TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > 5/25 「夏を先取り!バニラズ最速夏祭り!」go!go!vanillas NEWシングル”SUMMER BREEZE / スタンドバイミー”...

【タワ渋スタッフ石山透明のイベントレポート】 (記事数 / 22)

5/25 「夏を先取り!バニラズ最速夏祭り!」go!go!vanillas NEWシングル”SUMMER BREEZE / スタンドバイミー”リリース記念インストアライブ@CUTUP STUDIO

 

 

 

5/25 「夏を先取り!バニラズ最速夏祭り!」go!go!vanillas NEWシングル

”SUMMER BREEZE / スタンドバイミー”リリース記念インストアライブ@CUTUP STUDIO

 

 

 

 

 

 

2018年5月23日に発売されたgo!go!vanillasの両A面シングル『SUMMER BREEZE / スタンドバイミー』を記念したインストアライブが、当店地下のCUTUP STUDIOにて行われました!

今回のインストアイベントは、【夏を先取り!バニラズ最速夏祭り!】と題しまして、ファン参加型クイズ大会【全員参加!バニラズ夏のサマー・クイーズ】と貴重なアコースティック仕様でお届けする【「夏」縛り!ミニ・アコースティックライブ】のなんと豪華二本立て。いつも以上にレポート長めですが、その盛り上がった一部始終をお伝えします。

 

CD入荷後、即イベント観覧券の配券が終了してしまっただけあり、会場には満員のバニラズファンが集まる中、大きな歓声と同時に青のハッピ姿でメンバー4人(Vo&Gt.牧 達弥、Gt.柳沢 進太郎、Ba.長谷川プリティ敬祐、Dr.ジェットセイヤ)が登場。

「夏が来たぞー!」と牧が高らかに叫び、待ちに待ったイベントの口火を切ると、まずはメンバー一言ずつCD購入したファンに一言ずつ。

 

長谷川プリティ敬祐(以下、プリティ)、「ありがとうー!!!」

牧 達弥(以下、牧)、「CDを受け取ってくれたみんなの心はもう夏です」

ジェットセイヤ(以下、セイヤ)「夏、やろうぜ!!」

柳沢 進太郎(以下、進太郎)「僕が作った曲(今作カップリング曲『Penetration』、作詞作曲メインボーカルを担当)もいいので是非聴いて下さい」

台本無し、いきなり個性爆発な4人と、某ラジオ番組の”教頭”でお馴染み、芦沢ムネ、、いやいや”天の声”を司会進行に迎え、いざ、クイズ大会開幕です!

 

ルールをこちらにまとめておきます。

その壱、解答権は一人3回。結構むずかしい4択クイズ。

その弐、解答方法は自力で解くorサポートの役割を持つカードをランダムで一枚使用

①「オーディエンスカード」…会場に集まったお客さんに事前に番号を記載した用紙を配布、正解だと思う番号を掲げてもらう。

②「SNSカード」…Twitterのアンケート機能、同時配信しているLINE LIVEのコメントを見て参考にすることができる。

③「テレフォンカード」…電話での相談が可能。誰に繋がるかはのちほど。

その参、一番答案できなかったメンバーには夏らしい罰ゲーム!

 

まず先陣を切ったのはプリティ。どこか自信気に満ちたその様子は、過去MVの”プリティ総理”を思い出します笑。

〈問題〉人間の脳は何個の神経細胞でできている?  ①約1億個②約10億個③約100億個④約1000億個

今回、冗談抜きで超難問を用意、プリティさっきの自信は何処へやら、迷わずカードをチョイス笑。引いたのはSNSカード!。

Twitterのアンケート、LINE LIVE共に③が圧倒的だったことから③を選択も、正解はまさかの④。

メンバーの中でもいじられキャラにされがちなプリティ。ファンにはめられた?笑

 

二番手は牧。例題で正解を当てたリーダーの威厳を見せれるか。

〈問題〉タワーレコード第一店舗は何処にオープンした? ①札幌②仙台③渋谷④梅田

「自力で行く」と宣言した牧。迷わず③を選択。ところが答えは①の札幌でまさかの不正解。

ちなみにタワレコは1979年に第1号店が札幌市に、渋谷店は1981年に2号店としてオープンしました。皆さん、ご存じでしたか?。

 

3番手は”野生の勘を持つ男”、セイヤ。と思いきや問題は本人が好きな宇宙に関する問題!はたして、、?。

〈問題〉宇宙空間の温度は、だいたい何度? 絶対零度マイナス①185度②212度③273度④354度

一方で不正解だった二人。

牧「(第3問だから)さん、さん、さん、さわやか3組~♪」

プリティ「あのベース結構かっこいいんだよ!」

いや、なんの話しで盛り上がってるんですか、、笑。

そうこうしているうちにセイヤ、SNSカードと「(本人曰く)自分の宇宙に話しかける」を巧みに?利用し、見事この大会初の正解③!

これは大金星!

 

1巡目ラストはバニラズ一のクールボーイ、進太郎。

〈問題〉江戸時代の武士は、不意打ちを喰らう可能性を考慮して、とある体勢で寝ていました。一体どんな体勢? ①うつ伏せ②利き腕を下にする③枕を使わない④布団を顔までかける

進太郎が使用したのはオーディエンスカード。「みんな前世武士だと思うんだ」と満面の笑みで冗談を挟みつつも、「◯番だと思う人~」と順番に挙げさせ、一番少ないものを削って三択、同じやり方で二択に絞る正攻法作戦でなんなく正解の②にたどり着きました。

さすがバニラズチームのまとめ役、、かっこいいっす。

 

2巡目、プリティへの問題。

〈問題〉日本で一番、鯖が獲れる都道府県はどこ?①秋田県②大分県③茨城県④長崎県

ここは正解が欲しいプリティ、なんと自力で挑むことに。ここの流れがすごかった。

プリティ「茨城だと思う!」

会場「え~~~~」

プリティ「なんで!?」

他3人「ここは地元にしたら?」

プリティ「じゃあ、大分!」

天の声「正解は③の茨城県でした~」

プリティ、残念。あっさり二連敗。(ちなみにプリティと牧が大分県出身、セイヤは長崎県、進太郎は秋田県出身。ひょっとしてこの問題、サービス問題だったかも、、)

 

続いて、牧への問題がこちら。

〈問題〉”スパイスの女王”と呼ばれるスパイスは何?①シナモン②クミン③スターアニス④カルダモン

オーディエンスカードを引いた牧は、先ほど正解した進太郎同様、一つずつ絞る作戦にでるが、、。

残り二択でほぼ互角の票となり、「誰かパティシエいないのかよ~」と困惑してしまう展開に。

苦し紛れに②を選択。しかし正解は④カルダモンでした、、。

カルダモンのように甘い展開にはならず、プリティ同様二問連続不正解により罰ゲーム候補になってしまいました。

にしてもクイズのジャンルが広い、、笑。スタッフも相当手の込んだイベントとなっております。

 

セイヤへの二問目!

〈問題〉この中で”実際には存在しない”カエルはどれ?①ショウガガエル②ニンニクガエル③パセリガエル④バナナガエル

問題が出題された途端、セイヤの頭はフル回転!

「バナナはいない気がする、、。パセリはいそう。」と独り言を呟く本気モード。

と、思いきや一人で会話をすることでオーディエンスの反応を確かめるというまさかの策士的な行動に!

とは言えそこは漢、ジェットセイヤ。己の野生の勘を信じ④を選択!正解は①。残念。

セイヤ「え、バナナガエルいるの!?めっちゃ気になる、、」

コメントが純粋すぎて、、。後ろを見ないその姿勢が、セイヤがジェットたる所以です。

 

進太郎への第二問はこちら。

〈問題〉野球のピッチャーマウンドからホームベースまでの距離は何m?①18.44m②17.56m③24.89m④28.69m

ここにきてスポーツ問題!経験者なら即答できる問題だが、、使用できるカードはオーディエンスカード!

進太郎「野球やってた人~?」

ファン「はーい!!」

なんと会場に集まったお客さんの中に二人の野球経験者が!これはラッキー!!

二つの野太い声に導かれ、進太郎①を選び二問連続正解!単独首位です!

 

さぁ、最終ラウンド!ここまで二問不正解のプリティ、起死回生なるか!?

〈問題〉たまたまスタジオ前にいたファンにコーラスをさせたThe Beatlesの楽曲は何?①Hey Jude②Across the Universe③Yellow Submarine④All You Need Is Love

なんとここで出題されたのはプリティ自身も敬愛するThe Beatlesの問題!是が非でも当てたいところです!が、、、

さすがに超マニアック問題、ここはカードを使います。オーディエンスカードを使い(もう一枚カードを使いたいと懇願するも当然認められず)、導き出した答えは④。正解は、、

②のAcross the Universe。長谷川プリティ敬祐、全問不正解であえなく撃沈、、。このまま罰ゲーム決定かと思われたがしかし、

 

もう一人いました、現在二問不正解でここまで来てしまった男、牧 達弥。果たして運命やいかに!?

〈問題〉日本で三番目に長いトンネルはどこ?①山手トンネル②飛騨トンネル③アクアトンネル④関越トンネル

運命の問題に対面した時、ここで牧があのカードを引きました。テレフォンカード!!。

一体誰に繋がるのか、電話にでたその相手は、、、「シゲノさん」!

シゲノさんとは、バニラズのライブでPAを担当する方で、バニラズチームに欠かせない一人です。

意外な人物の登場にメンバーからは「おぉ!」の声。それもそのはず、シゲノ氏はバニラズチーム随一の博識で、メンバーから「シゲさんは歩くウィ◯ペディア」と称されるほど。

実際、問題を読み上げると

牧「①山手トンネル」

シゲノ氏「それは一番長いトンネルだね」

会場「おおおぉぉ」

というやりとりもあり、これはかなり期待できる展開に!そのシゲノさん曰く「②はないと思う、③か④じゃないかな」とのこと。

「アクアトンネルって結構長いよね」という発言もあり、牧はその通りに③を選択、勝負あったかと思われたその時でした。

天の声「答えは、、②番、飛騨トンネルです!」

な、なんということでしょうか、、。会場では「シゲノーーーーーーー!!!!!」という牧の虚しい叫びが響き渡りました、、。

 

その後はというと、

・セイヤ、まさかの連続でテレフォンカード、シゲノ氏に電話をかけ(牧の問題不正解だったことを伝えると「ごめんよー」と素直に謝罪してました笑)今度はビシッと答えを言い当て正解。

・進太郎、天の声の指示でSNSカードを使用、LINE LIVEのコメント欄に好感を持ちそのままアンサー、見事パーフェクト達成(すげぇ)。

結果、正解数プリティ0問、牧0問、セイヤ2問、進太郎3問、、、え、全問不正解者が二人?

急遽ここでプリティvs牧のサドンデスバトルが開幕決定!

〈問題〉NBAで、引退後にファン投票でオールスターに選出され、実際にオールスター戦に出場した選手は誰?①デニス・ロッドマン②マイケル・ジョーダン③コービー・ブライアント④マジック・ジョンソン

ここでプリティ、問題を聞かずして早とちり解答をするという大博打に。もちろん、不正解。

なんというか、このときのプリティの顔は全てを悟った顔をされていました、、。男っすプリティさん笑。

解答権が移った牧。しっかりと正解を導き、この勝負、軍配は牧になりました!さて、罰ゲームとは一体、、(ブログ最後に!)

 

お待たせしました。ここからはアコースティックライブの様子をお伝えいたします!

まず最初に演奏していただいたのが、『サマータイムブルー』でした。これぞバニラズ流の夏開幕宣言。爽快でエネルギッシュ、なのにアコースティック仕様のためどこかゆったりとした落ち着きもあり、それがたまらなく涼しげでクールです。でもやっぱり熱量も感じられる演奏に、当然テンションは上がりまくりです!にしても今回の新曲といい、このライブといい、とことん夏が似合うバンドだなぁ、、笑。

今回”夏”縛りと聞いて、「あの曲、やってくれないかな、、」なんて考えたりしませんでしたか?私はめちゃめちゃ考えてました笑。そして、演奏していただけました!『なつのうた』!!これまたアレンジが最高で、歌詞に沿って情景が目に浮かんで来ました。いやぁ、心に沁みました。いつかアコースティック収録した音源リリースして欲しい、なんて思ってしまうのはわがままでしょうか?

 

さらにもう一曲、「皆さん、心弾かせていってくださいよ?いけるかー!」と牧が高らかに言うと、披露していただいたのが『バイリンガール』でした!セイヤのノリノリなドラミングに合わせて、ジャカジャカと早弾きでアコギを牧と進太郎の二人が引かき鳴らしては、歌声でも素敵すぎるハーモニーを奏でます。プリティのアコースティックベースも絶妙なアクセントになっており、あまりにも楽しそうに演奏する四人の姿に、集まったお客さんも、私含め幸せな気持ちに満たされていきました。肩の力を抜いて、ただただ音に酔いしれる。もうほんと、最高です。

 

演奏が終わると、再び天の声が。「お腹、空いてない?」「ライブ後に甘いの、食べたくない?」そういって渡されたのが”激マズかき氷”。そう、プリティの罰ゲームです!。

氷+ブルーハワイシロップ+納豆+マヨネーズ+ホイップクリームという最悪な組み合わせで用意された激マズかき氷。恐る恐る口に運ぶプリティでしたが即効性があるのか、すぐに「まっず!!!」と悶絶してしまいました、、。

これにて罰ゲーム終了かと思いきや「リーダーとして漢を見せろ!」と牧も食べることとなり、どれだけまずいのかと興味を持ったセイヤも続き、そのまま流れで進太郎も食べるという、まさかの全員罰ゲームを受ける展開に、、(進太郎の一口食べて悶絶する代わりにギターを悲しそうに鳴らしたリアクションには思わず噴いてしまいました笑)。まるで少年のようにはしゃぐ4人は本当に仲がいいなぁと思っていると、予想外の出来事が。

「ウマイ、、、」

セ、セイヤさん、、、。まさかすぎる展開で、この日約1時間半に渡るイベントが終了しました。

 

今回披露した夏曲たちを携えて、多数の音楽フェスに出演決定している彼ら。9月からはツアーも始まるとのことなので、これからもバニラズのロックンロール旋風に目が離せません!

go!go!vanillasの皆さん、楽しすぎるインストアイベントありがとうございました!(どうかお腹壊さないように、、)

 

 

 

 

(文 石山透明)

 

 

 

ライター / 石山透明

関連スタッフブログ記事