TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > 2019年11月の”タワレコメン”邦楽&洋楽計6タイトルを渋谷店スタッフがご紹介!

【今月の"タワレコメン"】 (記事数 / 5)

2019年11月の”タワレコメン”邦楽&洋楽計6タイトルを渋谷店スタッフがご紹介!
  • 2019年10月10日

 

全国のタワー・スタッフが、己の<耳>と<直感>だけを信じて選んだ、まだ世間で話題になる前のアーティストを、いち早くピックアップする、それが“タワレコメン”!

今回は邦楽4タイトル、洋楽から2タイトルが選出されました!

渋谷店では、こちらのブログを使って、試聴リンクつきでタワレコメンをご紹介していきます♪

 

まずはコチラから!

邦楽①

the engy 『Talking about a Talk』

発売日        2019年10月30日(水)
価格           初回限定盤 ¥2,300/通常盤 ¥2,000

京都発、4人組ロックバンドthe engyのメジャーデビューミニアルバム『Talking about a Talk』がタワレコメンに決定しました!先行配信曲2曲を含む今作は、一言で言うと”気持ちいい“です。ギターのカッティングや存在感の強いベース音、個性的なハイハットに、蹂躙するボーカル。少し言い方が難しくなってきたので要約すると、圧倒的な技術を用いた“抜け感“がたまらないバンドです。ダンスロックを主としたバンドは数多く活躍していますが、正直この踊らせ方は唯一無二だと思います。例えば野外フェスの大トリ、例えば夜のドライブなんかに聴くと堪らないだろうなぁと勝手に想像してるのはさておいて、是非チェックしていただきたい一枚です!!

(reviewed by 渋谷店3F 石山透明)

※渋谷店でのお買い上げはコチラから「店舗で予約」⇒東京都内⇒渋谷店をお選びください。

 

邦楽②

Newspeak 『No Man’s Empire』
発売日        2019年11月6日(水)
価格          ¥2,273

個人的に次世代ロックの模範解答と言いたくなるようなバンド、Newspeakの新作がタワレコメンに選ばれたのは至極当然だと考えています。80年代ニューウェイブ、90年代UKロックを彷彿させるエモーショナルさと、エッジの効いたダンサブルなクリエイティブさを見事に調合した楽曲に踊らずにはいられません。この場を借りて簡単にメンバーを紹介すると、リバプールより帰化したRei(Vo&Key.)、元go!go!vanillasのギタリストRyoya(Gt.)、都内を中心に活躍するインディーズバンド、CurtissのメンバーでもあるYohey(Ba.)、当バンドのプロデューサーも務めるSteven(Dr.)の4人。ワクワクしませんか、この4人。「なんか凄そう」と思ったそこのあなた、凄いんです。知らないのはほんとに損ですよ!2017年、2018年と連続でサマソニに出演した実力の通り、そのスケールの大きいサウンドは要checkです!
(reviewed by 渋谷店3F 石山透明)
※渋谷店でのお買い上げはコチラから「店舗で予約」⇒東京都内⇒渋谷店をお選びください。

 

邦楽③

eill 『SPOTLIGHT』
発売日        2019年11月6日(水)
価格          ¥2,500

新世代シンガーソングライターとして今人気急上昇なアーティスト、eill。注目の1stアルバムが11月に発売決定いたしました!!人気恋愛観察バラエティ番組、テラスハウスで使用され話題となった”20”、先行配信も好調な“Succubus”と、客演としてこちらも人気急上昇なラッパー、Kvi Babaが参加したクラブバージョンの“Succubus feat. Kvi Baba (grooveman Spot Remix)”はまさに必聴です。他にもSKY-HIとSHIMI(BUZZER BEATS)によるユニットSOURCEKEYプロデュースの曲“Ma boy”、80KIDZによるプロデュース“Fly me 2”など、なんとも豪華なタイトルを連ねた全11曲を収録。彼女の持つクールな歌声をこの上なく魅力爆発な一枚となりました!!。全音楽好きに届いてほしい一枚です!!
(reviewed by 渋谷店3F 石山透明)
※渋谷店でのお買い上げはコチラから「店舗で予約」⇒東京都内⇒渋谷店をお選びください。

 

邦楽④
Mr.ふぉるて 『ジャーニー』
発売日        2019年11月27日(水)

結成わずか一年、今ライブハウスで最も勢いがあるといっても過言ではないと思います。その勢いたるや凄まじいものでタワーレコード新宿店でのみ販売をしていた前作『あの頃のラブソングは捨てて』が一店舗の取り扱いにも関わらず1000枚以上のセールスを記録、Twitterのフォロワーが17000人を超える(2019年10月現在)など、10代を中心にSNSで爆発的に人気を獲得している4人組ロックバンドの初の全国流通盤をタワレコは全力で推薦します!クリーンでいて激情的に鳴らされるサウンドと、恋愛や生活に対する苦悩や葛藤を吐露する歌詞のコンボ技は、もはや邦ロックの醍醐味と言えるのではないでしょうか。そしてその醍醐味を惜しみなく発揮しているMr.ふぉるてがお茶の間の中心まで届くのもそう遠くない未来の話し。ここで押さえとくのは間違いなくマストですよ!

(reviewed by 渋谷店3F 石山透明)
※渋谷店でのお買い上げはコチラから「店舗で予約」⇒東京都内⇒渋谷店をお選びください。

 

洋楽①

9m88 『平庸之上 Beyond Mediocrity』
発売日        2019年10月16日(水)
価格           ¥2,400

近年の台湾の音楽シーンといえばElephant GymやManic Sheep、落日飛車ら若手インディ・ロック・バンドの台頭で盛り上がりを魅せているところ。その対抗馬として熱い視線を送られているのが、台湾出身ニューヨーク在住の女性シンガー9m88(ジョウエムバーバー)だ。人々を魅了する彼女の音楽は、NYの名門スクール『The School of Jazz & Contemporary Music』で学んだジャズを土台に、R&Bやヒップホップを回遊する極上のメロウ・ソウル。サウンドやリズムはアメリカンソウルミュージックそのものを完全に踏襲しつつも、フロウとノリは所々でマンドポップからの影響を伺わせるハイブリットなスタイルだ。そんな彼女の台湾国内のツアーは全会場ソールドアウト、アメリカや日本での公演も成功を収めている。竹内まりやの「Plastic Love」をカバーし、D.A.N.、STUTS、Tempalayらとも共演経験のある彼女は日本との親和性も高い。元々はファッションについて学んでいたという9m88は台湾の次世代ポップ・アイコンとしても大注目。待望の日本デビュー盤『平庸之上 Beyond Mediocrity』もちろん“買い”でしょう。
(reviewed by 渋谷店1F 滝田 優樹)

※渋谷店でのお買い上げはコチラから「店舗で予約」⇒東京都内⇒渋谷店をお選びください。

 

洋楽②

Al Sunny 『プラネッツ<タワーレコード限定> 』

発売日        2019年11月13日(水)
価格           ¥2,400

 

現代AOR~ヨット・ロックの大傑作と称され、早耳リスナーとシーンに衝撃を与えた2017年5月にアナログとデジタル配信のみでリリースされた『Time To Decide』(日本独自CD化は2019年5月)から早2年。日本では未だにその衝撃冷めやらぬうちでのリリースに喜びを隠しきれない。フランスのシンガー・ソングライターでサウンド・クリエイターであるアレキサンドレ・トライカードのプロジェクト、アル・サニーはオンラやルーカス・アルーダなどを擁する“Favorite Recordings”に所属している。AOR~ヨット・ロックをほのかに香らせながら、チルウェイヴやフリーソウルを取り入れた極上なメロウネスは恍惚感を演出する。時にノスタルジック、時に異国情緒豊かに響きかせる1枚にあなたも虜になるはず。
(reviewed by 渋谷店1F 滝田 優樹)

※渋谷店でのお買い上げはコチラから「店舗で予約」⇒東京都内⇒渋谷店をお選びください。

 
そのほか、渋谷店の各フロアではタワレコメンコーナーが開設中です!

歴代選出のタイトルが試聴機付きで展開されていますので、ご来店の際はぜひチェックしてください♪

素晴らしい音楽をたくさん揃えてお待ちしております★

ライター / 石山透明、滝田優樹

関連スタッフブログ記事