TOWERRECORDS渋谷店

NEWS > 渋谷・新宿店のバイヤーがセレクト!『冬の夜と音楽~“ジャズピアノとともに更けていく夜”』バイヤー入魂の...

渋谷・新宿店のバイヤーがセレクト!『冬の夜と音楽~“ジャズピアノとともに更けていく夜”』バイヤー入魂のレビューを掲載!
  • 2018年01月22日
  • カテゴリ /

<冬の夜に、もっと音楽を>をテーマに、タワーレコード渋谷店/新宿店のバイヤーが、夜の白い息が濃紺の闇に溶け込む情景や、しんとした空気に寄り添う名盤やオススメ作品を紹介する企画、その名も『秋の休日と音楽』がスタートしました。

 

“ジャズピアノとともに更けていく夜”に酔いしれる、バイヤー大推薦の作品と入魂のレビューを紹介しますので、ぜひ渋谷店、新宿店店頭にてチェックしてください♪

 

冬の夜と音楽:“ジャズピアノとともに更けていく夜”



冬に似合う美しいフレージングを堪能して

Bill Evans (Piano)/Jim Hall/Undercurrent
繊細な音色で奏でられるピアノとギター。ビル・エヴァンスとジム.ホールという巨匠の名演は、今なお愛され続けている名盤。息の合ったピアノとギターのこれ以上ない美しい演奏に溜息が漏れそう。水面で女性が漂うジャケットの美しさもまた格別。今日はちょっと美味しいお酒を飲みながら。(岩見)

 

 

歌うピアノが煌めく、あたたかな部屋の中。
Eric Byrd Trio/Sweet, Sweet Spirit
外は寒くてもこんなあたたかなピアノジャズが流れていたら心も華やぎそう。歌うピアノに多幸感あふれるスインギーなメロディー、明るく優雅なスウィングに思わず体も揺れてしまいますよね。これぞエリック・バードの真骨頂といえる極上ピアノトリオ、家で過ごすリラックス・タイムのBGMにどうぞ。(岩見) 

 

 



夜の闇に灯る小さな灯、孤高のピアノソロ

Fred Hersch/Open Book
孤高のピアニスト、フレッド・ハーシュが、自作曲の他、ジョビンにモンク、そしてビリー・ジョエルを丁寧に紡ぐ。ピンと張りつめた空気の中研ぎ澄まされたピアノの音が放たれる瞬間の美しさ。夜の闇に溶けていく雪の様でいて、ジッと聴いていると心の底がじんわり暖かくなっている不思議な独演。(片切)

 

 


冬に一番合うジャズはきっとピアノトリオ。
Various Artists/Beautiful Jazz Piano
とにかくピアノトリオの名曲尽くしの1枚は冬のどんなシーンにもぴったり。50~60年代のビル・エヴァンス、オスカー・ピーターソン、バド・パウエル、セロニアス・モンクなど、ジャズ黄金期の名曲・名演を45曲も収録!こんなBGMが流れていたら自慢できちゃいます。(岩見)

 

 


煙草を吸う横顔、最高にクールなジャケ。
Walter Bishop Jr./スピーク・ロウ
1960年代にリリースされて以降『幻の名盤』として語り継がれる、ピアノトリオの金字塔といえる作品。一人の夜に温かいコーヒーでも飲みながら、冬の寒さなんて忘れるほどの名演を味わって。ジャズにカッコいいジャケットは沢山あれど、この煙草を吸う横顔はたまりません。(岩見)

 

 

「冬の夜と音楽」のテーマ別推薦盤と詳細は
http://towershibuya.jp/?post_type=news&p=110274&preview=true