TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > 渋谷店店舗限定販売!横浜シンフォニエッタ自主制作レーベル「TOMATONE」

連載:渋谷店クラシック・コーナー「今月のオススメ」 (記事数 / 22)

渋谷店店舗限定販売!横浜シンフォニエッタ自主制作レーベル「TOMATONE」

 

 

 

指揮者山田和樹さんと鈴木優人さんが率いるオーケストラ・横浜シンフォニエッタの自主制作レーベル「TOMATONE(トマトーン)」。横浜シンフォニエッタ演奏会の会場やインターネットでしか入手できませんでしたが、タワーレコード渋谷店「限定」で店頭販売を開始しました!

 

 

 

IMG_20150114_201202

 

 

 

「トマトーン」とは横浜シンフォニエッタの前身のオーケストラで山田和樹さんと東京芸術大学の仲間が創った「TOMATOフィルハーモニー管弦楽団」の「TOMATO(トマト)」とドイツ語で音という意味の「TONE(トーン)」をくっつけたのが由来。そもそも何故トマトかといえば、山田さんが苦手な食べ物だったから、だそうです。

 

 

 

2014年11月発売の最新CDを含め4タイトルを紹介します。

 

 

 

1

Vol.1

カール・ライネッケ:フルート協奏曲

セルゲイ・プロコフィエフ:交響曲第1番「古典交響曲」 

フルート:白尾彰 指揮:山田和樹 オーケストラ:横浜シンフォニエッタ

(録音:2011811日フィリア・ホールにてライヴ収録)

 

古典交響曲は山田さんと横浜シンフォニエッタの名刺がわりのような得意曲。ユーモアとスピードに溢れ、各プレーヤーの丁々発止のやりとりも聴き所の快演です。

新日本フィル首席フルート奏者の白尾さんは知る人ぞ知る名手。フルート奏者が聴きたいフルート奏者。ロマンティックで深い音色が味わえます。

 

 

 

2

Vol.2

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:交響曲第35番 ニ長調 K.385「ハフナー」

ヨハネス・ブラームス:交響曲第4番 ホ短調作品98

エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト:バレエ=パントマイム「雪だるま」より

指揮:鈴木優人 オーケストラ:横浜シンフォニエッタ

(録音:2013112日フィリア・ホールにてライヴ収録)

 

鈴木優人さんによる漆黒のブラームス。指揮にオルガンにチェンバロに活躍する鈴木さんの音楽の幅広さを感じさせます。古楽器を意識させるかといえば、さにあらず。カラヤン、フルトヴェングラーなどを思わせる伝統的な解釈がかえって新鮮です。また、珍しいコルンゴルト作品を収録しているのも嬉しいです。

 

 

 

3
Vol.3

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」

指揮:山田和樹 オーケストラ:横浜シンフォニエッタ

(録音:2014211日熊本県立劇場コンサートホールにてライヴ収録)

 

横浜シンフォニエッタはそもそも芸大生がベートーヴェンの交響曲を全曲演奏することを目標に集まったオーケストラ。指揮者とオーケストラの15年近い演奏経験が生んだ熱気とアイデア満載の名演。激しい楽章も見事ですが、ここでは第2楽章のゆったりと歌われた音楽をおすすめします。また、随所に山田さんに気合の唸りが聴こえます。

 

 

 

4 

Vol.4

森山智宏:オーケストラのための「Spacy

フェリックス・メンデルスゾーン:交響曲第3番 イ短調作品56「スコットランド」

指揮:山田和樹 オーケストラ:横浜シンフォニエッタ

(録音:2014117日フィリアホールにてライヴ収録)

 

大河がゆったりと流れるような堂々たるテンポで、じっくり急がず歌いこみます。おすすめは第1楽章。メンデルスゾーンならではの美しい旋律の裏に隠された作品の構造を鮮明に耳に届けてくれます。

Spacy」は山田さんにより、オーケストラが1時間の練習でコンサートに臨める作品、という条件で委嘱されたものです。難しく、23度と演奏される機会が少ないのが現代音楽、というイメージに風穴を開けようとする意欲が結実しました。

 

 

当店では、各巻 1,388円+税 で販売中です。

 

 

商品の詳細はこちらもご覧ください。

http://www.yokohama-sinfonietta.com/#!cd-tomatone/cbuw

 

 

ベルリン・フィル、ロンドン交響楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団といったメジャーオーケストラも自主制作レーベルに取り組むようになりました。日本では、日本フィルが世界に先駆けるように自主制作CDを発売するなどの歴史があります。この「TOMATONE(トマトーン)」はアメリカのデザイナーによるシンプルなジャケット、日本語表記が一切ないこれもシンプルな装丁で、名刺代わりに自信の演奏を世界に届けようとしていると思います。

 

若いオーケストラの意欲に満ちた音楽を是非ご堪能くださいませ!

 

 

山田さんの日本での演奏会情報はこちら。

2/1(日)は神奈川県平塚にて、紹介したCDにも収録された「運命」を演奏します!

http://www.yokohama-sinfonietta.com/#!kazukiyamada-information/c20uu

 

 

 

ライター / 雨海秀和

【担当フロア】7F "HOME"
【担当ジャンル】 CLASSICAL
【血液型】A
【出身地】横浜

関連スタッフブログ記事