TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > まさかの涙!!映画『あやしい彼女』

連載:渋谷シネマ部通信 (記事数 / 24)

まさかの涙!!映画『あやしい彼女』
  • 2016年04月25日

 

 

 

 

 

 

354392_01_01_02

 

 

完全にコメディと思って100笑う気で観に行ったら!!

まさかの涙!!!

多部未華子ちゃんが可愛い過ぎるッ!
昭和歌謡が心に沁みるーッ!!


帰り道、思わず劇中歌を口ずさみながらスキップしそうになりました♪
もうすっかり多部未華子ちゃんのファンです!!


73
歳のおばあちゃんが突然20歳になってしまう、驚異の年齢詐称エンターテインメント!
監督は『謝罪の王様』の水田伸生監督。
2014
年に公開された韓国映画『怪しい彼女』のリメイク。
韓国版は気になりつつも劇場公開を逃してしまい、まだ観てないままに本作を鑑賞しました。


主演は多部未華子ちゃん!

『ピースオブケイク』で見せた等身大の女性像も素敵でしたね。今作ではバイタリティ溢れる中身は73歳、見た目は20歳を見事に演じ切り、めちゃめちゃチャーミングでした!

しかも歌がとっても上手い!!
透き通った綺麗な声が、昭和の歌謡曲を素敵に引き立て、そっと優しく心に沁み渡りました。特に「悲しくてやりきれない」とググッと引き込まれ、ジーンとしました。本当にこのまま歌手デビューしてもらいたいくらいです!これはぜひ劇場で観て聴いて頂きたい!


前半は笑いたっぷりでテンポ良く進みますが、中盤から家族愛や人々の温かさにホロリとさせられます。
節子の、豊富な人生経験がにじむ、相手の気持ちを汲み取った思いやりある言葉に、思わず涙がボロボロとこぼれました。

私もそういう大人でありたい。
映画やドラマは様々な人生を教えてくれますが、実際にいろんな思いを味わい、自分の腹に落としてこそ身に付くものと思います。だから、嬉しい事はもちろん、悲しい事も全部、逃げずに全身で受け止め、私の一部にしていきたい。そうして私も、少しでも素敵な大人だなぁと年下の方々に思ってもらえるようになりたい。相手の気持ちに寄り添える人でありたい。
そんな事を考えながら観ていました。

切なさを含んだラストシーン。
なんとも茶目っ気たっぷりに気持ち良いエンディングです。意外なあの人の登場に、思わずフフッと笑ってしまいました!

ローマの休日のオマージュもあり、多部未華子ちゃんのコメディエンヌぶりもとっても魅力的で、もちろん倍賞美津子さんが演じるパワフルでちょっとお節介なおばあちゃんも最高にカッコ良い!!
まさに、笑って泣けて、元気がもらえる映画です!

これはもう一回観たい!

本当に、あんな素敵な写真館があったら、ちょっと行ってみたいですね()

 

 

映画『あやしい彼女』

監督:水田伸生

出演:多部未華子

      倍賞美津子

    要潤

     北村匠海

     金井克子

     志賀廣太郎

 

 

 

 

映画『あやしい彼女』公式サイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライター / 庄司美奈

【担当フロア】4F
【担当ジャンル】 サウンドトラック
【得意ジャンル】ヒューマンドラマ
【血液型】A型
【出身地】山形県
・その他 ジョン・カーニー監督の最新作『シング・ストリート(原題)』の公開が楽しみです♪

関連スタッフブログ記事