TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > 2019年9月の”タワレコメン”邦楽&洋楽計5タイトルを渋谷店スタッフがご紹介!

【今月の"タワレコメン"】 (記事数 / 3)

2019年9月の”タワレコメン”邦楽&洋楽計5タイトルを渋谷店スタッフがご紹介!
  • 2019年08月20日

 

全国のタワー・スタッフが、己の<耳>と<直感>だけを信じて選んだ、まだ世間で話題になる前のアーティストを、いち早くピックアップする、それが“タワレコメン”!

今回は邦楽3タイトル、洋楽から2タイトルが選出されました!

渋谷店では、こちらのブログを使って、試聴リンクつきでタワレコメンをご紹介していきます♪

まずはコチラから!

 

邦楽①

パソコン音楽クラブ 『Night Flow』

発売日        2019年9月4日(水)
価格           ¥2,160

 

2018年にリリースした初流通作品「DREAM WORK」が今もなお続くロングセラーとなっているパソコン音楽クラブ。他アーティストへの楽曲提供やCMソングに起用されるなど、業界内外問わずに注目を集める彼らが産み出したセカンドアルバムは、明らかに前作を超えたポップさに満ち溢れています!元々の基盤として存在する90年代調のデジタルシンセサイザーを用いたビートミュージックは勿論、ゲストボーカルとしてunmoやイノウエワラビ、過去にタワレコメンにも選出されている長谷川白紙が参加。さらもマスタリングエンジニアにはtofubeats、cero、石野卓球などを手掛ける得能直也が手掛けるなど、まさに進化必須な顔ぶれたちが揃いました。王道も変化球もお手のもの、DTMの新時代を掲げて活動をする彼らにとって、今後」さらに飛躍すること間違い無しな一枚です!(reviewed by 渋谷店3F 石山透明)

※渋谷店でのお買い上げはコチラから「店舗で予約」⇒東京都内⇒渋谷店をお選びください。

 

 

邦楽②

No Buses 『Boys Loved Her』

発売日        2019年9月11日(水)
価格            ¥2,160

 

2016年結成、平均年齢20歳の男女混合4人組バンドNo Buses(読み、ノーバシーズ)。どうかこの名前を今知ってもらいたい。Arctic Monkeysのファースト・アルバム『Who The Fuck Arctic Monkeys?』収録曲をバンド名に冠した若き4人は、UKロックを余すことなく吸収し、抜群に聴きやすいメロディーセンスを持ち味としています。全曲英語歌詞、若さとともににじみ出るナードな雰囲気、海外インディーズロックに最大の愛とリスペクトを込めた初の全国流通盤が遂にリリースされます!昨年のSUMMERSONICのオーディション企画(出れんの⁉サマソニ)で選出され話題となった彼らの魅力が今作には出し惜しみ一切なしで収録されております。日本が、世界が気づくその前に、一足先にチェックしてほしいバンドです! (reviewed by 渋谷店3F 石山透明)

※渋谷店でのお買い上げはコチラから「店舗で予約」⇒東京都内⇒渋谷店をお選びください。

 

邦楽③

キタニタツヤ 『Seven Girls’ H(e)avens』

発売日        2019年9月25日(水)
価格           ¥1,944

今や絶大な人気を誇るネットシーンの代表格、ヨルシカやSajou no hanaでベースを担当しているアーティスト、キタニタツヤのファースト・ミニアルバム。前作『I DO(NOT)LOVE YOU』では、自宅にて一人で完成させたとは思えない楽曲のクオリティに各所話題を呼びましたが、今作ではドラムやアコースティックギターなどのサポートミュージシャンを迎えた楽曲も収録、サウンドの幅が大きく広がっているのが特徴です。それによって垣間見えるキタニ自身のポップセンス、音楽に対する向き合い方がとにかく秀逸に感じます。また、前回のタワレコメンにて取り上げたSouのアルバムにも彼の楽曲が収録されているなど、タワレコメンとはかなり深い関係位置にいるアーティストでもあり、まさに今後のJ-POPシーンの重要参考人と呼ぶにふさわしい人物ではないでしょうか。どこかダークで、妖艶な質感を持つ彼の楽曲はロック好き、ボカロ好き共にオススメです!(reviewed by 渋谷店3F 石山透明)

※渋谷店でのお買い上げはコチラから「店舗で予約」⇒東京都内⇒渋谷店をお選びください。

 

洋楽①

Clairo 『Immunity』

発売日        2019年8月16日(金)
価格            ¥2,689

タイラー・ザ・クリエイターや デュア・リパ、そしてカリードのツアーのオープニングアクトを務め、今年のCoachellaフェスへの出演も果たした注目の若手株クレイロ。そんな彼女の待望のデビュー・アルバム『Immunity』は、元ヴァンパア・ウィークエンドのロスタムを迎えての共同プロデュース作となっており、ローファイなドリームポップやアンビエント・ポップ を中心としたベッド・ルーム・ミュージックが魅力のデビューEP『diary 001』から打って変わって生々しいくらいにクリアな音像に仕上がっている。それにより、立体的かつ上質なポップサウンドへと昇華されており、現在のポップ・シーンを踏襲したスタイルへと変容。今年の3月には来日公演も成功させ、日本でも早耳リスナーにはすでに話題となっているクレイロ。ステラー・ドネリーやビーチ・ハウス、サッカー・マミーがお好きなあなたにおすすめ! 渋谷店では1Fと6Fにて展開中!(reviewed by 渋谷店1F 滝田 優樹)

※渋谷店でのお買い上げはコチラから「店舗で予約」⇒東京都内⇒渋谷店をお選びください。

 

洋楽②

Emotional Oranges 『The Juice:Vol.1<タワーレコード限定>』

発売日        2019年9月4日(水)
価格            ¥2,160

ロサンゼルスを中心に活動する彼らは、男女混成ということ以外素性を明かされていない謎のグループ。しかし彼らの音楽は実に明快で、ノリのいいグルーヴィーなチルR&Bを聴かせてくれる。ここ最近のトレンドであるチル・アンビエント~チルR&Bを取り入れながらレトロな装いを感じさせるメロウなソウル・ミュージックがそれにうまく溶け合う様は風通しがよく、心地よさを演出する。厳しい残暑が予想されるこれからの季節にもってこいの納涼サウンドだ。ミシェル・オバマやカニエ・ウエストらがファンであることを公言するエモーショナル・オレンジズの記念すべき1stアルバム『The Juice:Vol.1』は世界初CD化、日本独自企画としてタワーレコード独占でリリース!9月4日(水)には来日公演も決定しているので、是非彼らの作品を手にして、日本での初陣を目にしてみては?(reviewed by 渋谷店1F 滝田 優樹)

※渋谷店でのお買い上げはコチラから「店舗で予約」⇒東京都内⇒渋谷店をお選びください。

 

そのほか、渋谷店の各フロアではタワレコメンコーナーが開設中です!

歴代選出のタイトルが試聴機付きで展開されていますので、ご来店の際はぜひチェックしてください♪

素晴らしい音楽をたくさん揃えてお待ちしております★

ライター / 石山透明、滝田優樹

関連スタッフブログ記事