TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > 10/21 ウソツキ3rd Full Album”Diamond”リリース記念インストアライブ @CUT UP STUDIO

【タワ渋スタッフ石山透明のイベントレポート】 (記事数 / 22)

10/21 ウソツキ3rd Full Album”Diamond”リリース記念インストアライブ @CUT UP STUDIO

10/21 ウソツキ3rd Full Album”Diamond”リリース記念インストアライブ

@CUT UP STUDIO

 

 

 

 

 

 

2018年9月26日にNEWアルバム『Diamond』をリリースしたウソツキが、当店地下のCUTUP STUDIOにてインストアライブを行いました!

 

電子的なサウンドのS.E.とこの日集まった多くのお客さんの手拍子とともにメンバーが登場、Vo&Gt.竹田昌和が「今日はよろしくお願いします!」と挨拶すると、Dr.林山拓斗のスティックカウントを合図に『夏の亡霊』からライブがスタートしました。いやぁ、1曲目からなんてエモい曲かましてくるんでしょうか。サビで「君なんて嫌いになりたいのに」と歌ったかと思えば、ラスサビで「君なんて嫌いになれないのに」と”君”を想い、引きずってるあのもどかしさ、夏の思い出に取り残されてしまった切ない心情を巧みに表した一曲に、早くも会場に集まったお客さんの心をがっちりと掴んでしまいました。

「ようこそ渋谷のインストアへ!楽しむ準備はできてますか~?」と竹田が声をかけ会場のテンションを上げると、「メーデーメーデー」と気になるあの娘とのキスに動揺する様子を描いた『口内戦争』、そして今年3月に配信シングルとしてリリース、MVではメンバーのダンスが光った『恋はハードモード』を披露!Gt.吉田健二のハードなギターサウンドをはじめ、アップテンポな曲調に会場は手を挙げて盛り上がってました!

 

ここまで今作のアルバム収録曲を演奏し「どんどん新曲演るんで置いてかれないようにしてくださいね」と実質上の”出し惜しみナシ宣言”を打ち立てると、続けて始まったのはこちらも新曲の『偽善者』。

これがまた実に名曲。思わずグッときたBメロの歌詞まんま書いていいですか。失礼します。

 

そうだよ僕は偽善者だよ そうやってる自分が好きなだけだよ

そうだよ僕は嘘つきだよ それでも君と居たいんだよ

 

わかりますか?おいぃぃぃぃってなるじゃないですか。バンド名やんけ!って。なんというか、このバンドが表現し続けたこと、”偽り”なしの想いをそのまま歌にしてきたこと。ウソツキというバンドの鳴らす音楽は聴き手=君、あなたのために存在するということ。この曲を聴いて、確信というかなんというか、ウソツキに出会って良かったなと感じました(勝手な解釈ですみません)。

 

さらにウソツキワールドは留まることを知りません。『知ってる』、『M.N.E』と立て続けに披露!ミディアムテンポな曲だったり、吉田がボイスチェンジャーを使いロボットボイスでコーラスしたり、Ba.藤井浩太の凄テクベースプレイを筆頭に各々のソロ演奏で会場を沸かしたりと、こんなに綺麗な歌なのに確実に演奏、パフォーマンスの面でも魅せていて、「あ、ライブバンドなんだな。かっこいいな」と感服いたしました。

 

MCでは、竹田が今作のジャケットを偽物のダイアモンドにしたエピソードをきっかけにこんなことを話しました。

「偽物が好きなんですよ。どうにかして偽物が本物を超えたいっていう。それがウソツキってバンド名の由来でもあるんですけど。今作で革命起こそうと思っています!」

確かに、彼らの楽曲に登場する人間像は、ちょっと卑屈で悲観的で決してかっこよくは無いというか。”それでも僕は”っていう下克上魂みたいなものを感じられます。そこに私たちは共感し感動するわけで、このMCの発言を聞いて納得しました。もちろん、起こせると思います、革命。断固支持します。

そんな話があった後に始まった曲は、今作のリード曲である『名もなき感情』でした。

普通、ラブソングというのは、感情がバーンってなって、ずきんってなって、ビビッとくる事をあの手この手で表現するものじゃないですか。それをそのまま擬音で歌ってしまうという、逆に新しい、かえって革新的、本当にこの人たちはJ-POPに革命起こしにきたんだなという感じがしました。竹田の声量ある綺麗な歌声がより一層直接心に響きます。会場全体がそのまっすぐな歌に飲み込まれたかのようにじっと聴き入っていて、演奏後に一呼吸置いてから大きな拍手に変わったのが印象的でした。

会場といえば、集まったお客様を見渡すと、制服姿の学生さんからスーツを着たサラリーマン、小さいお子さんを抱っこして聴き入るお母さんまで、実に年齢層の幅が広いなと思いました。それは即ち、老若男女、全ての人が惹きつけられる、魅了する力を持っている何よりの証拠であり、もっとこの良さが広まって欲しいというか広まれ。と、いちCDショップ店員の本音をこの場を借りて呟かさせていただいたところでライブレポに戻ります。

 

さらに新曲『超ひも理論』(これがタイトルとは想像つかないくらいせつない失恋ソングなんですよ、、)でじんわりしたところで、過去作からライブ定番曲である『一生分のラブレター』を演奏していただきました!

これにはお客さんも歓喜!メンバー含め会場全体が大きな盛り上がりを見せました。

ボルテージが最高潮に達したところでいよいよ終演の時。「是非12月のワンマンにも遊びに来て下さい!」と笑顔で挨拶をし、アルバムのトリを飾っている『ラブソングは無力だ』でこの日のライブが終了、約1時間全10曲、インストアライブとしては異例のボリュームさで、最後まで正直に、ひたむきなラブソングを鳴らしてくれた4人。会場からは惜しみない拍手が永遠と鳴り響きました。

 

ウソツキの皆さん、素敵なインストアライブをありがとうございました!これからが革命本番、今後の活躍に皆さん要Checkでお願いします!!

 

 

(文 石山透明)

 

 

 

 

 

セットリスト

 

1.夏の亡霊

2.口内戦争

3.恋はハードモード

4.偽善者

5.知ってる

6.M.N.E.

7.名もなき感情

8.超ひも理論

9.一生分のラブレター

10.ラブソングは無力だ

 

 

 

 

============
ワンマンツアーファイナル
12/13(木)渋谷CLUB QUATTRO
OPEN 18:00 / START 19:00
問い合わせ:AIR FLAG Inc 03-6276-4968
<チケット>
前売り 3,500円(+1ドリンク)
一般発売中
イープラス
ローチケ
チケットぴあ
============

 

ライター / 石山透明

関連スタッフブログ記事