TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > タワレコTV番組後記:2017/05/24(水)KEN THE 390『超・タワレコライブ』アーカイヴと楽曲リストを公開!

タワレコTV番組後記 (記事数 / 2)

タワレコTV番組後記:2017/05/24(水)KEN THE 390『超・タワレコライブ』アーカイヴと楽曲リストを公開!

 

タワーレコード渋谷店とKEN THE 390、DJ YANATAKEが、ジャパニーズ・ヒップホップシーンの注目アーティストを迎えて送るインストアイベント、KEN THE 390『超・タワレコライブ』。

 

ラッパーとしての活動はもちろん、主宰レーベル「DREAM BOY」の運営や「超・ライブへの道」のイベントプロデュース、テレビ朝日にて放送中のMCバトル番組『フリースタイルダンジョン』に審査員としてレギュラー出演をする等、多岐に渡る活動を続けるKEN THE 390がメインMCを担当し、ディレクターのDJ YANATAKEと共に、タワーレコード渋谷店B1F「CUTUP STUDIO」から、ジャパニーズ・ヒップホップシーンで活躍するラッパー、DJ等をゲストに迎え、ライブやトークを中心に公開生放送(観覧可能!)でお送りします。

 

初回飾った5月24日(水)は、KEN THE 390が、ミニ・アルバム『五月雨の君に』と、ライブDVD『#ケンザワンマン2016』を記念して、スペシャル・ライブをパフォーマンス!

 

さらに、ラッパーのTAKUMA THE GREAT、万寿、BAN、そしてビートメイカー兼DJの%C/TOSHIKI HAYASHIによる神奈川発の多国籍ジェット、HOOLIGANZと、ソウルフル・ラッパー「TARO SOUL」とワールドフェイマス・ターンテーブリスト「DJ 威蔵」からなるヒップホップ・グループ、SUPER SONICSもライブを披露し、会場を沸かせました!

 

イベントの模様はアーカイヴ公開していますので、ぜひ熱いライブをお楽しみください!

 

 

5/24(水)KEN THE 390『超・タワレコライブ』楽曲紹介リスト

 

TOWER RECORDS SHIBUYA  JAPANESE HIP HOP CHART -MAY 2017-

 

1位:唾奇/Sweet William『Jasmine』

2016年の話題曲に多数参加し、その名を世間へ広めた沖縄在住ラッパー唾奇と、抜群のメロディーセンスと名高いサウンド・プロデュー サーSweet WilliamがWネームで制作したアルバム「Jasmine」。スウィートな美声のガールズ・ シンガーkiki vivi lilyを迎えた先行シングル「Good Enough」を筆頭に、Jinmenusagiを客演に迎えた「Girl」、唾奇が2015年にリリースした代表曲「道」のRemixなど収録。クラ シックス感漂うジャジー&メロウ・ビーツに加え、隠と陽を絶妙に操ったライミングの融合が聴き手を引き寄せる”組み合わせの妙”的作品!!

 

 

2位:IO『Mood Blue』

KANDYTOWNメンバーの一人であるラッパー/映像クリエイター、IO(イオ)のセカンド・アルバム。驚異のティーン・ラッパーKIANO JONESとKANDYTOWNからNEETZを迎えた先行シングル「ABOUT YOU」収録。明友YUSHIの命日2016年2月14日にリリースされた『Soul Long』での衝撃的なデビューから13か月、IOの第2章が幕を開ける。

 

 

3位:KEN THE 390『五月雨の君に』

待望の新曲を収めたミニアルバム。タイトル曲は鋼田テフロンを迎え、PRODはBACHLOGICという完ぺきな布陣!で臨み、 R&B界のもはやレジェンドDJ KOMORIをPRODに迎え、レゲエシンガーHISATOMIをFEATした新境地のナンバー「after party」も収録。

 

 

4位:BASI『LOVEBUM』

メロウヒップホップの代表格でもありHIP HOP BANDのパイオニア、韻シストのフロントマンでもあるBASI、通算5枚目のソロ・アルバム。iTunesで自身初のヒップホップチャート1位を獲得し た「Fallin’」、美しい日本語の響きを徹底的に追求した「たゆたう」他、自ら”BASI第一期集大成”と言い切る極上のメロウ・アルバム。

 

 

5位:MONYPETZJNKMN『磊』

東京のストリートシーンから現れた次世代ヒップホップクルー、YENTOWNを代表する3人組MONYPETZJNKMNが初のフル・アルバムをリリー ス!<1回やったことはやらない>をポリシーにアタラシイを作り続ける三つ首モンスターがミニアルバムとEPを経て、いよいよ覚醒進化。3つの石をひとつ にした『磊』という文字は、3人のブッ飛んだ意識と固くて割れない意思を表現。シラフでも酔えるストーナーミュージック、ここに極まれり。

 

 

 

TOWER RECORDS SHIBUYA  JOE’S RECOMMEND DISC


5/24(水)発売 DONY JOINT『A 03 Tale, ¥ella』

メジャー・デビューも大きな話題となった総勢16名のヒップホップ・クルー、KANDYTOWNのメンバーであり、クルーの代表曲でもあ る”R.T.N.”でのタイトなラップも最高だったDONY JOINT!ソロ・デビュー・アルバムには、JashwonにMURO、KASHI DA HANDSOMEらが制作陣として参加!

 

 

6/7(水)発売 DJ KRUSH『軌跡』 

DJ KRUSHソロ活動25周年目にして自身初となるラップ・アルバム。DJ KRUSHの重く厚いビートの上で国内屈指のラッパーが言葉巧みにそれぞれの”軌跡”を繰り広げる。参加メンバーは、5lack 、Meiso、R-指定、志人、チプルソ、RINO LATINA II、OMSB、呂布カルマ。

 

 

6/21(水)発売 SUMMIT『Theme Songs』

ヒップホップ・レーベルSUMMIT所属アーティスト達による初のレーベル・ポッセ・カット。OMSBプロデュースによる1980年代ディスコ的 HIPHOPトラックで、SIMI LAB、THE OTOGIBANASHI’S、PUNPEE、GAPPERという総勢10名のMC達が刺激的なマイクリレーを披露。レーベル・イベントでも話題となった 楽曲が音源化。

 

 

6/28(水)発売 Monster Rion『Message』

エレクトロニックを軸に国内外のダンスミュージックシーンの前線で活躍するDJ/プロデューサー、SONPUBと湘南乃風のバックセレクターや人気フェ ス、赤い橋の音楽祭なども手掛けるThe BK Soundの異色の2人によるユニット”Monster Rion”の初オリジナル・アルバム!

 

ライター / 郡司和歌

関連スタッフブログ記事