TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > 再び、見出された時…Sakuraphonレーベル紹介

その他 (記事数 / 7)

再び、見出された時…Sakuraphonレーベル紹介

御無沙汰いたしております「渋谷古杉塔」でございます。

 

 

「古ければ古いほど面白い」を合言葉に様々な昔日の録音を取り上げさせていただいておりますが、今回のテーマは「Sakuraphon」レーベル! 連載の第2回でご紹介いたしました復刻の鬼才、夏目久生さんの新たなる挑戦、改めて瞠目させられるそのお仕事をご案内したいと思います!

 

 

「Diw Classics」レーベルで数々の名復刻をものにしてきた夏目さんが新たなプロジェクトを立ち上げているらしいと言う噂が伝わってきたのが昨年終わり頃。早速サイトを拝見して思わずゴクリとなりました。

 

 

http://www.78rpm.net/index.html

(こちら夏目さんの公式サイト。「Sakuraphon」「Diw Classics」の情報やSoundCloud上の音源へのリンク、興味深いコラムなど盛りだくさんの内容!)

 

 

こんな時にCDショップの店員が思うことはただ一つ、「ああ、ウチでも扱わせていただきたい…!」。そうヤキモキしていましたところ熱望が天に通じたか、年が明けてタワーレコードでも販売させてもらえることとなった次第。いやー嬉しかったです! さてそのお取り扱い開始第1弾は…!

 

 

写真

「アニュエル・ブンダヴォエ:バッハ名演集」

http://tower.jp/item/3786890/

 

 

何と言うか、夏目さんのまったく妥協のない選択に脱帽せざるを得ません…。

古い録音の復刻は以前も今も多くの人、レーベルが手掛けてきておりますが、そんな中にも売れ筋みたいなものがありまして指揮者でしたらフルトヴェングラーですとか、世評確固たるものがあり多くの方に昔から愛好されてきた大芸術家の貴重盤復刻などは売れること間違いなしなのです。

その一方で、とにかく珍しい人の珍しい録音を掘り出してきてその希少性を競う世界もあり、こちらはコレクター的な喜びに満ちた世界と言えましょうか。

もちろんどちらも正しい古い録音の楽しみ方。人それぞれ味わい方も違うと言うもの。しかし夏目さんのお仕事を見ていつも感じるのはメジャー、マイナー関係なしに本当にご自身の好きなものを扱ってらっしゃるんだなぁという感慨なのです。

 

 

アニュエル・ブンダヴォエ。実はピアノ演奏マニアにはけしてマイナーな存在ではありません。伝説的な光輝に包まれた存在と言っても良いでしょう…

1922年生まれ。年少にしてパリ音楽院入学、大教師ラザール・レヴィのもとで研鑽を積んだ彼女のデビューは第2次大戦後、しかしすぐに健康を害してしまい活動範囲は縮小。教師としての活動に軸足を移しコンサートの世界からは遠ざかってしまったのでした…。

そんな彼女の最も華やかに輝いていた時を刻んだ名盤がフランス「デュクレテ・トムソン」のバッハ名演集。前半はブゾーニ編曲の2曲でことに「シャコンヌ」は絶品中の絶品。おそろしくスケールの大きな演奏、慄然とさせられる音のドラマ。ブンダヴォエの技巧も冴えに冴えており情熱迸る局面の迫力は凄まじいものがあります。後半のトッカータとフーガは一転してフランスのピアニストらしいタッチの美しさが前面に出た知性的とも言える素晴らしいもの。この両面性にはつくづく唸らされます…!

 

 

この貴重なディスクを用いた夏目さんの復刻も見事。アナログ盤の良さを忠実に再現するとは復刻盤界隈では良く言われる言葉ではありますが、このCDを聴くにつけ改めてその言葉が何を、どんな仕事を指し示すためのものなのか知る気がいたしました…! 音楽、演奏家、そして音盤と音を大事に大事にされているのが本当によくわかります…。

 

 

さてさて、長く説明いたしましたが「Sakuraphon」のディスクはこれだけではありません。今後も続々登場、そのごく一部をご紹介すれば…

 

 

78001a

 

 

11081295_872265629518581_3886660365348650183_n

 

 

うおー!! Diw Classicsの「ショパン演奏の秘かな愉しみ」は予告編だったということか! マリー・パンテとヴィクトール・ジルが丸々ディスク1枚分楽しめるとは…何たる驚き、喜び!

 

 

そしてさらに…

 

 

http://towershibuya.jp/2015/04/18/37560

 イベント開催決定!!

 

 

2015年4月18日(土)。タワーレコード渋谷店7Fクラシック・フロアにて午後5時スタート、夏目さんをお招きしてのトークショーです!

「Sakuraphon」のディスクをご紹介しつつ音楽、演奏、制作のあれこれ中心に楽しくディープなお話を聞かせていただければと思います!

観覧自由! こちらをご覧のみなさま、ご参加お待ち申し上げております!

 

 

ライター / 伊藤圭吾

【担当フロア】 7F 「HOME」
【担当ジャンル】 クラシック
【出身地】 静岡県
【血液型】 AB型
ブンダヴォエのDECCA録音、ウチから出せないかな~