TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > 12/ 14 CICADA NEW EP”ESCAPE”リリース記念インストアライブ @4F イベントスペース

【タワ渋スタッフ石山透明のイベントレポート】 (記事数 / 25)

12/ 14 CICADA NEW EP”ESCAPE”リリース記念インストアライブ @4F イベントスペース

 

 

 

12/ 14 CICADA NEW EP”ESCAPE”

リリース記念インストアライブ@4F イベントスペース

 

 

 

2018年11月21日にEP『ESCAPE』をリリースしたCICADAが、当店4Fのイベントスペースにてインストアライブを行いました!

 

5人組のバンドで活動するCICADA、今回はVo.城戸あき子とKey.及川創介の二人によるインストアライブです!

拍手と共に登場した二人は黙々と準備を進めると、城戸「やろっか」及川「オーケー」と短いやり取りを交わし、今作のリード曲でもある『ふれてほしい』からライブがスタート。

明るい店内で見るCICADAが新鮮で「ちょっとこれは貴重な現場にいるのでは、、?」と、一体どんなライブになるのかソワソワしていたのですが、もうほんと、心地いいのなんの。集まったお客様もどうやら私と同意見のようで、各々が思い思いに身体を揺らしながら聴き楽しんでいるようでした。

 

先に言います。まだCICADAに出会っていない方がもしこの文を見ていることがあれば、早急にチェックして欲しい。かなりハイセンスな事を、平然とやってのけます。R&B、HIPHOP系統のブラックミュージックを基盤としつつも、そこに加えるエレクトロニカなサウンドがかなりイケてますし、ボーカル城戸の伸びやかでパワフルな歌声が、心情を綺麗に切り取った歌詞をまっすぐに届けてくれます。

そして今回リリースした新作EP[ESCAPE]が最高にいい。遊び心を満遍なく施しながらもより洗礼されており、最高にクールな一枚となっております。ぜひ今知っていただきたいアーティストです。

「こんにちはCICADAでーす」と城戸が挨拶をしてそのまま始まったのがEPのタイトルにもなっている『ESCAPE』。“多数決の意見に興味ないの 胸の中のYESを信じてるの”と強いメッセージ性が込められているこの曲は音源で聴くよりも深く心に響きます。

その証拠に、売り場とつながっているイベントスペースにはお買い物の足を止めて聴き入る人が続出、世界観に惹きこまれるとはまさにこのことだなと感じました。

 

全楽曲の作詞を担当する城戸曰く「女の子の歌が多いです」と話し、「もうすぐクリスマスなので、次の曲は遊びに行く時、電車の中とかで聴いてほしいです」と告げて披露したのは『TRVL』(読み:トラベル)でした。

エレクトロニカなサウンドをふんだんに盛り込み、アップビートなサウンドに仕上げつつもどこか一呼吸置いて落ち着いた雰囲気になるのがCICADA節。日常的だけどドラマティックな、恋心の絶妙な熱加減を見事に表した一曲でした。

そのままするりと始まった『screen』も名曲。及川の奏でるピアノサウンドがいいアクセントとなっていて、お洒落なグットミュージックがフロアを埋めていくこの空気感がたまりません。本当に気持ちいい時間でした。

 

MCでは及川が「緊張してるんでしょー」と城戸をいじったり、渋谷店の展開でコメントカードを記入した際、各々がオススメを書く中、及川に”城戸さんが泣きながら作ったEP”と書かれたと話したりと終始和やかな雰囲気で進む中、なんと音源未収録、完全新曲を披露していただけたのです!これには会場からも「おぉ、、」と驚きの声が。

この曲はとにかくサウンド、ビートの使い方が凄いです。せっかくの新曲なのであまり深くは記載しませんが、今なお進化し続けるCICADAミュージックに目が離せないのは確かだと言わせてください。早くも次の新作が待ち遠しいです、、(早すぎか)。

 

今作[ESCAPE]について「”脱出したい”というポジティブな意味合いとしてつけました」と話してくださり、メンバーチェンジ、約2年振りとなるリリースなど、自身たちの想いも詰まっていると思いますが「みなさんの生活に寄り添ってくれるような曲になればいいなと思ってます」と呼びかけた通り、本当に日頃の生活を後押し、色づかせてくれる作品となっています。

最後に演奏した『0614』はそんなCICADAの想いが顕著に表れている一曲となっていました。及川のピアノだけをバックにしっとりと城戸が歌い上げ、絶妙なバランスで織り成される音楽に、最後まで酔いしれてしまいました。

 

「どうもありがとう。CICADAでしたー!」とにこやかにステージを去り、一度心を掴まれては最後まで離さない素敵なインストアライブとなりました。

 

新作EP収録全5曲を惜しみもなく披露し、新曲まで聴けた今回のライブパフォーマンスに会場からは拍手が鳴り響きました。スタッフとしても本当に感謝の気持ちで一杯です。

CICADAの城戸さん、及川さん、本当にありがとうございました!

ぜひ次回はメンバー全員で、、(ただのわがまま)

 

 

 

(文:石山透明)

 

 

 

 

 

 

 

 

セットリスト

1.ふれてほしい

2.escape

3.TRVL

4.screen

5.新曲

6.0614

 

 

 

 

ライター / 石山透明

関連スタッフブログ記事