TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > 【ライブレポート】told 2nd Album “KIERTOTIE” Release Party @新代田FEVER

特集:ライブレポート (記事数 / 9)

【ライブレポート】told 2nd Album “KIERTOTIE” Release Party @新代田FEVER

 

2016.01.22

told 2nd Album “KIERTOTIE” Release Party @新代田FEVER

 

 

IMG_8457

 

 

 

昨年12月2日に2ndアルバム「KIERTOTIE」が発売されてから、急性声帯炎のためvo/gt鈴木さんの声が封印されていたtold。

「今日はついにその声で新曲が聴ける!」と楽しみで、ドキドキしながら向かいました。

TOKYOGUM、快速東京がそれぞれ圧巻のステージを魅せ、新代田FEVERが最高にあたたまっているところに登場した彼らに、沸き上がる観客!

チカチカと点滅する照明がさらに観客を煽ります。

 

 

1

Photo: MITCH IKEDA

そして始まった1曲目は『Work and Holiday』。久しぶりに聴いた、この曲にもとても合っていて最大限に活きている、あの突き刺さるような鈴木さんの声!聴きたかった、この日を待っていました。

彼らのライブで思うのは、全てのパートが主役級にかっこいい。

そんな4人が集まっているtoldだから、本当に高級なロックだなといつも思います。

バッキバキにぶつかり合うそれぞれの音がこの日も1曲目から聴けて、初っ端から最高潮の興奮が押し寄せました!

 

 

3

 Photo: MITCH IKEDA

 

2曲目は『Sunday』。実は個人的に、「KIERTOTIE」の中で一番、ライブで聴くのを楽しみにしていた曲でした!

ギターとベースが重なって響き、メロディーにかなりノレる。

そしてサビに入ると、何かがはじけたように一気に流れ込んでくる音がすごく気持ちいい!これをライブで聴きたかった!!

サウンドに厚みと奥行きがあるので、ライブでもどっぷり入り込んでこの曲に浸ることができました。

 

『Sunday』のアウトロから息つく間もなく始まった前作「Early Morning」収録の『Imaginary Line』

ガンガン走るサウンドに、こちらも必死でついて行かなくてはと、サビでのボーカルとコーラスのかけあいでは、観客がその熱をステージにぶつけているようでした!

 

 

10

Photo: MITCH IKEDA

 

大きな歓声と拍手に包まれ、「ありがとうございます。TOKYOGUMも快速東京も、バンドって素晴らしいね。」と語るgt山﨑さん。

そして、体の奥の奥まで響いてくるベースラインから始まった『Target』

CDで聴いていたあのギラギラしたギターのこの音、ライブでも聴きたかったんです!!

アップテンポだけどずしずしと重く残る音が体中を駆け巡りました。

 

 

6

Photo: MITCH IKEDA

そしてこの曲、『Gardens』!もう本当に、ライブで何回聴いても、良い!!

toldのこの音を身体中で浴びて、そのまま溺れていきたいと思いました。。

toldは4人とも全員の音に魅力があると前述しましたが、この曲では特にそう感じます。

ただでさえ聴いていてこんなにドキドキする気持ちをさらに煽る赤羽さんのドラムも、

曲を支えながらも圧倒的な存在感でサウンドを一気に”toldの色”にする有島さんのベースも、

彼らの世界観を絶妙に、全部計算されたように私たちの心を揺さぶる音を創り出す山﨑さん鈴木さんのギターも、

そしてその苦しいような、力強いようで繊細な、聴き手の心をつかんで離さないその声も。

その音たちが合わさって音楽を鳴らしているんだから、そりゃ最高ですよね。。

その尊さを、この曲ではまざまざと感じさせられるんです。

 

 

5

Photo: MITCH IKEDA

 

 

次の曲は「KIERTOTIE」でリードトラックにもなっている『Fall』

この曲のイントロ、綺麗なギターの音が世界一切なくてエモくてドキドキしませんか?

それをライブハウスで聴いたらもう、あの『Fall』のPVの世界に入ったようで、一瞬で戻れなくなりました。

toldの”エモさ”は激しくて荒くて心が貫かれる、というように感じる曲もあれば、この曲のように、切なくて聴いていると胸が高鳴ってしめつけられる感じもたまらないのです。

 

最後の曲!と言って始まった『Distress of Casual boy』は、toldらしい激しいサウンドが洪水のように、攻めに攻めてきて、完全にしびれました!

終わってほしくない!!と思いながらも、そのかっこよさに、もうほとんど骨抜き状態でした。

 

 

8

Photo: MITCH IKEDA

 

 

鳴り止まない拍手と”toldコール”の中、再び登場した4人!アンコールは『RGB』

爽やかで、尖ってるけどとても綺麗に響くギターが印象的なこの曲、清々しく気持ちいい!!

観客も間奏の手拍子や歓声で応え、文字通り大盛況でした!!

 

 

 

「KIERTOTIE」を聴けば誰もがわかることと思いますが、発売からすぐ、vo鈴木さんの声が出なくなるというトラブルがありながら、

ひとつもライブをキャンセルすることなくやり切ったというその音楽に対する真摯な姿勢が、生きて音に乗って伝わってくるようなライブでした!

本当に行って良かった!CDの音も素晴らしくそれだけでも満足してしまうと思うのですが、ぜひライブに足をお運びください。期待をはるかに超えていて、あなたも”骨抜き”になりますよ。

 

 

 

 

 

 

told_2nd_A写_2_light

told

[L>R]赤羽進互(Dr)鈴木歩積(Gt/Vo)山﨑裕太(Gt)有島コレスケ(Ba)

東京出身オルタナティブロックバンド。

昨年FUJI ROCK FESTIVAL 2015/ROOKIE A GO-GO出演。

2015年12月2日、2nd Album『KIERTOTIE』をリリース。

 

 

 

リリース情報

2015/12/02 Release told 2nd Album 「KIERTOTIE」

品番:XSCL-18 価格:¥1,944(税込)

told_KIERTOTIE_ALJKflamedlight

1.Early Morning II

2.Fall

3.Sunday

4.Work and Holiday

5.Target

6.それぞれ

7.予定

8.Distress of Casual boy

9.Gardens

10.夜風が窓を

→渋谷店でのご購入お取り置きはコチラ

 

 

 

▼told 『Fall』MV

 

 

 

 

◆told.jp

 

 

 

ライター / 星睦実

関連スタッフブログ記事