TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > 殺人犯の恋人と刑事の恋  映画『無頼漢 渇いた罪』を観て

連載:渋谷シネマ部通信 (記事数 / 24)

殺人犯の恋人と刑事の恋  映画『無頼漢 渇いた罪』を観て

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無頼漢●メイン3844

 

 

 

『無頼漢 渇いた罪』を一足先に鑑賞させていただきました。
 
 
まさに韓国映画!!
重厚なハードボイルドメロドラマ。
 
だからと言ってハードボイルドが強すぎず、恋愛ドラマになっているので普段、韓国映画を観ない女性にも観てもらいたい映画でした。
 
 
監督は「8月のクリスマス」の脚本家で14年ぶりにメガホンを取ったオ・スンウク。
久しぶりの監督で気合い充分なのが画に力がみなぎっています!
 
 
まずキム・ナムギルが登場するシーン。
ただ歩いているだけなのに引き込まれてしまいます。
 
チョン・ドヨンは何度か違う映画で観ていたのですが、本当に魅力的な女優さんです。
あまりにリアルな演技で、役ではなく本当にそういう人じゃないかと思ってしまうくらいでした。
 
 
愛してはいけない人を愛してしまったがゆえの葛藤があり、結末は賛否両論あるかもしれないですが最後までインパクトがある作品でした。
 
特に終盤のキム・ナムギルのアクションシーンはかなり見応えがあり、映画館で観るべきです。
 
 
 
最後に無頼漢とは‘組織に属さない一匹狼’と言う意味らしいですが、まさに無頼漢な映画でした。
 
 
 
 
 
『無頼漢 渇いた罪』
監督・脚本:オ・スンウク
出演:チョン・ドヨン
   キム・ナムギル
   クァク・ドウォン
 
 
2015年10月3日(土)ロードショー
 
 
 

 

 

 

映画『無頼漢 渇いた罪』公式サイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
ライター / 吉村宗一郎

【担当フロア】8F
【担当ジャンル】 8F 内務
【得意ジャンル】青春映画&SF映画
【血液型】B型
【出身地】福岡県
【その他】スター・ウォーズが楽しみです!

関連スタッフブログ記事