TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > Penguin Cafe『The Red Book』発売記念イベント! 3/22

タワレコ渋谷イベントレポート (記事数 / 183)

Penguin Cafe『The Red Book』発売記念イベント! 3/22

 

 

 

 

“ペンギン・カフェ・オーケストラ” ―そのユーモラスで愛らしくも圧倒的なオリジナリティが生み出す普遍のメロディで80年代に世界中で人気を博した異能音楽集団。

バンドの創始者にしてリーダーである伝説のひとサイモン・ジェフスから愛息アーサーへと受け継がれたその歴史は、さらに美しさに突出した”ペンギン・カフェ”として新たな航海へと漕ぎ出した。

 

 

 

 

【画像】① 

 

 
最新作『The Red Book』発売を記念した今回のインストアライブは、発表後から多くの方々にイベント開催を喜ぶ声を頂いており、当日会場となった7階のクラシックフロアのイベントスペースにも沢山のお客様が!!

 

 

 

 

【画像】② 

 

 

 

出演はリーダーでピアニストのアーサー・ジェフスと、ペンギン・カフェやアーサーの別プロジェクトsundogでも活動を共にするバイオリニストのオリ・ランフォードが登場。

 

 

 

 

【画像】③ 

 

 

 

まずは新作『The Red Book』よりNASAのオーケストラ(!?)との共演の為に書かれた「Solaris」。

続いて披露される「Aurora」と同様に≪ケプラー・プロジェクト≫という宇宙人との交信を目論むプロジェクトの一環で制作された楽曲として紹介されました。

 

 

 

 

Penguin Cafe “SOLARIS”

 

 

 

 

 

 

こうしたどこまで本気なのか図りかねる強烈なユーモアがペンギンカフェの魅力のひとつであり、新作の冒頭を彩るこの2曲の美しい楽曲が、ただ美しいだけではない超壮大なコンセプトを含んでいることも窺い知ることが出来た貴重な瞬間でした。

 

 

さらにもう一曲新作から、拍子の異なるピースを繋げ合わせた「And Yet…」が披露されたっぷりとしたピアノの音色がフロアを包み込みんでゆきます。

 

 

続いてペンギン・カフェ名義での記念すべきデビュー作である前作『A Matter Of Life…』より、快活な音色が楽しい 「Landau」!

この曲はなんと馬に乗っているイメージから作曲したという、もはや天才の息子もまた天才であり格の違いを存分に感じさせてくれるポップで楽しいひととき♪

 

 

さらに同作から「That Not That」を演奏。

この曲はピアノとバイオリンで書いた曲ということで今回のライブでの演奏がオリジナル・ヴァージョンというなんとも嬉しいお話まで飛び出しました。

 

 

 

 

【画像】④ 

 

 

 

素敵な時間はあっという間に過ぎてしまい演奏はもうラスト。

最後に演奏してくれたのはペンギンカフェオーケストラのベストにも収録される人気曲「Perpetuum Mobile」!!

私の上司はこの曲がPCOの中でも特に好きな曲ということですごく興奮していました。

お客さんの中にもPCO時代から好きな方たちも多くいらっしゃったのではないでしょうか。

CDではオーケストラによる演奏なのでピアノ&バイオリンのみで披露されるのはこちらも大変貴重!!

 

 
セットリストはこんな感じでした。

 
1.Solaris (from “The Red Book” M2)
2.Aurora (from “The Red Book” M1)
3.And Yet… (from “The Red Book” M8)
4.Landau (from “A Matter Of Life…” M2)
5.That Not That (from “A Matter Of Life… ” M1)
6.Perpetuum Mobile(from PCO”Signs Of Life” M9)

 

 

 

 

【画像】⑤

 

 

 

 

【画像】⑥

 

 

 

 

演奏終了後のサイン会も大盛況で、お店の展開場所にもサインをしてもらっちゃいました!

記念の一枚!

 

 

 

 

【画像】⑦ 

 

 

 

発売&イベントからは既にかなり時間が経ってしまいましたが『The Red Book』は未だロングセラーを続けています!

9月にはフルメンバーでの来日公演もあるので今回見逃した方は予習もかねて是非聴いてみて下さい!

 

 

 

 

プリント

  

 

Penguin Cafe/ザ・レッド・ブック [CD+DVD]

 

 VITO-120

 

 

 

来日公演の詳細はコチラ

http://plankton.co.jp/penguin/

 

 

 

 

最後にリハーサル時に撮らせて頂いたセットリスト?とピアノの画像でお別れです。

細かくは見えませんね、なにが書かれているのでしょうか?

大変気になります…

 

 

 

 

【画像】⑨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライター / 高野 直生

【担当フロア】6F 『TREASURE』
【担当ジャンル】NEW AGE/HEALING
【得意ジャンル】ノイズ
【血液型】O
【出身地】東京

関連スタッフブログ記事