TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > TOWER RECORDS SHIBUYA × 下北沢ERA 『CIRCLE Vol.4』ライブレポート!! 3/21

タワレコ渋谷イベントレポート (記事数 / 181)

TOWER RECORDS SHIBUYA × 下北沢ERA 『CIRCLE Vol.4』ライブレポート!! 3/21

3月21日(月) 

TOWER RECORDS SHIBUYA × Shimokitazawa ERA

「 CIRCLE Vol.4 」

at 下北沢ERA 

 

 

今回でなんと4度目の開催となるインディーズショーケースイベント「CIRCLE」。

3月21日に開催された今回のイベントには、ジャンルは様々ですが、最高の7組が出演してくれました!!

じつにHAPPYな1日でした♡

そんな当日のライブの模様をレポートさせていただきましたー!!

 

 

 

said

 

20160321_01_04

 

宇都宮から、若き大注目バンドsaidの登場です!!

しょっぱなからイベントを盛り上げてくれること間違いなしの彼らの登場に期待でワクワクします!!!

 

20160321_01_07

 

1曲目は穏やかなメロディからスタートしました。”cut”を披露です。

スローテンポからアップテンポへ。会場のテンションを上へ上へ持って行ってくれます。

 

20160321_01_08

 

3曲目は彼らのようにフレッシュで力強い曲”drew”!!

魂こもった叫びのような歌声がスカッとします!saidの今後を感じさせる大きく広々とした曲、そして演奏でした!

 

20160321_01_13

 

MCでは、宇都宮にはタワレコがなく新鮮なイベントだといってくれました。

このイベント前にメンバーにお会いした時に、出たいと思っていてすごく楽しみだと言ってくれました。

そう思ってくれるバンドが出演してくれることが心の底から嬉しかったです。

 

20160321_01_11

 

4曲目は”for get me not”。

大人びた渋さと生き生きとした若さが絶妙にからみあったオルタナティブのサウンド。ズシズシと響くベースの音がかっこいい。前のめりで演奏を聴くお客さんの姿が印象的でした。

 

 

20160321_01_12

 

ラストはsceneです。saidのこのギターフレーズすごく好きです。軽快でリズミカルでエモい絶妙な編拍子!

小刻みにギターが響き目が離せない演奏を披露してくれました。

演奏を必死に観ていても、歌いだせばそちらにも引き込まれる。必死に何かを伝えようと歌う姿が本当にかっこよかったです。

 

 

<SET LIST>

cut

Moratorium

draw

for get me not

scene

 

 

MAGIC FEELING

 

20160321_02_09

2バンド目はMAGIC FEELINGです!!
1曲目はMVにもなっている” Hinotori

”ポップなはじまりに釘づけになります!音楽制限一切なし!と彼らのプロフィールにあるとおり、バンドの無限の可能性を秘めたスタートです!

20160321_02_05

2曲目は“O.E.O.E”楽しくなってしまうような曲!

歌詞もわかりやすく、優しい歌い方に安心して気持ちが伝わってきます♪

20160321_02_04

4曲目は“Let It Die”キラキラしているけども、主張の強い曲!

添えるように歌う歌は優しくて心地よいです。

ドリームポップロックバンド、夢があって気持ちよくのれてかっこいい!そんなパフォーマンスを魅せてくれました☆

20160321_02_03

MCでは「ライブハウスは最高だ!」と言っていました。

最高の場所で最高のバンドがイベントに出演してくれて本当に幸せです!

20160321_02_02

ラストは“Flower”手拍子が入り踊りたくなります!歌よりも音がぐいぐい来て、綺麗なメロディに攻められるような曲!そこにピアノが入り、さらに体が動きます。
本当にライブハウスは最高です。彼らの意気込みが伝わる演奏でした。
POPで明るく楽しい空間を作ってくれたMAGIC FEELINGに感謝です!

20160321_02_01

 

 

<SET LIST>

Hinotori
O.E.O.E
H.A.P.P.Y
Let It Die
あかり
Flower

 

 

 

 

 

 

 

elephant

e1 

 

 

恐らくほとんどの方が初見だった中、始まったのが山口県から遥々やってきてくれたelephant。

 

 

 

 

彼らのステージが終わってから

「初めて観たけど、めちゃくちゃカッコいい。」

そんな言葉が多く飛び交っていました。

 

 

軽く紹介させていただくと、

 

2005年結成

american football、braid、TTNG等

90年代エモ、オルタナ、ポストロックといったような要素を取り入れつつ、

彼ら独自のサウンドとしてアウトプットされたバンド

 

 

文面ではこのように紹介されることが多いのですが、

と に か く

生音の迫力さ が 段違い。

 

 

e2

 

 

まずこの日はスタート早々機材トラブルが・・・・

ですがそんなことなど気にならないほど、うまい具合にパフォーマンスに溶け込ませ、無事スタート。

後日談ですが、ご本人たちはとても動揺していたそう笑

 

それでもそれを超えるほどの圧巻的ライブを一発目”sheep”からかましてくれました。

ライブのトップに持ってくるにはなかなかダークなナンバー。

ギターのアルペジオに歌を乗せて入る瞬間の、あの今にも堕ちていきそうで胸が締め付けられる感覚・・・思わず身震いしたことを今でも覚えています。

まさに泣けるエモの真骨頂・・・英詞の格好良さを改めて感じさせてくれるそんなバンド。

 

 

 

 

20160321_03_01

 

 

 

2曲披露し、MCでは

山口県にもタワーレコードを作って欲しい、とVo&Gtの森岡さん。笑

本当に遥々この日のイベントのために来て下さって我々も感無量でした・・・!!

 

 

 


20160321_03_03

 

 

20160321_03_09

 

 

 

 

こりゃelephantの戦略か?

 

そんな風に思わせてくるほど、聴けば聴く程ハマる絶妙なセットリストの流れ!笑

 

 

“swimming”では攻撃的な展開に途中で変わり、まるで3人が互いに音でぶつかり合っているかのようなサウンド。

それでも反発することなく、うま〜く混ざり合っているんですよね・・・

観ているのも聴いているのも飽きさせず、むしろ楽しくなっちゃいます。笑

 

 

 

20160321_03_07

 

 

 

 

ラストは”blood”。

パワフルなドラムが印象的でテクニカルなギターとベースが合わさり、ハイトーンな優しい歌声と口ずさみたくなるメロディーが心地良く、個人的には聴いていて気分がグッとアガる、ダンサブルなナンバー。

 

 

 

20160321_03_10

 

 

 

 

とてもたった3人で創り出されたものとは思えないくらいの音圧とクオリティ。

どの曲を聴いていてもクリエイティブなサウンドで、でもしっかりとハマるメロディーを乗せられている。

 

これは、文句無しにカッコいい。

思わずそんな言葉を声に出してしまうくらい、素晴らしいパフォーマンスでした!

 

観る人聴く人を釘付けにしたelephantの皆さんに拍手!

 

全国流通の音源はまだないとのことですが、だからこそ今注目していてほしい、

これから大きく飛躍していくバンドだと思います!

山口県のelephant、是非チェックを!!!

 

 

 

 

 

<SET LIST>

1.sheep

2.Ghost

3.why don’t you kill me?

4.swimming

5.blood

 


 

 

 

 

ハラフロムヘル

harafuromuhwru8

 

4番手のハラフロムヘルの登場です!!

1曲目の“食べる人”がスタートした瞬間から彼女たちの独特で少し変わってる、でもすごく温かいかい空気感に会場が包まれます。そしてすごくワクワクします。

キラキラしたサウンドとタテジマヨーコさんののびのびとした力強い歌声にすぐに引き込まれてしまいます。

harafuromuhwru4

2曲目は“ドライブです”

飛び跳ねたくなるメロディ。お客さんみんなぴょんぴょん跳ねて楽しそうでした。

ハラフロムヘルといえば歌が特徴で、際立っていてとっても素敵です。そしてその歌を支える完璧な演奏がとても魅力的です。

メンバーの動きに合わせてリズムをとるのが最高に楽しくて幸せです。

harafuromuhwru5

harafuromuhwru7

3曲目の“明るい家族計画”が始まったころには会場はテンションMAXです!!この瞬間すごくHAPPYな空気感が漂っていました。

harafuromuhwru3

ハラフロムヘルをこのイベントにお誘いした理由は、彼女たちのライブに以前遊びに行った時、演奏が始まる前からすごくすごくワクワクして楽しみでたまらない気持ちがおさまりませんでした。

もちろん演奏がはじまってからもワクワクがとまりませんでした。

こんなに気持ちをワクワクさせてくれるバンドに出会ったことがありません。出演が決まった時本当にうれしくて、今この瞬間も期待どおりイベントを最高にワクワクするものにしてくれました。

本当に感謝です。ありがとうハラフロムヘル!!

harafuromuhwru1

4曲目は“マトリョーシカさん”独特の歌詞、考えさせられる歌詞が心地よい。メロディも相変わらずきれいです。

 

harafuromuhwru6

ラストは”パンツヒル”です。「教育のうた」とのこと。春の始まりにピッタリの曲です。どこまでも行けそうな、無限を感じさせる曲です。ハラフロムヘルというバンドをものがたっているかのようです。

お客さんをこんなに笑顔にしてくれたメンバーに、本当に本当に感謝です。

harafuromuhwru2

<SET LIST>

食べる人

ドライブです

明るい家族計画

マトリョーシカさん

パンツヒル

 

 

 

 

 

 

 

 

Mrs.WiENER

 

 

 

パンクキッズたちが今か今かと最前で待ち侘びる中、登場したのは”ミセチン”の愛称で知られるMrs.WiENER(ミセスウインナー)!!!!

 

 

 

 

mw1

 

 

 

 

登場の瞬間から伝わる、メンバーひとりひとりのキャラの濃さ!笑

こんなのズルい!ワクワクドキドキが止まらない!!

そしてそのインパクトのデカさは彼らの音楽からも・・・!

 

 

 

 mw2

 

 

 

 

なんといってもハードでカロリーあるサウンドながらに、ポップでキャッチーな音楽に様変わりさせてしまう、他に類を見ないバンド。

それがミセチンなのだ!!

 

 

 

 

mw3

 

 

 

 

スピード感あって思わず一緒に歌いたくなる“ラバンデイト!”

そして”CLAP & CLAP”と、アップナンバーを立て続けに披露し、会場のお客さんを序盤からアゲていきます!!

 

 

 

 

mw4

 

 

 

 

続いて昨年出したばかりの1stフルアルバム「THE POP BBQ 2」での代表曲と言えば、

 

やはり”ハンサムボーイ”!!

 

あのPVが秀逸なやつです!笑

待ってました〜!

 

 

 

 

mw5

 

 

 

 

「入りたい 夢みたいな グループ」

 

そんな歌詞を歌い上げる、Vo&Gtのすあまさん。

なんだか切実な想いがじわじわと伝わってくる・・・!笑

 

やはりこの曲での盛り上がり具合がダントツ!!

ハンサムボーイたちへの皮肉と憧れがこの曲に詰まってます!

聴いていて本当に楽しいし気持ちがいい!笑

 

 

 

 

mw6

 

 

 

 

そしてライブではお馴染み、ミセチンのキラーチューンといえば”チャイニーズガール”!

アレンジされたチャイナサウンド・ミセチンらしい疾走感あるメロディックナンバー!

個人的にはとても好きな楽曲!

スカダンしたり拳を上げたりと、ライブ後半も休むことなくボルテージ上がるフロア!!

 

 

 

 

ラストは”DANCE ABOUT LIFE”でシンガロング!!

もう終始笑顔が絶えない、幸せと汗にまみれたエネルギッシュなステージで、お腹がいっぱいでした!!!

 

 

本当に最後まで突っ走ってくれたミセチン・・・!

まさにハッピーでエンターテイメントな空間を作ってくれました!!

 

 

ありがとうミセスウインナー・・・!!!!

 

 

今年も各所で引っ張りだこになるであろう、彼らの活躍っぷりをお見逃しなく・・・!!

 

 

 

 

mw7

 

 

 

 

<SET LIST>

1.WOW YEAH!!

2.ラバンデイト!

3.CLAP & CLAP

4.ハンサムボーイ

5.チャイニーズガール

6.キニシナイナイ

7.DANCE ABOUT LIFE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B-DASH

 

 

イベントもクライマックスに差し掛かる中、現れたのは我らがB-DASH!!

待ってました!!!

きっと会場のお客さん、そして出演者の皆さんも同じ気持ちであったはず・・・!

 

 

 

 

b1

 

 

 

 

1曲目は今年出た最新のアルバム「EXPLOSION」から”GIVE UP”!

 

B-DASHといえば、ポップでキャッチーな楽曲をメインに、ロックやパンクの曲調を取り入れ、そしてなんといっても英詞に聞こえるようだけれども、英語でも日本語でもない、”はちゃめちゃ語”を特徴とするバンド!

はちゃめちゃ語だからこそ、その言葉一つ一つの音の楽しさがとても伝わってくる・・・!

 

そんな特徴も色褪せることなく、ニューアルバムのナンバーたちも、ゴリゴリのサウンドにB-DASH特有のキャッチーなメロディーに仕上がっていました!

 

 

 

 

b2

 

 

 

 

2曲目には最高のアップチューン”ホホイ”!!!

縦に縦にと飛び跳ねたくなるノリに耐えられまい・・・!!!

ここで一気に、ググーンとフロアがヒートアップ!!!

 

 

 

 

b3

 

 

 

 

ライブで毎回半端ない盛り上がりを見せてくれる”ENDLESS CIRCLE”では、フロア内にサークルが出来る場面も!!

お客さんたちが皆一体となって、楽しそうに笑顔で歌いながら拳を上げる光景が、まさにそこには広がっていました!

 

 

 

 

b4

 

 

 

 

5曲目には”平和島”。

 

 

「マニュアル通りに生きたって 何も始まらない」

「僕等の歩いていく道は アスファルトなんかじゃない」

 

 

大きな声で一体となって歌うこの瞬間。

グッと来ないわけがないでしょう・・・!!!!!

 

 

 

 

b5

 

 

 

 

ライブもあっという間に後半戦。

 

ニューアルバムから“BEAT BACK”を披露!

初めて聴いた時からすぐに歌いたくなる、歌詞とリズムのハマり具合が絶妙〜!笑

まさにB-DASHマジック!!

これは一度聴けばしばらくスルメになります、ハマります笑

 

 

 

 

b6

 

 

 

 

さらにラストは”Race Problem”、”ちょ”と名曲続き!!

会場のテンションがガンガンにアガらない訳が無い!!!

モッシュ、ダイブの嵐!!!

最後の最後まで熱気ムンムンのパフォーマンスで大満足・・・。

 

 

 

今も昔も変わらない、少し懐かしささえも感じる、

一方で進化し続ける最新のB-DASHという色も魅せてくれた、そんなライブでした!!

 

 

 

最高にアツいステージングをかましてくれたB-DASHの3人に感謝!!

ありがとうございましたー!!!!

 

 

 

 

b7

 

 

 

 

 

<SET LIST>

1.GIVE UP

2.ホホイ

3.GET POW

4.ENDLESS CIRCLE

5.平和島

6.BEAT BACK

7.Race Problem

8.ちょ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Manhole New World

 manhole4

トリのManhole New Worldの登場です!!”Folklore”からスタートです!!!
パーティは始まったかのような空気感に一気に変わる。みんな出だしから踊りだします。
MVにもなってるこの曲。ライブになると躍動感が何倍にもなります!!

manhole3

3曲目は” Mountaineers”

音で遊ぶ!そんな言葉がぴったりです。聴いていても観ていても飽きない圧巻のパフォーマンス!

最高の演奏にお客さんのこぶしが上がります !!

 

manhole1

4曲目はDOPPELGANGER!!攻め曲です!ぐいぐい引きこまれて頭の中で様々な楽器の音が掛け巡ります。

楽しくて最高にカッコいいバンドと、改めて感じさせてくれます。
お客さんとの駆け引きが本当にうまくて、音と楽器をつかって最高の空間を作るスペシャリストバンドです!

manhole2

タンバリンを受け取り、一体となってライブを楽しめたことは一生の思い出になりました!
Manholeのライブを観た時の楽しさはずっと残ってる気がします。お客さんみんなさんな気持ちになれたはずです。

manhole5

最後のMCでもありましたが、2016年11月13日 Manhole New World 渋谷クラブクアトロでワンマンライブです!

ライブごとに確実にファンを増やしていけるバンドです。

満員のクアトロで彼らの姿を見られることが、今からとても楽しみです!

manhole7

いつもお客さんのため、そしてイベンターのためにライブをしてくれるManhole New Worls。

この日もいつもと変わらない彼らの人柄どおりの最高にアグレッシヴで楽しいライブでした。

manhole6

そして、Manhole New Worldが6月1日に初のフルアルバム「Rosanjin」をリリース!!!!!

これは要チェックです!!

manhole8

 

 

 

<SET LIST>

Folklore
El Nino
Mountaineers
DOPPELGANGER
Kokage

 

 

 

関連スタッフブログ記事