TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > 磯部涼、九龍ジョー著『遊びつかれた朝に』発売記念イベント 5/10

タワレコ渋谷イベントレポート (記事数 / 183)

磯部涼、九龍ジョー著『遊びつかれた朝に』発売記念イベント 5/10

 

 

 

 

 

 
この二人がいる“現場”にハズレ無し?音楽やそれを取り巻く風俗を独自の視点と皮膚感覚で言葉を紡ぎ、アンダーグラウンド・カルチャーを真摯なまなざしで評してきた気鋭ライター、磯部涼さんと九龍ジョーさん。

 

 

二人がインディ・ミュージックを通じて現代社会を見つめ、語り合った話題の新刊『遊びつかれた朝に-10年代インディ・ミュージックをめぐる対話』の発売記念イベントが5月10日に3Fにて開催されました。

 

 

今回のイベントは当初、著者のお二人に加え、ゲストに『遊びつかれた朝に』の表紙の写真撮影を担当し、音楽関係を中心に様々な媒体で活躍する写真家であり、ラップグループ“嫁入りランド”の“みゆとと”としても話題の寺沢美遊さんと、書籍本編にも話題にあがり、6008曲入りのアルバムリリースやBEAMSからTシャツをリリースするなど、そのわけのわからないエネルギーと瞬発力で東京のアンダーグラウンド・シーンをぶち上げるバンド、“どついたるねん”をお迎えしてのトーク&サイン&特典お渡し会の予定でした。

 

 

当日私が会場に着くとなんとどついたるねんのメンバー方から「トークの前にライヴします」とのお達しが。

 

 

ライヴの予定は一切聞いておらず、かなり急ではありましたが面白そうなので勿論OKしました。

 

 

早速持ち込まれた機材でリハにうつるどついたるねん。

 

 

 

 

1

 

 

 

 

メンバーの山ちゃんがワキのにおいに関してラップしていました。(結局この曲はやらず)

リハもサクッと終わり、インストアライヴ開始。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

最初はメンバーのうがいさんが何かの罰ゲームとして一人で登場。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

4

 

 

 

 

縦横無尽に動きながらの熱い弾き語り。

 

何事かとお客様が徐々に集まり出します。

 

 

 

 

5

 

 

 

 

うがいさんのワンマンショーが終わり、どついたるねんメンバー全員の登場。

 

どこから持って来たのか、何故かベースマン木本さんは長い木の枝を持っています。

 

 

 

 

6

 

 

 

 

山ちゃんの「“ガチ”って曲やります」という言葉を合図にマッ◯カプ◯ルマーケッツなデジタルハードコアチューンが鳴り響き、ライヴスタート!

 

 

 

 

7

 

 

 

 

8

 

 

 

 

激しい!

 

 

 

 

10

 

 

 

 

わけのわからないエネルギーの放出にお客様がどんどん集まってきます。

 

 

 

 

12

 

 

 

 

12

 

 

 

 

フロアをフル活用するどついたるねん!

 

 

 

 

13

 

 

 

 

14

 

 

 

 

15

 

 

 

 

16

 

 

 

 

圧倒的なパフォーマンスで会場は一気にどついたるねんワールドに!

 

会場が暖まりまくったところで磯部涼さんと九龍ジョーさん、寺沢美遊さんが登場。

 

 

 

 

17

 

 

 

 

「音楽的才能あふれるどついたるねんにライヴしていただきました〜」と磯部さんが言うと「音楽的才能が全く無いって本に書いてたじゃねーか!(笑)」とどついたるねんのワトソンさんから早速ツッコミが。(笑)

 

なごやかなムードでトークショースタート。

 

 

 

 

18

 

 

 

 

どついたるねんについての話、本についての制作話、現在のシーンの話、音楽が鳴る“場所”の話、先日開催されたレコードストアデイの話なんかも出ていました。

 

レコードストアデイの話では、

どついたるねん山ちゃん「毎日がレコードストアデイみたいなものですから」

「レコードストアデイの日は何してたの?」の問いかけに、

どついたるねん山ちゃん「…移動ッスね」

 

 

 

 

19

 

 

 

 

嫁入りランドでラッパーとして活動も行う“みゆとと”こと寺沢美遊さんにはラップに関する問いかけが。

 

 

 

 

20

 

 

 

 

21

 

 

 

 

そのタイトル同様「遊びつかれた朝に」な土曜日昼下がりのなごやかなムードの中、貴重なお話が聞けました。

 

お話の内容もそうなのですが、正直「もっとたくさん聞いていたい!」と思えるようなその場の“イイ雰囲気”が出まくっており、著者のお二人がこれまでに体感し、言葉で表されていた「そこにいないとわからない」現場の空気感を味わえました。

 

トークショーとはいえ、ただ話の内容を聞くだけじゃない、その場の空気を吸うことの楽しさも感じ取る事が出来ました。

 

惜しまれつつもトークショーが終わり、最後にまたどついたるねんの皆さんがライヴをしてくれることに。

 

 

 

 

22

 

 

 

 

これまた罰ゲームとして誰がやるかでもめるどついたるねん。

 

 

 

 

23

 

 

 

 

じゃんけんで決めてました。

 

 

 

 

 24

 

 

 

 

結局負けたうがいさんが再びやることに。

 

 

 

 

25

 

 

 

 

最後まで全力でやってくれました。会場を盛り上げて下さったどついたるねんに大感謝!

 

ライヴが終わり、サイン&特典お渡し会へ。

 

 

 

 

26

 

 

 

 

こちらでも著者のお二人がお客様と楽しくお話をされながらサインをしていただきました。

最後は今日の出演者の皆さんとパチリ!

 

 

 

 

27

 

 

 

 

ライヴ、トーク、サイン、特典プレゼント、と濃厚な約一時間!

とても有意義な土曜日昼下がりのひとときでした。

また機会があれば是非もっとお話をお聞きしたい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に磯部涼さん、九龍ジョーさんにコメントをいただきました。

出演者の皆さん、お越し下さったお客様、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 51FbsjFRGTL__SL500_AA300_

 

 

 

 

磯部涼、九龍ジョー/遊びつかれた朝に 10年代インディ・ミュージックをめぐる対話

 

9784907276119

 

絶賛発売中!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライター / 沖真秀

【担当フロア】2F TOWER BOOKS 『RELAX』
【担当ジャンル】書籍/雑誌全般、洋書MUSIC, POP CULTURE, ART, DESIGN, FASHION, FILM, GRAPHIC NOVELS
【得意ジャンル】MUSIC, POP CULTURE, ART
【血液型】A
【出身地】奈良県
ヒザを骨折して3kgやせました。

関連スタッフブログ記事