TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > 【渋谷店リニューアル3周年記念】生誕100年、マリオ・デル・モナコ3タイトル発売!

連載:渋谷店クラシック・コーナー「今月のオススメ」 (記事数 / 22)

【渋谷店リニューアル3周年記念】生誕100年、マリオ・デル・モナコ3タイトル発売!

 

 

 

おかげさまで渋谷店は、2015年11月にリニューアル・オープンから3周年を迎えました。

 

クラシックではこれにあわせて、渋谷店ならではのセレクトでタワレコ限定盤をリリース!

 

 

 

 

08_1100_01

UNIVERSAL×TOWER RECORDS

VINTAGE COLLECTION +plus

特別編~渋谷店リニューアル3周年記念

 

 

 

 

中でも好評なのが、デル・モナコ(ジャケット写真、上段右から3枚)。

 

渋谷店のお客様は、オペラを楽しむお客様が多いです。そこで選ばれたのが、今年生誕100年を迎えた名テノール歌手マリオ・デル・モナコによる

 

「オ・ソレ・ミオ/ビー・マイ・ラヴ~デル・モナコ・ソング・アルバム」

 

「テノ-ル・アリア名曲集」

 

「レオンカヴァッロ:歌劇《道化師》全曲(モノ&ステレオ2種)+トニオのアリア<特別収録>」

 

の3タイトル。

 

オペラコーナーを担当して約10年、ご年配のお客様とお話すると、異口同音に1960年代、日本で行われたイタリア歌劇団公演でデル・モナコをナマで聴いた思い出話をして下さいます。いかに凄かったか、感動したか。その話を聞くにつけ、日本のクラシック、オペラの受容における、デル・モナコの存在は指揮者カラヤンに匹敵し、販売員の私はまだその遺産で商売できている、という思いを強くします。

 

デル・モナコの歌声は、当時のデッカ・レーベルの現在でも充分通用するクリアで生々しい音質で多数残されました。「黄金のトランペット」と表現された歌声ですが、ご本人は西洋の教会の「鐘」のような響きを目指していたそうです。そして、オペラでも民謡でもミュージカルナンバーでも、命を懸けて真剣に歌い尽くしているのがひしひしと伝わります。

 

私が全部聴いてのお薦めは、ソング・アルバムから「五月の一夜」、「オー・ソレ・ミオ」、「帰れ、ソレントへ」、「トゥナイト」。

 

テノール・アリア名曲集から、「泣くなリュー」、「冬の寒さは過ぎ去り」、「遥かな国へ」です。どれもデル・モナコが気持ちよく、全霊を込めて歌っています。「五月の一夜」や「冬の寒さは過ぎ去り」は店内で流すと必ずお問い合わせを頂戴します!

 

加えて、オペラ愛好家でテノール歌手の紹介で有名なフランコ酒井さんによるライナーノートも是非ご一読下さいませ。

 

デル・モナコを体験できた方も、私のように遅れて生まれてきた未体験の方にも是非聴いて頂きたいオペラの歴史の1ページです。

 

 

 

IMG_0451

ライター / 雨海秀和

【担当フロア】7F "HOME"
【担当ジャンル】 CLASSICAL
【血液型】A
【出身地】神奈川県

関連スタッフブログ記事