TOWERRECORDS渋谷店

EVENT > DEVENDRA BANHART ニュー・アルバム「MA」発売記念イベント“ミニ・ライヴ&サイン会”

DEVENDRA BANHART ニュー・アルバム「MA」発売記念イベント“ミニ・ライヴ&サイン会”

DEVENDRA BANHART ニュー・アルバム「MA」発売記念イベント“ミニ・ライヴ&サイン会”


DEVENDRA BANHART ニュー・アルバム「MA」発売記念イベント“ミニ・ライヴ&サイン会” 開催決定!!

 

■場所

タワーレコード渋谷店 6Fパイドパイパーハウス前

 

■開催日時(集合時刻)

開催日時:201 9 年 10月 1 日 (火) 19:00~

 

■出演

DEVENDRA BANHART

 

■イベント内容

ミニライブ&サイン会

※観覧フリー。

※特典券をお持ちの方の優先入場、優先観覧エリアはございません。

※イベントの観覧はフリーですが、規定の人数を超えた場合、入場規制をかける場合がございます。

 

■配券種類

サイン会参加券

 

■イベント参加方法

・タワーレコード渋谷店にて、9/13発売『MA』(CD:7559.792406、VINYL:7559.792407)をご購入いただいたお客様に、先着でサイン会参加券を配布いたします。イベント当日、サイン会参加券をお持ちいただいた方はミニライブ終了後に開催されるサイン会にご参加いただけます。サインは対象商品にいたしますので、忘れずにお持ちください。

・ご予約いただいたお客様には優先的にサイン会参加券を確保し、対象商品のご購入時にお渡しいたします。

・サイン会参加券1枚につき1名様がご参加いただけます。

・対象商品1点につき1枚のサイン会参加券、2点以上ご購入の場合はご購入枚数分お付けいたします。

・会場内の観覧スペースには限りがございますので、お客様が殺到した際には入場制限をかけさせていただく場合がございます。

 

■ご予約・ご購入日

9月13日(金)から配券 取り置き可

 

■1会計でのご購入上限枚数

※購入上限はありません

 

■ご予約時の<サイン会参加券>確保

OK

 

■発売後の<サイン会参加券>確保

OK

 

■対象店舗

渋谷店

 

■対象商品:

DEVENDRA BANHART/MA <CD>7559.792406 <VINYL>7559.792407

・対象商品のご予約はお電話とタワーレコードホームページ(http://tower.jp/)の店舗予約サービスでも承っております。
・サイン会参加券の配布は定員に達し次第終了いたします。終了後にご予約(ご購入)いただいてもお付けできません。
・サイン会参加券はいかなる場合も再発行はいたしません。
・小学生以上のお客様からサイン会参加券が必要でございます。また小学生未満のお客様がイベントにご参加をご希望の場合、付添いの方もサイン会参加券が必要でございます。
・サイン会参加券の譲渡・転売は禁止させていただきます。
・対象商品の返品・返金はお断りさせていただきます。不良品は良品との交換とさせていただきます。
・手荷物や貴重品はお客様ご自身で管理してください。ベビーカー・キャリーケースなどの大きいお荷物もお預かりいたしかねます。
・会場内への飲食物の持ち込みはご遠慮ください。
・イベント中はいかなる機材においても撮影・録音は禁止させていただきます。
・会場周辺での徹夜などの近隣住民・店舗のご迷惑となる行為は禁止させていただきます。
・他のお客様のご迷惑となる行為、また他のお客様に怪我をさせてしまう可能性のある危険な行為は禁止させていただきます。
・イベント当日は係員の指示に必ず従ってください。係員の指示に従っていただけない場合、イベントへのご参加をお断りすることがございます。また係員の指示に従わずに生じた事故に関しましては、弊店・主催者は一切責任を負いかねます。
・諸事情によりイベントの内容に変更が出る場合や、イベント自体が中止になる場合がございます。

長年のコラボレーターであるノア・ジョージソンやヴァシュティ・バニヤンが参加し、なんと京都の寺院でも録音されたという興味深い新作。彼らしいサイケでフォーキーな音像が楽しめるが、ポルトガル語やスペイン語で歌ったりと無国籍感が半端ない。特に"Kantori Ongaku"は日本語の歌詞も含む細野晴臣へのオマージュ曲で、見事な〈逆輸入〉の和製オルタナ・カントリーに仕上がってます。 bounce (C)赤瀧洋二 『大いなる母子の愛』をテーマに据えた 〈ノンサッチ〉から3作目となるアルバム。今回もノア・ジョージソンと二人で制作したそうで、ミニマルでアコースティック、無国籍でジャンルレスないつもの変わらぬデヴェ様ではあるが、スペイン語やポルトガル語で歌う曲があり、細野晴臣へのオマージュ《Kantori Ongaku》では日本語も交えるなど、国境という既存の枠組みをますます薄め、飄々と飛び越えている。彼にとって"母"の原型であり、最も重要な人物というヴァシュティ・バニヤンとのデュエット《Will I See You Tonight ?》に代表される、とても穏やかで包み込むようなトーンが印象的なアルバムだ。 intoxicate (C)青木正之