TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > 【ストマンのシブ演レポート】 10/5 吉澤嘉代子2nd シングル”残ってる”リリース記念インストアライブ@CUTUP...

【ストマンのシブ演レポート】 (記事数 / 8)

【ストマンのシブ演レポート】 10/5 吉澤嘉代子2nd シングル”残ってる”リリース記念インストアライブ@CUTUP STUDIO

 

 

 

10/5 吉澤嘉代子

2nd シングル”残ってる”

リリース記念インストアライブ@CUTUP STUDIO

 

 

 

2017年10月24日に発売された吉澤嘉代子の2ndシングル『残ってる』を記念したインストアライブが、当店地下のCUTUP STUDIOにて行われました!

 

19時過ぎ、フロアには満員のお客さんが待つ中、くるくると踊りながら登場した吉澤嘉代子さん。もうそれだけでホッとするような、彼女の持つ雰囲気にとても穏やかな空間へと変わる中、『月曜日戦争』のイントロが流れライブがスタート。

ドラマの主題歌でもあり、まだ記憶に新しいこの曲は、なんとも彼女らしい女の子のポップソング。「あごとほっぺたにニキビできちゃったけど頑張ります」と恥ずかしそうに話しながらも、やはり彼女が持つ雰囲気、歌声は会場を優しく包み込んでくれます。

 

今回もKASHIFさんの鮮やかなギターサウンドが鳴らされる中、続けて披露してくれたのは『綺麗』でした。ファンには堪らない選曲に会場に集まったお客さんはさらに笑顔になります。キラキラでぴかぴかな振り付けを一緒になって踊ってるお客さんも多く、文字通り輝かしい場面となりました。

 

新曲『残ってる』に合わせて、スペシャルなセットリストを用意したという旨を伝えると、次に演奏したのはなんと『手品』!。ライブで披露するのは久しぶりだったのではないでしょうか?用意したハンカチの色を変える”手品”をしながら、大きく左右に振って歌う彼女の姿は、本当に楽しそうで、一曲歌うたびになんだか心がふっと軽くなります。言ってて恥ずかしいですが、本当にそんな感じになるから不思議です。

 

ライブレポとは少しずれますが、彼女の歌の魅力について、この場を借りて語らせてください。

歌詞の文学性の高さと、彼女の歌声が持つ表現力が合わさって歌われる彼女の歌は、わかりやすく言うと、「化粧」のそれに近いと思っています。吉澤嘉代子というアーティストが”女の子”を歌う時、彼女は歌でお化粧をして、我々の元へ届けてくれます。女の子のリアルな心情が美しさ、尊さ、時にはファンタジーさも纏って届くその歌は、女性はもちろん、男性が聴いても刺さるものがあります。いや本当、歌が愛しい笑

 

本題に戻ります。淡い恋心歌った名曲『真珠』を披露し、今作の初回限定盤についているライブDVDの話しなどを伝えた後、曲はいよいよ今作『残ってる』へ。

朝帰りしている女の子が主人公のこの曲は、夏から秋に変わる情景と、彼への寂しさ、愛おしさを大切に閉じ込めた作品。ラスト、「私はまだ 昨日を生きていた」と歌うこの曲に、思わず心が震えてしまいました。これぞ吉澤嘉代子の真骨頂と呼べる曲ではないでしょうか。今の季節にぴったりなので、まだの方は是非聴いていただきたい。

 

こうして、久しぶり披露していただけた曲も含め、特別で素敵なインストアライブとなりました。しばらくは余韻が残ってるなぁ、、これ。

吉澤嘉代子さん、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

セットリスト

1.月曜日戦争

2.綺麗

3.手品

4.真珠

5.残ってる

 

 

ストマンのシブ演レポート、、、タワーレコード渋谷店アルバイト店員石山=ストーンマウンテン略してストマンによる、渋谷店にて行われたライブの様子を綴っています。ライブの魅力、熱量をそのままお伝えできるよう一生懸命頑張ります!

 

 

 

ライター / 石山祐輔

関連スタッフブログ記事