TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > 【スペイン編】世界ふれあい街歩き

その他 (記事数 / 7)

【スペイン編】世界ふれあい街歩き

 

 

 

海外旅行好きが気になる旅番組のひとつが、

NHK『世界ふれあい街歩き』

http://www.nhk.or.jp/sekaimachi/

 

ディープな場所まで紹介してくれる、旅の情報番組です。

 

テーマ曲も耳に残りやすく、

「世界ふれあい街歩き」と、「プロフェッショナル 仕事の流儀」を収録したサントラ、

村井 秀清さんの「マージド・イメージ」CRSA-1005
は愛聴盤です。

 

 

 

①テーマ曲

 

 

 

そんな番組を再現したくて、

「地球の歩き方」片手に、大好きなスペインのマドリード旅をした時の事を記したいと思います。
http://www.arukikata.co.jp/guidebook/book/A20.html

 

 

 

②地球の歩き方

 

 

 

2007年に放送された、『世界ふれあい街歩き』スペイン・マドリードから。
http://www.nhk.or.jp/sekaimachi/detail/arukikata/070417.html

 

 

 

③1400116588

 

 

 

出発は「王宮」Palacio Realから。

http://www.patrimonionacional.es/
ブルボン王朝からやってきたフェリペ5世の命で建てられました。

 

 

 

④王宮

 

 

 

次は「ひじ通り」calle del codoを探します。
ガイドブックをにらめっこして予測済。(さすがにディープすぎて載っていません…)
市庁舎とサンミゲル市場の間くらい。

 

 

 

⑤ひじ通り

 

 

 

そしてそのまま通りを進むと、通りの終わりに修道女が営むお菓子屋さんがあります。
度胸がなくて、呼び鈴を鳴らしてドアを開けてもらうことは出来ませんでした。
(お菓子、食べてみたかった…)

 

 

 

⑥お菓子屋

 

 

 

最後の難関が、バリキージョbarquillo売り。
「バルキージョは元は王宮のデザートとして食べられていたお菓子。
それが庶民にも伝わったそう。」
店舗があるわけではないので、食べられるかどうかは運次第。

あ!いました!王宮でもマヨール広場でもなく、プエルタ・デル・ソルPuerta del Solに!
食べた感想は、アイスのコーンにチョコを付けたものを想像してください。
そんな感じです。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

最後に、スペインのPOPSをご紹介
●Oreja de van gogh/Dos Clasicos 

http://www.laorejadevangogh.com/
彼らの代表作、「Guapa」と「Lo Que Te Conte Mientras Te Hacias La Dormida」を2枚まとめてパックしたもの。
ボーカルがAmaia MonteroからLeire Martinezに交代しましたが、聴きやすい曲調は健在。

 

 

 

⑧ゴッホの耳

 

 

 

●Alejandro Sanz/La Musica No Se Toca

http://www.alejandrosanz.com/es_ES
今や、スペインPOP界の大御所。
甘い歌声と甘い楽曲にうっとり。

 

 

 

⑨アレハンドロ

 

 

 

●David Bisbal/Tu y Yo

http://www.davidbisbal.com/
スペイン版アメリカン・アイドルのような番組「Operacion Triunfo」からデビュー。
フラメンコをベースにした歌と踊りが見事。
郷ひろみさんの「Boom Boom Boom」のオリジナルを歌っています。

 

 

 

⑩ビスバル

 

 

 

人も温かくて、親切で、行けば行くほど好きになるスペイン。
情報はスペイン政府観光局から得られます。
http://www.spain.info/ja/

 

 

 

ライター / 佐藤奈々

【担当フロア】7F 『HOME』
【担当ジャンル】CLASSICAL
【出身地】東京都
年1回の海外旅行が楽しみです。