TOWERRECORDS渋谷店

NEWS > 渋谷・新宿店のバイヤーがセレクト!『秋の休日と音楽~J-POP編』バイヤー入魂のレビューを掲載!

渋谷・新宿店のバイヤーがセレクト!『秋の休日と音楽~J-POP編』バイヤー入魂のレビューを掲載!
  • 2017年09月25日
  • カテゴリ / 渋谷店からのお知らせ

<秋の休日に、もっと音楽を>をテーマに、タワーレコード渋谷店/新宿店のバイヤーが、休日の緩やかな時間やリラックスした気分に寄り添う名盤やオススメ作品を紹介する企画、その名も『秋の休日と音楽』がスタートしました。

 

バイヤー大推薦のJ-POPのアルバムと入魂のレビューを紹介しますので、ぜひ渋谷店、新宿店店頭にてチェックしてください♪

 

 

踊るも良し!浸るも良し!極上サイケデリア
Tempalay/フロム・ジャパン2

前作がタワレコメンにも選出されるなど、常に注目されている3ピースバンド!フジロックでのアクシデントもものともしない圧巻のライブも記憶に新しい彼らの2ndアルバム。ローファイな脱力系サウンドからオルタナティブロック、ソウルミュージックまで網羅!秋の夜長にどこまでも気持ち良くなれる一枚。(宇野)

 

 


摩天楼に浮かぶ黄昏色のシティ・ポップ
佐藤奈々子/SWEET SWINGIN’ +2 [UHQCD]
和製ブロッサム・ディアリーかマリア・マルダーか。酔いどれ気分で真夜中の都会を闊歩してるかのような小悪魔シンガーの2nd 。まるでオータムン・ロマンスの如くアンニュイに囁きかける歌声と、ジャジー&ボッサな洒落た黄昏サウンドが、秋のナイト・クルージングをそっと彩ってくれる。 (北爪)

 

 


昼夜問わず聴ける極上のトリップアルバム!
ALFRED BEACH SANDAL/STUTS/ABS+STUTS
これまで互いの作品でコラボレーションを重ねてきた彼らががっぷり四つに組んで作り上げた極上のトリップアルバム。ビーサンの歌声は秋の夕暮れにチルアウトするのに抜群の効果を発揮しつつ(特に②!)、①に顕著なSTUTSのビートは休日前の夜の深い時間にドープな空間を提供します。(佐藤)

 

 


秋の夜長にメロウな音の波
Cornelius/Mellow Waves
11年ぶりの最新作にして、コーネリアスの存在感を見せつけた別次元の最高傑作。坂本慎太郎氏が作詞で参加。ほのかな温もりを感じるサウンドを構築した、まさにMellow(芳醇)なWaves(波)な1枚。こんなに優しいコーネリアス聴いたことない!秋の夜長にドップリと浸ってください。(今津)

 

 


移ろう季節を爽やかに語り紡ぐギターポップ
シャムキャッツ/Friends Again
浦安発の4ピース・バンド、シャムキャッツ。自主レーベルTETRA RECORDSからの初アルバム。彼らの最大の魅力ともいえる人懐こいメロディ・ラインを軸に、木々の葉色が日々変わるこの季節、2人のヴォーカリストが移ろう季節を爽やかに語り紡いでゆく。(塩谷)

 

 


やさしくそっと寄り添ってくれる永久保存版
小沢健二/LIFE
いくつも代表作が収録されている全曲名盤ともいえる作品!特に涼しくなる秋頃に聴きたくなるどこか切ない要素も入りつつ、しっかりポップな要素も入った聴いた後にはHAPPYになれる1枚。(浅川)

 

 


すさぶ秋の空気と感傷を鋭く切裂く焦燥音楽
NUMBER GIRL/SAPPUKEI NUMBER GIRL 15TH ANNIVERSARY EDITION (2SHM-CD/RM)
君はナンバーガールを知っているか?向井秀徳の脳裏と心に焼き付いたイメージとエレジーを具現する焦燥音楽。6本の狂ったハガネの振動による騒やかな演奏は、ささくれだった秋の空気を、冷凍都市のSAPPUKEIを、あの娘の性的衝動を、鋭く、極っ極に研ぎ澄ませるのだ。(越山)

 

 


窓もアクセルも全開にしたくなるドライブのお供に。
MONO NO AWARE/人生、山おり谷おり
‘FUJI ROCKルーキーステージから1年でメインステージへ!’昨今のシティポップムーブメントの文脈で語られるそのメロディセンスは言わずもがな、US INDIESライクなサウンドも聴きどころ。秋晴れの気持ち良い天気の中、窓全開でのドライブのお供に、①から自然とアクセルを踏み込んでしまうこと請け合いです。(佐藤)

 

 


秋の夜長に聴くなら、こんな音の物語。
青葉市子/0 (DIGI)
類い稀なる独演のシンガーソングライターによる4作目。ガット・ギターの爪弾きが描き出す、霊妙精緻な迷宮絵画。耳を静かに導く歌声はアリアドネーの糸の如くも、透明な軽さにあそぶ楽曲たちの、いざなう先は出口か、はたまた新たな迷路の入り口か。この魔力、脱け出せぬ。(越山)

 

 


京都が生んだロックンロール伝道師
台風クラブ/初期の台風クラブ
村八分やルースターズ、ちぇるしいやピーズにも通ずる存在が遂に現れた!!今作は京都ならではのインディー感と美しきロックンロールの系譜を引き継いだ新しい音楽だと思っております!こんな奇跡的なバランスで成り立つ彼らのこれからも期待しつつ、傑作の今作を聴いて欲しい!(黒沢)

 

 


「エイリアンズ」以外も名曲ばかり!
キリンジ/3
CMで改めてキリンジ屈指の名曲「エイリアンズ」の素晴らしさが多くの音楽ファンに届いたと思いますが、この名盤、キリンジの素晴らしさは1曲では語れません!メロディー、アレンジ、アンサンブル、歌詞全てが最高でフックだらけの日本の音楽史に残る大名盤はもっともっと広く聴かれるべき!(石黒)

 

 


最高に涼しげな朗らかなインスト!
SAKEROCK/SAYONARA
オリジナル・メンバー全員で制作され、15年のキャリアに終止符を打ったラスト作。浜野謙太のトロンボーンや星野源のマリンバが奏でる主旋律と、野村卓史のピアノが軽快に跳ね回り、田中馨と伊藤大地によるリズム隊がその奔放なセッションを支える!ここまで感動的な幕引きに哀愁すら感じます!(黒沢)

 

 


この人の声で秋を過ごしたい!
高田渡/ごあいさつ(RM)
秋の夜長に聴きたくなるのが絶対この大名盤!酔いどれ吟遊詩人高田渡の記念すべきメジャー1stにして金字塔!はっぴいえんどをバックに従えての今作は代表曲「自転車にのって」や「生活の柄」など収録!渡さんを聴きながら夕涼みにシッポリいかが?(黒沢)

 

 


澄んだ秋空に響く、歓びの音。
広上淳一/京都市交響楽団/岸田繁/岸田繁「交響曲第一番」初演
ロックバンドくるりのVo.Gt岸田繁が生み出した初のオーケストラ作品!彼が創る音は、まるで風のように心に吹き、歌のように情景が脳裏に浮かぶ。創る人、奏でる人、そして聴く人、全ての人に響く、幸せの一音一音を是非堪能していただきたい!(平間)

 

 


アートとポップの境界線を越える至高の音楽
Kan Sano/k is s
美しいピアノの響きとメロディー。絶妙なバランスで組み合わさった音色、リズム。ポップネスとアバンギャルドさが共存する音世界はどこまでも美しい。全ての音楽ファンにおすすめ!ゲストボーカルに七尾旅人、Maylee Todd、島村智才そして今大注目のMichael Kanekoも参加!(石黒)

 

 


現代最高のメロディーメイカー!
スカート/CALL
万人に届く普遍的なグッドメロディーに洒脱なアレンジ。昼過ぎからこのアルバム聴きながら散歩して夕日に出会ってしまったら、、たぶん泣いちゃいます。メジャーデビューも果たしたこのタイミングでこの才能がより多くの方に見つかって大切な1枚になることを心より願います。(石黒)

 

 


衝撃の歌声にガッツリ胸を掴まれろ!!
T字路s/T字路s
伊東妙子(Gt,Vo)、篠田智仁(B )によるギター・ヴォーカル、ベースのデュオの1stフル・アルバム。ロックンロール、ジャズ、スカなどレトロなサウンドに乗せて日々の悲喜こもごもを語り、ときには吠えるジロスの音楽は秋になれば余計に沁みる音楽である!(黒沢)

 

 


泣きたくなったら、強くなりたかったら聴け!
MOROHA/MOROHA III
段々と寒くなる季節、どこか不安がになる寂しい季節。でも今年は大丈夫!いつだって隣にはMOROHAの音楽がある。心の声、魂全て彼らがコトバとギターで訴えてくれる。体内に稲妻が走る様な衝撃、これを聴いたら休みも何もせずには居られない!さぁ泣け!(高瀬)

 

 

※ROCK/POPS、SOUL、JAZZ、OTHERの大推薦盤はコチラ
http://towershibuya.jp/news/2017/09/25/106949