TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > 【BUMP OF CHICKEN】3/12は7th Album「RAY」の発売日!

連載:BUMP OF CHICKEN 発売日記念 旧譜を振り返る渋谷店スタッフブログ (記事数 / 18)

【BUMP OF CHICKEN】3/12は7th Album「RAY」の発売日!

 

 RAY

 

【BUMP OF CHICKEN】3/12は7th Album「RAY」の発売日!

 

 

【CD】

RAY<通常盤>

品番:TFCC-86457 価格:¥3,146(税込)

 

1.WILL

2.虹を待つ人

3.ray

4.サザンクロス

5.ラストワン

6.morning glow

7.ゼロ

8.トーチ

9.Smile

10.firefly

11.white note

12.友達の唄

13.(please)forgive

14.グッドラック

 

 

渋谷店でのお取置はこちら

 

 

 

 

 

①WILL

歌詞のないインストゥルメンタルの楽曲です。WILLPOLISツアーでは映像とともにライブのはじまりを飾りました。WILLを聴くとそのときの映像と、最高潮まで達した鼓動が鮮明に蘇ってきます。これから何かが起こる…!と思える、心臓が早鐘を打つような気持ちになる、アルバムのオープニングにふさわしい1曲です。

 

 

 

②虹を待つ人

サビの部分では思わず手を挙げて声を出してしまう、ライブでは欠かせない曲!どこからでも、みんなが見ることのできる虹は、雨の後にやってくるという分かりやすく素直なメッセージが、シンセのキラキラとした音に乗って伝わってきます。

 

 

 

③ray

エレクトリカルな音がポップでバンドサウンドとも見事にマッチしててとても楽しくてかっこいい曲なのですが、歌詞をよく聴くと現実を悲しく語っているような。それでも「生きるのは最高だ」って、「あの痛みは忘れたって消えやしない」言えて、さらに説得力があるのがバンプのすごいところです。

 

 

 

④サザンクロス

バンドのアンサンブルが素晴らしいロックナンバー。少し切なげなメロディーに心が揺さぶられます。歌詞は、“嫌われていない事祈るばかり”や“口先だけで繋いだ 知らない手 それでも離さない 一人は怖い”などから分かるように生きていく上でどうしてもつきまとってしまうネガティヴな感情を唄っています。

 

 

 

⑤ラストワン

失敗続きでうまくいかなくて、何もかも嫌になる、そんな気持ちになった事が誰しも一度はあるのではないでしょうか?この曲は不思議なくらい、そんな下向きな気持ちを代弁してくれているかのように唄っています。それと同時に“変われるのは一度だけ”、変わろうと決意できるのは自分だけなんだよ、と教えてくれます。上は向かなくてもいい、前を向いて進もう、と思える楽曲です。

 

 

 

⑥morning glow

タイトル通り紫とオレンジの入り混じったキレイな朝焼けが、イントロから頭に浮かびます。“いくつのさよならと出会っても初めましてとは別れないよ”藤原さんならではの言い回しで、何回別れを経験しても出会いと別れることはないのだと唄っています。少し変則的なリズムも、癖になるのがこの曲の魅力ですね♪

 

 

 

⑦ゼロ

ゲーム『ファイナルファンタジー零式』のために書き下ろされた楽曲です。アルバムを知らなくてもこの曲は知ってる!という方も多いのではないでしょうか?やや重苦しげな空気を纏ったイントロからはじまり、“終わり”に対する確かな思いをうたっていますが、間奏のハーモニカとギターの音色からは希望の光が差し込むような背景が浮かびます。また所々叫ぶように唄うボーカルに、この曲に対する魂を感じます。

 

 

 

⑧トーチ

“君”に対する憧れと強がりや、追い求める姿に近づけるように自分を鼓舞するように唄っているように聞こえます。だんだんと演奏やコーラスの熱量が大きくなっていくのも、その気持ちが高ぶっているように伝わってきてたまらないのです。”震える足でも進めるように”、そばに置いておきたい曲です。

 

 

 

⑨Smile

震災の時、ラジオから流れてきたこの曲を泣きながら聴いたのを未だに覚えています。この収録はバンドver.。言葉は少なくとも、ちゃんと優しい。”全部分かってるよ”ってことを、分からせてくれるこの歌詞に、何度も救われました。

 

 

 

⑩firefly

疾走感とそのグルーヴがたまらないロックサウンド。夢、欲望、希望を諦めなきゃいけなくなったときの、”黄金の覚悟”を唄います。誰の胸にもある、目をそらしたい痛い傷をちゃんと見つめさせてくれるような曲です。

 

 

 

⑪white note

アコースティックギターの音がとても心地いい♪思わず身体が揺れてしまいます♪”重い思い”が言葉にできないもどかしさが散りばめられた歌詞が、愛おしいです。ゴスペルっぽい曲調もバンドではめずらしく楽しいので、ライブでもまた聴きたい!

 

 

 

⑫友達の唄

友達の大切さを唄っているこの曲を聴くととても優しい気持ちになれます。別れの季節でもあるこの時期に聴くと更に深みを増して聴こえます。世代性別問わずに心に寄り添ってくれる、温かい1曲です!

 

 

 

⑬(please)forgive

この楽曲は6thアルバム「COSMONAUT」の時期からレコーディングしていた、と当初雑誌などのインタビューでよく目にし、聴けるのを今か今かと待ち望んでいた記憶があります。浮遊感のあるメロディが印象的で、あたたかくもあり寂しくもある、そんな楽曲です。

 

 

 

⑭グッドラック

映画「ALWAYS 三丁目の夕日’64」のストーリーともリンクする、別れの寂しさから教わる温もりと、未来への希望が描かれています。”選んだ事だけは信じて”の言葉に背中押される、優しく温かい応援歌です。

 

 

 

ギターロックだけではない、バンドでは新しい音が詰まったこのアルバムは、紛れもなくバンプが前進した、変わらず届けてくれるメッセージを挑戦に込めた名盤です。バンドの歴史を塗り替えたのか、それともさらに輝かせたのかは、ぜひ聴いて確かめてください。どちらにせよ、21世紀に聴かなくてはならない1枚です。

 

 

 

 

 

 

 

21周年コーナー

 

 

渋谷店3Fコーナーでは、旧譜も豊富に取り揃えております♪
ぜひお越しくださいませ!

 

 

 

▼アーカイブ

◆10/13は18th Maxi Single「宇宙飛行士への手紙/モーターサイクル」の発売日!

◆10/17は4th Maxi Single「ハルジオン」の発売日!

◆10/19は21st Maxi Single「ゼロ」の発売日!

◆10/24は13th Maxi Single「花の名」、14th Maxi Single「メーデー」の発売日!

◆11/22は12th Maxi Single「涙のふるさと」の発売日!

◆11/23は11th Maxi Single「supernova/カルマ」の発売日!

◆11/25は15th Maxi Single「R.I.P./Merry Christmas」の発売日!

◆12/1は9th Maxi Single「車輪の唄」の発売日!

◆12/15は6th Album「COSMONAUT」の発売日!

◆12/18は5th Maxi Single「スノースマイル」の発売日!

◆12/19は5th Album「orbital period」の発売日!

◆1/18は22nd Maxi Single「グッドラック」の発売日!

◆2/10は8th Album「Butterflies」の発売日!

◆2/20は3rd Album「jupiter」の発売日!

◆2/23は19th Maxi Single「友達の唄」の発売日!

◆3/12は6th Maxi Single「ロストマン/sailingday」の発売日!

 

 

 

 

 

BUMP OF CHICKEN official website

 

 

 

関連スタッフブログ記事