TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > 4/8 でんぱ組.inc new Single”おやすみポラリスさよならパラレルワールド / ギラメタスでんぱスターズ”リリ...

【タワ渋スタッフ石山透明のイベントレポート】 (記事数 / 22)

4/8 でんぱ組.inc new Single”おやすみポラリスさよならパラレルワールド / ギラメタスでんぱスターズ”リリース記念インストアライブ

 

 

 

4/8 でんぱ組.inc new Single

”おやすみポラリスさよならパラレルワールド / ギラメタスでんぱスターズ”

リリース記念インストアライブ

 

 

 

 

 

 

 

2018年4月4日に発売されたでんぱ組.incのダブルAサイドシングル「おやすみポラリスさよならパラレルワールド / ギラメタスでんぱスターズ」のリリースを記念したインストアライブが、当店地下のCUTUP STUDIOにて行われました!

 

 

自前で制作したと思われる衣装を着ている方や、ダンスを練習する者、中にはお子さんを連れて参加されている方もいて、とにかくたくさんの人たちが楽しみにして待っているのだなと感じていると、会場が暗転!大歓声とともに7人のメンバーが登場し、古川未鈴が「近くて嬉しいぞ~」と叫ぶと早くも会場全体が大熱狂に包まれました。

 

 

いよいよライブがスタートするかと思いきや、「ダンスを見ていただきたい」ということでフロア前列のお客様にしゃがんでいただく異例のスタンバイをしてから1曲目”おやすみポラリスさよならパラレルワールド”が始まりました!作曲を担当した鬼才のジャズピアニスト、H ZETT M氏のピアノサウンドに合わせたダンスは圧巻で、時に激しく、時に切なく。ステージいっぱいに使い、全員が倒れて終わるラストまで、漫画家浅野いにお氏が作詞した世界観を見事に表現していました。たしかに前列しゃがんでいないと観れなかったなぁなんて思っていると、メンバーとファンの間で「観れた~?」「観れたよー‼」なんてやりとりがあり、その距離の近さにほっこりしてしまいました。

「ぎゅぎゅっと(内容を)詰め込みました!」と成瀬瑛美が伝える通り、限られた時間の中で惜しみなく披露されたのは”Ψ発見伝!”。しゃがんでいた前列のお客さんも立ち上がり、「タイガー!ファイヤー!」と全力のコールが始まり会場のテンションはアガりっぱなしでした!2期連続となるアニメ『斉木楠雄のΨ難』EDテーマ曲、そのアニメサイズで今回披露したかと思うと、今度は立て続けに”Future Diver”がスタート。こうなると会場全体の勢いが止まりません笑。コールはもちろん、メンバーの一節に挟む合いの手だったり、サビでは全員で見事に踊ったりと、メンバーもファンもとにかく楽しんでいる現場の雰囲気が、サイリウムとともに綺麗に感じました。

 

しかしながら終始思っていたのは、とにかく「近い」。アリーナクラスのライブを何度も成功させている彼女たちをこの距離で観られるのは本当に貴重ですし、メンバーからも「タワレコ最高ー!」とテンションがアガっている様子。お客様からダイレクトに届く歓声に相沢梨沙は思わず「馴染むわー(笑)」なんて一言も。また、ひさびさのリリース、活動に対して「おかえりー!」と声が上がると、感極って藤咲彩音がうるっとくる場面も。メンバーから「泣かないでピンキー」と突っ込むと夢眠ねむが「このタイミングで水飲んでこよっと」ととぼけるなど、穏やかな空気感の中にある、ファンとメンバーの間にある信頼関係が見え、素敵だと感じました。

いろんな困難を乗り越え、新体制として帰ってきたでんぱ組.inc。古川が「前を向いてこれからも進んでいくので、これからもよろしくお願いします!」と高らかに宣言すると、この日最後の曲”ギラメタスでんぱスターズ”が披露されました。新たなる決意表明を感じさせるこの曲では、新体制になり加入した鹿目凛と根本凪の気合十分なパフォーマンスもあり、会場はこの日最高潮の盛り上がりとなりました。

最後に「萌えキュンソングを世界にお届け、でんぱ組.incでしたー!」と7人揃って決めてこの日のインストアライブは終了、その後の特典会も大盛況に終わりました。

 

新章突入、パワーアップを感じさせたでんぱ組.incに、今後も目が離せません!でんぱ組.incの皆さん、本当にありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

セットリスト

1.おやすみポラリスさよならパラレルワールド

2.Ψ発見伝!

3.Future Diver

4.ギラメタスでんぱスターズ

 

 

 

 

 

ライター / 石山祐輔

関連スタッフブログ記事