TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > 【ストマンのシブ演レポート】 10/2 ビクター&タワレコ渋谷店合同企画”Go Beyond!! ”スペシャルライブ@CUT...

【ストマンのシブ演レポート】 (記事数 / 7)

【ストマンのシブ演レポート】 10/2 ビクター&タワレコ渋谷店合同企画”Go Beyond!! ”スペシャルライブ@CUTUP STUDIO

 

 

 

 

レコード会社 ”ビクターエンタテインメント”と”タワーレコード渋谷店”がタッグを組んで、インディーズシーンを盛り上げるべく、一大プロジェクトが始動!

その名も「Go Beyond!! 」。即ち、「超えていく」と名付けられた今回のイベントは、事前にタワレコ渋谷店に各アーティストの音源を設置(音源オール500円!)、なんとその購入したCD自体がチケットとなり、当店地下にあるCUTUP STUDIOで行われるライブに参加できるというというもの。

そして、その記念すべき第一回目のライブに、なんとも個性豊かな5組のバンドが参戦!そのライブの様子をお届けします。

 

 

 

 

 

まずこの日トップバッターを飾ったのは、Vo&Gt.ヤナセジロウ率いる ”betcover!!(ベットカバー)”。まず感想を伝えるとするならば、「え、ほんとに10代!?」です。とてもそうは思えないメロディーセンスに終始やられっぱなしでした。明るい曲からメロウな曲まで、全方位に渡って細やかなセンスが散りばめられていて、「計算的に衝動を詰め込んでいる」ような素晴らしい演奏でした。

 

昨年末大型フェスにも出演を果たし、ますます期待がかかる若き才能の登場に、今後の活躍に目が離せません!

 

 

 

 

続いて「よろしくお願いします!」と明るく登場したのは、都内を拠点に活動しているロックバンド”渦”の4人。 音源で聴いた時、お洒落なシティポップだなぁと思っていたのですが、いざライブが始まるとそのポップさが2割り増しで襲ってきて驚きました(笑)。

「(ステージ後ろの幕の)TOWER RECORDSの文字を背負って演る」と緊張気味に話していましたが、演奏後には「とにかく楽しんでできた!」と満足げに語ってくれたメンバーたち。その言葉通り、笑顔弾ける素敵な演奏に観てるこちらも釣られて明るい気持ちになりました。それにしても『ドルフィン』は名曲だなぁ、、(しみじみ)。

 

 

 

 

神戸から参加していただいたのは”Opus Inn(オーパスイン) ”!。「曲の良さを大事にしている」と語る彼らの音楽は、神秘的、美しい、そんなことは大前提とした上で、会場の雰囲気を一気に飲み込む圧倒的世界観がとにかくすごかった。まるで歌声は一つの楽器のような、あるいはギターが歌っているような、、。異空間に呑まれるということがこんなに心地いいとは知りませんでした。途中コードが抜けて演奏をやり直すアクシデントがあったのでが、曲が止まった時初めて「あ、現実だったのか」と笑。それほどに幻想的な非現実的空間の中にいて、いつまでもこの音に溺れていたい、そう思わざるをえない素敵な時間でした。

 

実はこの日が東京初ライブで、緊張したと話していた彼ら。今年の冬には音源のリリースも控えており、是非チェックしてもらいたいアーティストの登場に、いちCDショップの店員として今からワクワクしております。

 

 

 

 

さらに、これまた異彩を放っていたのは4人組ガールズロックバンド ”TAWINGS(トーイングス)”。ガレージロック、サイケなどを独自に消化した彼女たちの演奏に対して、身を委ねてしまうまでそう時間はかかりませんでした。どこか尖っていて、でもポップで、何より自分たちが鳴らす音楽に対して絶対的にブレない芯を感じました。一度聴いてしまったら最後、どんどん彼女たちの魅力に惹かれていく一方になるので、こちらも注意、、いやいや、注目必須です!余談ですが、メンバーの内二人がなんと元タワレコ渋谷店の店員だったことが発覚、「こういった形で帰ってこれて感慨深い」と話していたように、なんとも夢のある話しだなぁとこちらまで胸が熱くなってしまいました。是非また凱旋ライブしに来てください!

 

 

 

 

そして、この日トリを飾ったのは、スリーピースロックバンド”Jurassic Boys(ジュラシックボーイズ)‼︎。いや~まさにトリを飾るのにふさわしい、圧巻のパフォーマンスでした!。英語と日本語と織り交ぜた歌詞を、Vo&Gt.Ryushoのクールかつ熱のこもった歌声が聴く者の心を鷲掴み、さらにスケールのでかいサウンドが会場をロックンロールで支配していきます。地に足をつけてる安心感というか、我々人間の根っこの部分が思わず揺さぶられるような、力強い何かを感じました。演奏後、「楽しかった」と一言呟いた彼らの姿は、照れくさそうで、どこか自信のこもった眩しさがありました。とにかくかっこいいの一言に尽きます。ボキャブラリー少なくてごめんなさい。

 

 

 

以上が今回のライブのレポートとなるのですが、最後に私は今回のイベントの重要性について、声を大にして伝えたいです。今回参加していただいた5バンドのように、こんなに素敵で、かっこよくて、イカしてる音楽が、嬉しいことに日本にはまだまだたくさん存在しています。その事実を改めて再提示するとともに、今後の音楽シーンを、CDショップから発信し、変えていく。音楽に触れる、出会う場として、アーティスト、レコード会社、CDショップが一丸となって盛り上げていくというこのイベントの意味は、意義はとてつもなく大きいことだと考えています。どうか、今後も素晴らしい音楽に出会う喜びを忘れないでいただきたい。

今を、時代を超えていく喜びを。

「Go Beyond!!!」

 

 

(文 石山祐輔)

 

 

 

 

セットリスト

 

betcover!!

1.COSMO

2.いつかの魔術師

3.young berry song

4.平和の大使

5.I wanna be with you

6.台北

 

 

1.ソーリー

2.ドルフィン

3.YUMEGIWA MELODY

4.オバケは走る

5.告白

6.秋風

 

 

Opus Inn

1.Grund Illusion

2.No Time

3.Few

4.Shelter

5.Gone

 

 

TAWINGS

1.UTEM

2.new song

3.pkp

4.Invisible

5.Liste rine

6.Dad Cry

 

 

Jurassic Boys

1.Law Power

2.Christmas Cherry Cake

3.アメリカの友人

4.way

5.City

6.Girls Just Want to Have  Fun( シンディ・ローパーcover)

7.See You Again

 

 

 

ストマンのシブ演レポート、、、タワーレコード渋谷店アルバイト店員石山=ストーンマウンテン略してストマンによる、渋谷店にて行われたライブの様子を綴っています。ライブの魅力、熱量をそのままお伝えできるよう一生懸命頑張ります!

ライター / 石山祐輔

関連スタッフブログ記事