TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > 2017/12/27(水)KEN THE 390 presents『超・タワレコライブ』アーカイヴと楽曲リストを公開!

タワレコTV番組後記 (記事数 / 21)

2017/12/27(水)KEN THE 390 presents『超・タワレコライブ』アーカイヴと楽曲リストを公開!
  • 2018年01月03日

 

タワーレコード渋谷店とKEN THE 390、DJ YANATAKEが、ジャパニーズ・ヒップホップシーンの注目アーティストを迎えて送るインストアイベント、KEN THE 390『超・タワレコライブ』。

 

ラッパーとしての活動はもちろん、主宰レーベル「DREAM BOY」の運営や「超・ライブへの道」のイベントプロデュース、テレビ朝日にて放送中のMCバトル番組『フリースタイルダンジョン』に審査員としてレギュラー出演をする等、多岐に渡る活動を続けるKEN THE 390がメインMCを担当し、ディレクターのDJ YANATAKEと共に、タワーレコード渋谷店6F HIPHOPフロアからシーンで活躍するラッパー、DJ等をゲストに迎え、ライブやトークを中心に公開生放送(観覧可能!)でお送りします。

 

第8回目となる12月27日(水)は、書籍『HARDCORE FLASH』が好評発売中のZeebraがトークゲストとして登場!さらにフル・アルバム『Splash』をリリースしたKOWICHIのライブ・パフォーマンスや、MC正社員と9forが『U-22 MC BATTLE 2017 FINAL』についてトークやライブを披露する等、充実のラインナップでお届けしました!

 

ライブやトークに加え、KEN THE 390の未公開映像や、タワーレコード渋谷店の“JAPANESE HIPHOP”2017年間チャートの発表、バイヤーJOEの“レコメン・ディスク”など、シーン最前線の情報も満載!

 

イベントの模様はアーカイヴ公開していますので、ぜひお楽しみください!

 

 

■12/27(水)KEN THE 390『超・タワレコライブ』楽曲紹介リスト

 

 

TOWER RECORDS SHIBUYA  JAPANESE HIP HOP CHART -2017-

 

1位:PUNPEE「MODERN TIMES」
ヒップホップユニットPSG等での活動を筆頭に、2006年「ULTIMATE MC BATTLE」東京代表。2009年サンプラー・バトル「MPC Gold Fingaz Kitchen」優勝。トラックメイカーとしてもRhymester、般若、Seeda、TOWA TEI、tofubeats、後藤正文等、ヒップ・ホップ・アーティストを中心にトラック、REMIXを提供。
近年では他アーティスト作品への客演や、宇多田ヒカルの配信番組「30代はほどほど。」へのDJとして出演、TVCMやTBS系「水曜日のダウンタウン」への楽曲提供など、多方面で精力的に活動中のPUNPEEによる、長年に渡って待ち望まれていたファースト・ソロ・アルバム。

 

 

 

 2位:Creepy Nuts「助演男優賞」

前作「たりないふたり」のスマッシュヒットをきっかけに、テレビや雑誌、ラジオなど数多くのメディアに取り上げられ、クラブやライブハウスから大型ロックフェスまで、ジャンルを問わず多くの観客を魅了しているCreepy Nuts。そんな彼らの一年ぶりとなる待望の作品が完成。

 

 

 

3位:SKY-HI「OLIVE」
SKY-HIがおくる3rdアルバム。何度でも生きるんだ。今、その涙を愛そう。
温かいメッセージ性の「クロノグラフ」、多幸感の詰まった「ナナイロホリデー」、 直近シングルでは勝負を挑む力強い「Double Down」を経て届けられたアルバムは”再生”をテーマに制作。

 

 

 

4位:GADORO「四畳半」

“宮崎産キラーマシーン”の異名を持つ、GADORO待望のファースト・アルバム。本作品の楽曲は、DJ WATARAI、DJ OKAWARI、MICHITA、MASS-HOLEなど国内最高峰のトラックメーカーたちが担当。

 

 

 

5位:KID FRESINO「Salve」

KID FRESINOのEP。ディレクションはKID FRESINO。今作は初の生楽器、バンド編成による楽曲制作を敢行。NYで暮らしながら、音楽探求を行う日々にあって、風通しの良い作品がここに誕生。

 

 

 

6位:BAD HOP「Mobb Life」

川崎からリアルを発信し続けるヒップホップ・クルー、BAD HOP がいよいよ本格始動! 「フリースタイルダンジョン」でモンスター役を務めるT-Pablow、「高校生RAP 選手権」の覇者であり圧倒的なスキルとセンスを誇るYZERR を中心に、Tiji Jojo、Benjazzy、Yellow Pato、G-K.I.D、Vingo、Bark らが研ぎ澄まされたマイクパスを繰り広げる! すでにストリートで数々のアンセムを生み出してきた彼らのアツすぎるセカンド・フルアルバム!

 

 

 

7位:RHYMESTER「ダンサブル」
2015年7月にリリースした移籍第一弾アルバム『Bitter,Sweet & Beautiful』以来2年ぶりとなるRHYMESTER11枚目のオリジナルアルバム。

 

 

 

8位:STUTS「Pushin’」

1989年世代のトラックメイカー/MPC Player、STUTSのデビュー・アルバム。シーケンスを使わずにMPCを叩くことで生み出される独特のグルーヴをもつトラックはソウルフルでファンキー。ゲストにPUNPEE、KID FRESINO、JJJ等を迎え、生感あふれるビートやキャッチーなサウンドを鳴らす一枚。

 

 

 

9位:KEN THE 390「五月雨の君に」
待望の新曲を収めたミニアルバム!!タイトル曲は鋼田テフロンを迎え、PRODはBACHLOGICという完ぺきな布陣!で臨み、R&B界のもはやレジェンドDJ KOMORIをPRODに迎え、レゲエシンガーHISATOMIをFEATした新境地のナンバー「after party」も収録。初回限定盤はCD2枚組で昨年発売のBESTアルバムに収録しきれなかった、ファンが選んだ人気曲等を集めたベストアルバム!

 

 

 

10位:jjj「HIKARI」
HIPHOP新世代を牽引するトラックメイカー、ラッパー、DJ”jjj”(Fla$hBackS)が待望のセカンド・アルバムをリリース。今作は、セルフ・プロデュース曲を中心に、大阪のトラックメイカー、ENDRUN、KID FRESINOとの共作アルバムで注目を浴びるAru-2、2016年デビューして話題をさらっているSTUTSの楽曲を収録。

 

 

 

TOWER RECORDS SHIBUYA  JOE’S RECOMMEND DISC

 

◇JOEが選ぶ 現在発売中の「超・オススメ作品」

 

12/20(水)発売 DJ SOULJAH『THE NINE WORLDS Presents DJ SOULJAH N。1 Japanese Hip Hop Edition』

本場NYで認められた”サムライDJ”として全国各地のフロアを揺らし続けているDJ SOULJAHによる意外にもキャリア初となるオフィシャルな日本語ラップMIX CDがリリース!同郷である宮崎をレペゼンする【GADORO】を客演に迎えた「52 Bars feat.GADORO」や、PUMA × X-LARGEとのタイアップ曲「CLYDE feat. Jinmenusagi,YZERR & B.D」が初収録される他、国内HIP HOPシーンを代表するアーティストからフレッシュな若手アーティストまで、2017年を象徴する話題曲がホンモノのスキルで贅沢に収録された最高にマストな1枚。

 

 

◇1月リリースのオススメ作品

 

1/12(水)発売 GAGLE「Vanta Black」
HUNGER、DJ Mitsu the Beats、DJ Mu-R。Jazzy Sportをリードするミュージック・アスリート/ヒップホップ・グループGAGLEの、オリジナル・アルバ ムとしては約4年振りとなるニュー・アルバム『Vanta Black 』がここに完成!
アルバムはDJ Mitsu the Beatsによるプロデュース作品を中心に展開。ソウル、ジャズをはじ めとするブラック・ミュージック・ルーツなサウンド/ムードを軸に、ダブ、エレクトリック・サウンド、ハウス/ディスコ、ワールドミュージック等を取り入れた多彩な音楽性、革新的なビート/グルーヴ・サイエンスを展開した刺激的なサウンドになっている。ゲストミュージシャンには黒田卓也、金子巧(cro-magnon)が参加。

 

 

 

1/24(水)発売 漢 a.k.a GAMI「ON THE WAY」
鎖GROUP主宰にして、フリースタイルMCバトルの最高峰”KING OF KINGS”主催、FRESH!の人気番組『漢たちとおさんぽ』、ソロ作、数々の名feat.仕事で圧倒的なプロップスを得る漢 aka GAMIの客演集MIX CDが登場。

 

 

 

1/31(水)発売 V.A「2HORNS CITY #2 Rain Library」
人気絶頂の次世代HIP HOPコンピ第2弾が早くもリリース!今作には、注目のトラックメーカーSweet Williamとのコラボや、DJ HASEBEをはじめ多くの客演楽曲で2017 年シーンの話題を独占した唾奇と、日本のR&B/ソウルバンドシーンを牽引する’WONK’のリーダーでありコンポーザー/ドラマーのPxrxdigm.との初コラボ曲を収録!その他にも新進気鋭のアーティストが名を連ねる全 13 曲を収録した話題必至作。タイトルの’2 HORNS CITY’は、唾奇やSweet Williamらが所属するクリエイター集団「Pitch OddMansion」の名が付くマンションを中心とした架空の街。そんな’2 HORNS CITY’を舞台に、今作はRain Libraryという物語の宝庫でもある図書館をコンセプトに設定。’2 HORNS CITY’とはPitch Odd Mansion のロゴマークに象徴される左右非対称な2本の角に由来する。

 

ライター / 郡司和歌

関連スタッフブログ記事