TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > TOWER RECORDS SHIBUYA × 下北沢ERA 『CIRCLE Vol.3』ライブレポート!! 11/8

タワレコ渋谷イベントレポート (記事数 / 183)

TOWER RECORDS SHIBUYA × 下北沢ERA 『CIRCLE Vol.3』ライブレポート!! 11/8

 

 

11月8日(日) 

TOWER RECORDS SHIBUYA × Shimokitazawa ERA

「 CIRCLE Vol.3 」

at 下北沢ERA 

 

 

2月、6月と様々なアーティストの協力の下、着実に一大イベントとして積み重ねてきた、インディーズショーケースイベント「CIRCLE」。

11月8日に第三回を迎え、6組のアーティストによる最高にアツい!!ライブパフォーマンスが繰り広げられました・・・!!

今回も沢山のお客様にお越し頂きイベントは大盛況!

そんな当日のライブの模様をレポートさせていただきましたー!!

 

 

 

 

 

 susquatch

 

 

susquatch9

 

 

 

まず「CIRCLE Vol.3」記念すべき一発目はsusquatch(サスカッチ)!!

 

ドラムのマキさん脱退により活動休止をしていたsusquatchが今年9月に新サポートメンバー、オカベマサヒロさん(ex.wooderd chiari)を迎え再始動!

 

既に最前から後ろまでいっぱいのお客さんで熱気ムンムンの中メンバー登場!

 

 

 

 

susquatch1

 

 

 

 

Vo.押切さんの美しく透き通る、そして時折荒げるように魅せる熱く魂のこもった独特な歌声に引き込まれる、この威力は凄まじいたるや…

 

パニャ語バンザイ!!

(※パニャ語とはsusquatchの一部の初期の曲に歌詞が付けられていなく、デタラメな英単語で歌われている部分のことです!笑 もちろんちゃんと歌詞のある曲もあります。笑)

 

 

そう!あれは英詞ではなく、デタラメ英語だったのです!!笑

そんなことも感じさせないところも素晴らしいですよね、だってみんな大合唱ですもの笑

 

 

 

 

susquatch5

 

susquatch2

 

 

 

 

変調なリズムのなかで、一音一音がいちいちツボを押してくる感じがたまらないし、そこがサスカッチの魅力の一つ!

改めてそう感じさせてくれました…!

 

 

 

 

susquatch3

 

susquatch4

 

 

 

 

途中MCではライブのときとは変わってゆる〜い雰囲気が醸し出されていて、会場を和やかにさせる場面も。笑

CIRCLEコラボグッズのウォーターボトルもしっかりステージドリンクとして使っていただいておりました…!

感無量です!ありがとうございます!!!

 

 

そして最後はこれは涙もんのまさかの”Ghost”…!!

最初の歌い始めからゾワゾワっと鳥肌が立ち、曲の展開も速いながら本当にメロディーが綺麗で、心にキマス。

この曲を好きと挙げるファンの方も多いのではないでしょうか…わたしも大好きです。涙

 

 

 

新曲も披露するなど、今後の新たな活動に向けてとてもワクワクさせてくれるライブでした!

susquatchありがとう!!!

 

 

 

 

susquatch6

  

 

 

 

 

 

 

I have a hurt

 

ihave1

 

 

 

 

susquatchの煌びやかな空気をガラッと変えるように続いて登場したのは、I have a hurt

初見の方がほとんどだったかもしれない・・・

それもそのはず、まだ正式な単独音源は世に出ていないのです。

そんな中多くの人々に見守られながら始まった彼らのライブ。

 

 

 

 ihave2

ihave4

 

 

 

 

研ぎ澄まされた沈黙を打ち破るかのように鳴り響く轟音、時に切なく悲しくも聞こえる旋律。

まさに、圧倒圧倒圧倒。

音のキレっぷりがずば抜けて良い。

ビシビシと体中に伝わってきました・・・。

 

 

会場のお客さんも彼らのステージに釘付け状態。

でもやっぱり乗ってくると頭を振りたくなる。

 

 

一言で表してしまえば、エモやオルタナ、叙情的ハードコアに精通した音楽とも言えるのかもしれない。

でもそんな言葉だけで片付けられる程度のものじゃないと、誰しもがそう思わざるを得ない圧巻のライブパフォーマンス。

ihave3

ihave5

 

 

 

 

アイハブが奏でるサウンドは優しくもあり厳しくもあり、音にまみれ包まれていく、その心地良さ。

かと思えば底まで堕ちていくような絶望すら感じられる、相反する感覚を聞き手に持たせるパワーは侮れません。

 

 

そしてVo.蜷川さんの歌い叫ぶ声や詩がまたこれ最高にスカッとするんです!

 

 

最後に披露された”anone”。

メロディーが美しいのはもちろん、本当にカッコいい曲だと改めて思わせてくれました。

メンバーが拳を振り上げ叫ぶ様子や全身から滲み出ているグルーヴ感。

一人一人が全身全霊で音に気持ちをぶつけているからこそ出るこの見応えあるライブ。

素直に全て伝わってくるから、最高にかっこいいと思うしか無いんです。

そんな感情を会場にいた皆さんにも味わって頂けたのではないだろうか。

 

 

 

アイハブにしか出せない世界観が、ここERAの会場全体をあっという間に包んでいくライブ。

そんな様を観て感じて受け取れるパフォーマンスでした。

 

 

 

 ihave6

 

 

 

 

完全に爪痕を残した、I have a hurt

2016年、きっと彼らにとって大きな飛躍の年になるであろうこれからの活動に期待大です!!

気になっている皆さんも要チェック!

 

 

 

<SETLIST>

1. 孤独の拡散

2. hello darkness

3. incomplete

4. blue

5. anone

 

 

 

 

 

 

 

雨のパレード

 

 

 

20151108_03_04

 

 

 

雨のパレードです。

白と黒の衣装を身にまとい登場です。

モダンで スタイリッシュなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

今回の「CIRCLE」の出演アーティストの中では特に空間を意識した、張り詰めた緊張感をあたえてくれるアーティストではないでしょうか。

美しい音色ともいえるような、柔らかくしなやかなメロディに、同じく柔らかくしなやかなボーカルの歌声が重なります。

 

 

 

20151108_03_08

 

 

 

1曲目2曲目と演奏するうちにすっかり彼らの世界へ引き込まれてしまう。

目が離せない、見逃したてはいけないと思ってしまう そんなスタートでした。

 

 

 

20151108_03_07

 

 

 

MCでは、会場であるERAと雨のパレードとのはじまりなど話してくれました。

そして今回のイベントへの感謝の気持ちをつたえてくれました。

感じた人もいたかもしれませんが、音楽とは対照的なMCではないでしょうか。

人間味があっておもしろくて優しさをとても感じます。

かれらの人柄が伝わって、そんなところが大好きです。

 

 

 

20151108_03_06

 

 

 

MCあけの3曲目は「new place」

アルバムのタイトルにもなっている曲です。

何度も何度もイヤホンから聴いた曲ですが、やはりライブは圧巻です。

 サビにはいるところ、ふわーーーとひろがる感じがすごくグッときます。

雨のパレードの大きなスケールを感じられて、期待でわくわくします。

 魅力あふれるステージでとても幸せでした。

 

 

20151108_03_05

 

 

 

MCで12/20開催の告知の宣伝を。

お邪魔させて頂きましたが、素晴らしいイベントでした。

彼ららしさの詰まった、力強くて優しくて、いろんな意味でたくさんの人とのつながりを感じさせてくれて、素晴らしい1日をつくりあげてくれました。

 

そして

2016年 春 ビクタースピードスターレコーズより メジャーデビュー

2016年1月27日(水)初のシングル「Tokyo」リリース

ワンマンライブ開催

の報告がありました。素晴らしいです。

これからもずっと応援し続けます。

 

 

ラストは「YES」

一緒に歌いました。ライブハウスであることを忘れてしまうような曲。

繊細で伸びやかな雨のパレードにしか完成することが出来ないような曲。

会場にいた人全員を安心させてくれました。

30分間満足感でいっぱいになりました。

 

 

 

20151108_03_01

 

 

雨のパレード。本当に本当に素敵なバンドです。

出演してくれてほんとうにありがとう!

 

 

<SETLIST>

1.タイトル未定

2.encore

3.nwe place

4.東京

5.YES

 

 

 

 

PENs+

 

 

 

PENs+の登場です。

いつもCIRCLEのデザインを担当してくれています。

やっと出演してもらうことが出来ました。

カッコイイインディーズバンドがたくさんいることをもっとたくさんの人にしってほしいと思い始めたイベント。

CIRCLEをやろうと思ったきっかけでもあるバンドです。

 

 

 

 20151108_04_01

 

 

 

軽快なリズムから始まる「SEARCH」から、PENs+のステージがスタートしました。

POPでエモい、いるようでいない。

編拍子だけどわかりやすくて口ずさんでしまう。

フレッシュですがすがしくてとても心地のよい曲です。

 

 

 

20151108_04_04

 

 

シャウトの入ったハードコアも感じさせる曲もあり、気迫を感じる演奏がとてもよかったです。

対バンのバンドも大好きということが、MCでも伝わってきました。

ここで宣伝してくれましたが、ボーカルの新井凌くんがのデザインでCIRCLE×タワレコ渋谷のコラボグッズ、販売してます!

毎回、イベントに合った可愛くて心のこもったデザインをしてくれます。

今回のデザインも最高です。そしてグッズもできました。

 

 

20151108_04_03

 

 

 

「旅に出たい、と言って」は2年前のミニアルバムのリード曲。

キャッチーでエネルギッシュです。

それに続き「YELLOW」。少し大人びた、元気をもらえる曲です。

リードギターのフレーズを聴いてると歌ものってことを忘れてしまいます。

でもどこか懐かしい気持ちにしてくれる歌を歌うバンドです。そこの感じながらライブを楽しんでほしいです。

 

 

 

 

20151108_04_02

 

 

 

MCでもありましたが、12/2 2nd mini album「OUR days.」 発売中です。

この日に演奏した曲はほとんど入っています。

何度も何度も繰り返し聴いてしまう1枚です。

 

 

 

20151108_04_05

 

 

 

最後は「nagisa」という曲。

ミドルテンポで、いつもの速い曲とは少し違った曲です。

考えて考えて生まれた大切な1曲だとパフォーマンスで伝えてくれました。

不器用ながらも全力で演奏してくれました。素晴らしかったです。

PENs+のこれからがとても楽しみです。

 

 

 

20151108_04_11

 

 

 

<SETLIST>

1.SEARCH

2.サンライズ

3.旅に出たい、と言って

4.DaylightDaydream

5.YELLOW

6.nagisa

 

 

 

 

 

 

blue friend 

 

bf1

 

 

 

イベントもいよいよ最終章へと突入のなか、続いて登場したのは、今回の出演者の中でパンクや激情ハードコアに最も近い音楽性を持った、blue friend。

「CIRCLE Vol.1」にも出演してくださったakutagawaのギター、渡部さんが在籍するバンドです。

 

リハから邪悪な音がガンガンに鳴り響いててもう既にテンションマックスでした。笑

 

 

 

 

bf2

 

 

 

 

1曲目は”Midikai”からスタート!!

イントロの儚く切ないギターのアルペジオに乗せる叫びの部分でもうわなわなする感じが抑えられない初期衝動感。。。

最後のブラストビートでぐちゃぐちゃになるのがたまらない!!

ライブの幕開けにふさわしい、気持ち良いくらいにスピーディーな1曲。

 

 

1曲1曲が比較的短い曲がほとんどでありながら、そこに詰め込まれたハイセンスでハイクオリティな曲構成。

そしてギターのメロディーがどれもエモーショナル。

 

 

 

 

bf5

 

 

bf4

 

 

 

 

“Kowai”でのゴリゴリに歪みに歪みまくったベース音がけたたましく響き渡る。

たまらなくカッコいい・・・

 

 

その後、kmkmsとのスプリット作品から4曲を立て続けに披露。

 

 

その中でも”Sea”は個人的にもお気に入りなのですが、曲調はミドルテンポをベースとしながらリズム展開が巧妙で、ニュースクールHC感溢れるサウンド。

まさにこの約2分半という短い中でうまく静と動を兼ね合わせた、よく作り込まれた楽曲で、しかしそれでいてしっかりノっていける、格好良さも崩さない。

そんなブルフレのセンスが詰まった最高にかっこいい曲で、やはりライブでもその色が褪せずに表現されていました。

ライブで観るたびに好きになっていく、そんな気がします・・・!

 

 

 

 

bf3

 

 

 

 

イントロのギターのリフが印象的な”Dasai”は、曲名”ダサイ”なのにダサくない・・・かっこ良すぎる。笑

入りのじわじわと高まっていく感じ、ズルいです・・・そしてそのまま一気に感情を爆発させるビート!

客席のフロントもボルテージが上がる程の、ブルフレの代表曲ともいえよう1曲です!

 

 

そしてラストは”Saisho”!

全てを蹴散らかすようなキメが素晴らしい。

曲後半の盛り上がりの部分では音が魂が、共鳴し合っていく。

 

bf6

 

 

 

 

信念を持って自らの音楽を突き通す、全くブレの無い彼らの音がそこにありました。

そんなblue friendは12/27のライブを最後に年内で活動休止。

とても惜しいですが、またいつかきっとやってくれるのではないか、と心の奥でそう願っています。

 

素晴らしく最高な時間をありがとう!!!

 

 

 

<SETLIST>

1.Midikai
2.Neri
3.Kowai
4.Walk
5.Light
6.Sea
7.Life!
8.Dasai
9.Saisho

 

 

 

 

 

 

CARD

 

 

 20151108_06_04

 

 

トリはCARDです!!

 
まさかCARDが出演してくれるなんて…
 
今回のCIRCLEが最高に完璧な1日になったのも、CARDの出演がとても大きいと感じています。
 
実力もあり、素晴らしい音楽を届け続けてくれるバンドです。

 

 

 

20151108_06_09

 

 

 

2015年2月に発売されたアルバム”Lucky Me”より「ground」
 
今のCARDの音楽がわかる1曲です。
 
こんなにキラキラしたPOPありオルタナティブであり、重みのある曲、正直聞いたことないです。
メロディも楽器の音も中野さんの歌声も改めて大好きだと感じました。
 
CARDの音楽がたくさんの人に届くようにと願いながら聴いていました。

 

 

 

20151108_06_07

 

 

「CIRCLE」の1週間前に開催された、FEVERでのレコ発にお邪魔させていただき、彼らのライブをみたとき、優しい気持になりとても心地よくなりました。
貫禄と落ち着いたパフォーマスに、うっとりするサウンドに、そこにいた全てのお客さんに安心感が満ち溢れていました。
 
 
 
 
説明するの難しいのですが、そんな音楽を鳴らしてくれるんです!
「CIRCLE」でもかわらずで、それがとても嬉しかったです。

 

 

20151108_06_05

 

 

「yank」はテンポの良いリズムで思わず体が動きます。
レトロ感もあり、それでもやっぱりキラキラしてて、どんどん引き込まれていく曲です。
弾むようなサウンドで気持ちが浮かれます。

 

 

少し昔の曲も披露してくれました。
よくバンドに対して昔の曲のが良かったとか耳にすることがありますが、変わっていくことは悪くないと思わせてくれます。
少しハードめな曲を演奏することでライブにメリハリが付いて、ますます好きになりました!

 

 

 

20151108_06_03

 

 

 

30分という短い時間でしたが、最高の空間を作ってくれました。
 
 
 
熱い拍手に応えアンコールで再び登場。
最後まで素晴らしくて1曲1曲にとても満足感がありました。。
 
 
 
最高の締めくくりです。
 
 

 

 

20151108_06_01 

 

 

20151108_06_10

 

 

 

 

 

 

 

live photo:石川知世

 

 

 

 

 

 

 

かっこいいインディーズバンドがたくさんいて、最高のパフォーマンスをしてくれるおかげで、「CIRCLE」はVol.3を無事に開催することができました。

今まで出演してくれたバンド、そしてVol.3に出演してくれたバンドに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

 

 

最後にイベント終了後、出演者の皆さんで集合写真!!

今回のイベントから発売されたCIRCLEグッズも一緒に持って頂きました!!

syugou

 

 

 

 

 

ご出演いただきましたアーティストのみなさま、並びにお越し頂いた沢山のお客さま、本当にありがとうございました!!!!

またここ下北沢ERAでお会いしましょう!!

 

 

 

オフィシャルグッズ好評発売中!! ※数量限定!!!

 

 

Tシャツ (S M Lサイズ) ¥2500

1

 

 

ウォーターボトル ¥1200

2

 

 

 

デザインはPENs+の新井凌くんです!是非ゲットしてください!!!

 

 

 

 

 

ライター / 谷口恵美加  小原彩

関連スタッフブログ記事