TOWERRECORDS渋谷店

EVENT > NOISEMAKER 6th mini Album「RARA」(1.23 release)Release Event”RARA” Silk Screen Print Me...

NOISEMAKER 6th mini Album「RARA」(1.23 release)Release Event”RARA” Silk Screen Print Meeting

NOISEMAKER 6th mini Album「RARA」(1.23 release)Release Event”RARA” Silk Screen Print Meeting

■場所

タワーレコード渋谷店5Fイベントスペース

 

■開催日時(集合時刻)

2019年1月26日(土曜日)

開演時間:18:30

 

■出演

NOISEMAKER

 

■イベント内容

特典会

 

■配券種類

<特典券>

 

■入場方法

観覧フリー

※イベントの観覧はフリーですが、規定の人数を超えた際は、入場規制をかける場合がございます。

 

■特典会参加方法

ご予約者様優先で、タワーレコード渋谷店にて、1/23(水)発売(1/22(火)入荷) 「RARA」(VPCC-86229)をご購入いただいたお客様へ先着で「特典券」を配布いたします。

イベント当日、「特典券」をお持ちいただいた方は、特典会にご参加いただけます。

※「特典券」はCD1枚ご購入につき1枚お渡しします。

 

<特典会内容>

メンバー制作による、今作”RARA”のメインビジュアルをデザインした特製の版を使用し、メンバー自身がシルクスクリーンプリントを行なっていきます。

プリントはこちらで用意した用紙に施していき、乾かす工程を踏み、出来上がったデザインにメンバーのサインを入れ、メンバーより直接、お客様へお渡ししてまいります。

 

※シルクスクリーンを使って1枚1枚印刷を行います。

※特典会参加券一枚につき、一枚のお渡しとなります。

※印刷サイズはA4サイズを予定しています。

※使用するインクはお洋服等につくと大変落としにくいものとなります。イベント当日は汚れても大丈夫なお洋服等でご来場いただくことをおすすめいたします。また、印刷直後のお取り扱いにご注意ください。

 

■ご購入日

<入荷日以降ご購入>

 

■1会計でのご購入上限枚数

なし

 

■ご予約時の<券>確保

OK

 

■発売後の<券>確保

OK

 

■御買上場所

1月22日商品入荷時以降、3Fにて販売開始予定

※変更になる場合がございますので、その場合はHP及びツイートにてお知らせいたします。

 

■対象店舗

渋谷店

 

■対象商品:

・アーティスト名:NOISEMAKER

・発売日: 2019/01/23

・タイトル:RARA

・品番:VPCC-86229

・税込価格:\1,800

※イベントの観覧はフリーですが、規定の人数を超えた際は、入場規制をかけさせていただく場合がございます。予めご了承ください。
※特典会参加券1枚につき1名様のみ有効とさせていただきます。
※特典会参加券はいかなる場合(紛失・焼却・破損等)も再発行致しません。
※当日は係員およびスタッフの指示・注意に従ってください。指示に従っていただけない場合、参加をお断りすることがございます。また、会場内で係員の指示及び注意事項に従わずに生じた事故については、主催者は一切責任を負いません。
※特典会は係員がお客様の肩や腕などに触れて誘導する場合があります。ご了承の上、特典会にご参加下さい。
※会場での不道徳な行為は絶対におやめください。
※イベント内容はアーティストの事情等により変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
※会場内に録音・録画・複写に使用する機材での撮影・録音行為及び酒類・危険物の持ちこみは固くお断りします。
※会場の設備故障や天災、交通ストライキなど不可抗力の事由により、イベント不可能と判断された場合は、イベントを中止致します。
※当日の交通費・宿泊費等はお客様負担となります。イベント中止・延期の場合の旅費などの補償は致しかねます。
 
イベントに対するお問い合わせ タワーレコード渋谷店03-3496-3661
シルクスクリーンプリントに対するお問い合わせ 株式会社バップ https://www.vap.co.jp/inquire/

札幌発の4人組によるミニ・アルバムがとにかく素晴しい。よりバンドが一丸となったここ最近のライヴからも新作に期待していたけれど、これは予想以上の出来映えだ。今作においても90年代のオルタナティヴ・ロックを継承する骨太なサウンドを掲げているが、いい意味で〈ラウド〉の枠組みからハミ出した多様な曲調で勝負している。特に驚いたのが、U2に通じるスタジアム・ロック風味の"To Live Is"で、これほど爽快な歌メロはいままでになかった。また、ニルヴァーナを彷彿とさせるディストーション・ギターと、深みを備えたスケール感が同居する"Dharma Light"、中盤すぎのドラム・アレンジが耳を引く"One Day"など、新境地の開拓によって風通しの良さを得た、魅惑的な一枚だ。 bounce (C)荒金良介