードも付いているし。決してデジタルなものへのアンチテーゼではなく、あくまで自らの音楽作品の媒介としてのカセット。”レトロフューチャー”なんて言葉がありますが、懐かしさを携えた未来感がこの作品にはぎっしり詰まっていて、音楽のパッケージにもまだ可能性はあるんだな、なんて希望が持てたり。配信だけじゃ出会えない、素晴らしい音楽はまだまだあるんだな、としみじみ感じてしてしまいます。それぐらいカセットでリリースされた意図がしっくりくる作品です。

さてさて、カセットテープということで同内容のCD-Rを焼き、ひっそりと視聴機に入れ続けたこの作品、ひっそりと売れ続けて気付けば初回入荷分が完売。

更にはceroをはじめ、ミツメや森は生きているら東京インディーシーンの本格的なブレイクを受け

「これはイケるな、うん」

なんて勢いとバイヤーとしての勘の赴くままに流通先にある在庫を全て取り寄せ、大展開!

カセットテープで大きく展開するってのも近年稀に見る珍事のようで同僚たちからは好奇の目で見られましたが(笑)結果、多くのお客様に喜んでいただき、在庫がなくなってしまうなんてことも…(ちなみに先日やっと再入荷しまして、ミツメ『ささやき』とともに現在展開中!)

今後の動向が気になるアーティスト大本命、ayU tokiO。おかげさまで売れ続けていて同時に展開していた1stは既に完売。早耳リスナーから圧倒的な支持を得ています。

3月には青山・月見ル君想フにて吉田ヨウヘイgroupや失敗しない生き方、注目のROTH BART BARONらとのライブも決定!(このメンツ凄すぎ…)ネクストブレイクは必至!是非とも店頭で手にとってみてくださいね。

追伸:年明け早々、まだ音源化されていない日本語詞の名曲「恋する団地」のMVが完成したようですね!リリース予定もあるようで、今から本当に楽しみ!

 

ライター / 須藤朋寿

【担当フロア】 3F 「WONDER」
【担当ジャンル】 J-POP/J-INDIES
【得意ジャンル】 国内インディー/うたもの/和モノ
【血液型】 O型
【出身地】 青森県
13年は映画「風立ちぬ」を5回鑑賞、号泣。漫画「宮本から君へ」で自らを奮い立たせた。ジーパンはLevi'sよりLee派。甘党。