TOWERRECORDS渋谷店

STAFF BLOG > ベランパレード 1st Mini Album「omoide fight club 」発売記念インタビュー!!

その他 (記事数 / 7)

ベランパレード 1st Mini Album「omoide fight club 」発売記念インタビュー!!

 

 

 

 

ベランパレード!リリース記念インタビュ~~~

 

 

image1

 

 

宮崎県在住4人組ロックバンドベランパレード!

初の全国流通盤 1st Mini Album「omoide fight club 」発売を記念してインタビューを敢行!!

胸アツロックバンド ベランパレード!ピュアでポップな彼らのことをぜひ知っていただきたい♪

 

 

 

□まずは自己紹介をお願いします!

タワーレコードからのインタビューということで、憧れのアーティスト、最近買ったCD、持っているMY BEST CDもついでに教えてください~♪

 

 

あび
ボーカルギターと作詞作曲を担当してます。歌王子あびです。憧れのアーティストさんは高校生の頃からガガガSPのコザック前田さんに憧れていました。1番最近買ったCDは忘れらんねえよの「俺よ届け」を買いました。3曲目の「眠れぬ夜は君の名をググるよ」が特に最高でした。MY BEST CDはメガマサヒデの「俺がメガマサヒデじゃい」です!

 

 

Kota
ギターを担当していますKotaです。憧れのアーティストは髭の須藤寿さんです。雰囲気がとても柔らかな人なのですけども、そこにはしっかり芯みたいなものを感じられて本当に大好きです。
最近買ったCDはBon Iverの22, A Millionです。MY BEST CDですか。自分の好きなCDを一つに決めるのは難しいですが、強いて挙げるのならばフジファブリックさんの「フジファブリック」ですかね。中学生の頃からCDが擦り切れるほど聞きました。最近このCDのLP盤も手に入れてずっと聴いています。

 

 

ゆりえちゃん
ベースのゆりえちゃんです。ずっと家にいることと食べることと菅田将暉くんが大好きなおひつじ座A型。
いちばん最近買ったCDは奇しくも自分たちの1stミニアルバム。。だってうれしいんだもん。
MY BEST CDはずっと変わらずMIRACLE DIVING/JUDY AND MARY。伝説!

 

 

モッコリ
drums&choの担当のモッコリです!!
憧れのアーティストはdeep purpleとチャットモンチーです‼最近はなかなかCDが買えていないのですが、宇多田ヒカルさんの最近アルバム購入予定です~‼
MY BEST CDはチャットモンチーの告白です‼

 

 

 

 

□そして!omoide fight clubリリースおめでとうございます!

初めての流通盤です!店頭に並んでいる自分のCDを見た時、どんな気持ちでしたか?

 

 

あび
発売日の1週間くらい前から普通に体調悪かったです。
緊張しすぎて、、、このままこのもうすぐ出るぞっ!て状態が永遠に続いてくれないかなって思ってしまいました笑。
でも実際に発売して全国の色んなCDショップにCDが並んでいるのを見たり「買ったよ〜!」みたいな連絡をもらうと「あぁ、ほんとに出たんだなぁ」って喜びと不安で睡眠時間減りましたね。
あと昔好きだった女の子から連絡きたりしちゃって、、、(笑)
出せてよかったですよ、ほんとに、、、(笑)

 

 

Kota
とても感動を覚えました。うわあ〜ある〜ほんとに〜みたいな。(笑)でも嬉しい半面、ここからスタートだなって感じて自分を鼓舞させていました。

 

 

ゆりえちゃん
ぜんぜんピンと来なかった!けど、リリース日に札幌のタワーレコードにご挨拶にいったときに来てくださってたお客さんたちとお話しして、おめでとう、とか、待ってた、とか言ってもらえてやっと実感が湧いて、なんていうか、普通に泣きました。うれしかった。

 

 

モッコリ
夢心地な気分‼不思議な感じがしますね!!

 

 

1image1

 

 

 

□omoide fight club収録曲の中で、オススメの曲はどの曲ですか?またその理由も教えてください!

 

 

あび
どの曲もいいです!!ただ個人的には2曲目の「こんなワガママな僕たちを」がお気に入りですね。この曲はベースのゆりえちゃんとのツインボーカルの曲になっていてゆりえちゃんの声がかなりいいです。この曲はたくさんゆりえちゃんに歌ってもらう前提で歌詞を書いていきました。ゆりえちゃんがソロで歌うパートがあるんですがその歌詞が
「ふてくされたままの顔で眠りにつく君の横でこんなつまらない幸せが明日も続けと願っている」
っていうものなんですけど自分の書いた歌詞でアルバムを通して1番好きな1文なんです。その歌詞を女の子の声で歌われてるっていうのがすごく気に入ってます。なんか自分が1番大切な人に思っててほしいことを自前の妄想力で紡ぎ出して自分にプレゼントした。みたいな、そんな感じです。だからそれを自分じゃない人が歌ってくれてるってのが泣けますね。その部分だけは何回聴いても自分でも泣いてしまいます。、、(笑)

 

 

Kota
僕は「君と天気」ですね。なんかとても浸れるですよ、この曲は。気持ち良い。ベランパレードってわんぱく元気で、でもなんか切ない、涙が出るってバンドじゃないですか。
ベランパレードのサポートもやる前に彼らのライブに行って、ベランパレードがこの曲をやった時、彼らの表情がバッと変わって演奏していたことがとても印象に残っているんです。すごく胸にグッと来たなあ。そんな曲に自分のギターが入るっていう、思い入れもあるのかな。あとゆりえちゃんがたまにこの曲のギターソロ鼻歌で歌ってくれるからですかね。(笑)

 

 

ゆりえちゃん
いまの集大成みたいなアルバムなのでぜんぶと言いたいところですが、個人的にはツインボーカルの曲「こんなワガママな僕たちを」。歌うことが好きなので、たくさん歌うパートがあって、歌入れがすごく楽しかったです。全力で精いっぱい歌ったので、照れるけどぜひ聴いてほしい!あと歌詞がすごく良くて気に入ってます。

 

 

モッコリ
オススメは2曲目の「こんなワガママな僕たちを」‼
日々を生きるあなたにきっと響くであろう一曲‼あびさんのソングライティングが光っているし、バンドアレンジも好き‼

 

 

 

 

□omoide fight club収録曲の楽曲作成にあたり、なにかエピソードがあれば教えてください!この曲はこうして生まれた…!など、もし面白い、ビックリなエピソードがあれば知りたいです!

 

 

あび
基本的に曲はぼくが作ってスタジオに持っていくような感じが多いんですけど、曲を作るときってだいたい夜にひとりで部屋で灯りもわざとスタンドライト1個だけとかにしてボソボソ歌いながら曲を作っていくんですけどいいなって思える歌詞ができたりすると興奮してきてひとりで部屋の中をぐるぐる歩き回ったりしちゃうんですよね。
ひとりでできたばかりの歌詞読んで泣いたりして。とにかく感動するのが好きなんだと思います。
とにかく共有したくなって一通り完成した歌詞をまずメンバーに送るんですけどメンバーから「いいじゃん」 とか「泣いた」とか返信がくるのを待ってひとりでニヤニヤしたりしてます。その時間がすごく好きです。たまにダメ出しされたりもするんですけど。やっぱりメンバーが1番近くで僕の曲を聴いてくれる人でもあると思うので。ベランパレードでの詩人は僕ですからまずはメンバーから僕の詩のファンにできたらなって思ってます。
4曲目の「君と天気」は曲を持っていってスタジオでバンドで作り上げる段階の時にゆりえちゃんがベース弾きながら「いい曲だなぁ」って言いながら泣いたことがあって、エピソードとしてはそれが面白かったです。
レコーディングのときはスピッツのディレクターをしている竹内修さんという方にプロデュースをして頂いたのですがはじめてのちゃんとした設備や環境下でのレコーディングに「すげー!」とか言ってはしゃいでたのもつかの間、ほんとうに鍛えられました。
音楽を作るってことはこういうことなんだなってのを身をもって体感できたと思います。
歌録りの時なんてたくさんのメンバーやスタッフの中で下手くそだろうがなんだろうがベランパレードを歌えるのは僕だけなんだってことを当たり前のことですが痛感しました。レコーディングが詰まってくると「ちょっとトイレ、、、」とか言ってレコーディングのブースを抜け出してトイレの個室に逃げ込んでたんです。まだまだメンタルが弱い、、、そしたらトイレの個室のスピーカーからユーミンの「ジャコビニ彗星の日」が流れてきて静かに涙を流しましたね(笑)最高の経験でした。

 

 

Kota
今回の収録曲は前のギターが在籍していた時からやっていた曲がほとんどなので、自分のギターを考えていく作業がほとんどでしたね。「こんなワガママな僕たちを」はみんなで作っていく段階で、すぐギターのイメージが湧きました。すごいですよねあびは。(笑)

 

 

ゆりえちゃん
リード曲『ナイトウォーリー』。わたしはもともとベランパレードにサポートとして後から入ったんですけど、その時からこの曲はあって、一番最初にスタジオ練習を見に行ったときにこの曲を聴いてなんじゃこりゃめちゃくちゃいいなと。そのときからずっとライブでやり続けている思い出深い曲なので、今回のファーストにも収録できて、勝手にグッときてます。

 

 

モッコリ
ナイトウォーリーはもともとセッションで出来た15分越える超大作でした。
それが、いつの間にか4分弱の曲になって大事な一曲になるとは・・・。

 

 

 

4image4

 

 

□MVにもなったのは、アルバムにとって大事な1曲目に収録されている「ナイトウォーリー」ですね。まずはこのMVを、ベランパレードを知らない方にも聴いてもらいたいですね…!

 

 

あび
バンド結成当初からずっとライブでもやり続けている曲で、ベランパレードがまだ僕とモッコリだけでスタジオに入っていてまだ曲も無いしバンド名も決まっていない頃にできた曲です。
ずっと大事にしてきた曲だしデビューするときはナイトウォーリーでデビューしたいなって個人的にずっと考えていたのでちゃんとそれが叶ってうれしいです。
心細い夜にベットの上で膝抱えて泣いちゃうような、漫画みたいな夜が誰しも実際あるんじゃないかと思うんです。そういう時に誰かの心の中で流れるのが僕の歌ならどんなに素敵だろうと思って。そういう曲にできたんじゃないかなと思います。

 

 

Kota
そうですね、是非とも聴いてもらいたいです。ほら、なんかさみしくなる時ってあるでしょ?毎日楽しい夜じゃない。そんな時に聞くといいかもですね。あと余談なんですけど、2回目のサビ前に、カッコ良い僕のミストーンが入っているので探してみてくださいね。あびの歌詞も最高です。グッときてますメンバーも。

 

 

ゆりえちゃん
とにかくベランパレードの”顔”を激押ししてみました。賛否両論あるMVです。笑 個人的にはキュートな作品になったと思って気に入ってます。

 

 

モッコリ
夜のお供に、、、、!!

 

 

 

 

 

 

□どんな時に聴いてもらいたいアルバムになりましたか?今作の魅力を教えてください!

 

 

あび
アルバムに「omoide fight club」というタイトルをレコーディングが終わった後ににつけてなんだかとてもよかったなって思っています。僕、思い出フェチなので、思い出してばっかりいるんです。いつも。宝物ですね。思い出って楽しかったことも悲しかったこともなんだか切なく煌めく部分があると思うんです。その煌めきみたいはものがすごく好きで。
それにやっぱり人って忘れちゃう生き物だからいろんなこと自分の都合のいいように捻じ曲げたり曖昧にしたりしちゃったりするんですけど。でもその曖昧さみたいなものを僕は言葉して歌にできたらと思って作りました。今回のアルバムはそういう楽しさとか悲しさどっちも曖昧さで包み込んだような作品にできたんじゃないかなって思います。
元気がないときにも聴いてほしいし、元気な時にも聴いてほしいです。車の中とかで聴きながら海とか行ってほしいですね。

 

 

Kota
なんだろう、何時でもいいんじゃないかな。ベランパレードは寄り添ってくれるバンドだと思うので。ハッピーな気分な時は「海へ行こう」でビートに乗って、少し切ない気持ちの時は「君と天気」だったり。あなたの気持ちにそっと寄り添ってくれるようなミニアルバムなので是非!

 

 

ゆりえちゃん
なんにも予定がないお休みの日、部屋のなかでずっとリピートして聴ける一枚になったと思います。飽きないのに邪魔しない。寄り添うっていうんでもないけどちょっと離れたところからずっと見守ってるよ、みたいなそんな一枚。

 

 

モッコリ
ドライブ中に、部屋の中で一人で、なんだか元気がでないときに聞いてほしいアルバム‼
ベランパレードの今がぎゅっと詰まっている現在のbest‼

 

 

 

 

 

□皆さんは宮崎県出身ですね!宮崎の魅力は何ですか?美味しい宮崎名物、オススメの場所なども知りたいです!

あび
宮崎は空が広いですね。あとだいたい暖かいです。ヤシの木みたいな木も生えてるし。あと食べ物が美味しいです。地鶏の炭火焼きとか、、、美味しいものってだいたいどこにでもあるんですけど、、、

 

 

 Kota
自然ですかね。宮崎の自然はどこにいっても好きです。個人的には、都井岬がとても好きですね。海も穏やかで、野生の馬もいて、風も気持ち良い。東京の友達も連れていったくらいです。

 

 

ゆりえちゃん
観光地いろいろありますが、街そのものが魅力。空気がゆったりしていて、人も車輌も少ないし、ツアーから戻ると毎回ほっとします。だれも急いでいないような雰囲気で。のんびり。さいこう。

 

 

モッコリ
宮崎の魅力は何といってものんびりと時間が過ぎていくところ。都会から帰ってきたとき凄くほっとする街です。
みんなに食べてほしいのは、チキン南蛮と地鶏‼味覚の大革命必至ですぜー!
初めての宮崎の人には、高千穂峡に是非‼天尊降臨感半端ない!

 

 

 

 

□初のワンマンライブお疲れ様です!どうでしたか…??

 

 

あび
やっぱり宮崎のライブハウスで育っていろんなバンドのライブを観て憧れてきたので宮崎という街でワンマンやれたのはほんとに嬉しかったです。時間の流れ方がすごく贅沢でした。ずっと宮崎で目標としてる、いつか越えたいって思うバンドマンの先輩がいるんですがアンコールでナイトウォーリーをしているときその人がダイブしてきて、それはほんとうれしかったですね(笑)

 

 

Kota
ベランパレード初ワンマンライブでしたけど、個人的にもワンマンは初だったんですよ。感慨深かったですね。僕らのこと見に来ていてみんなニコニコしてて、中には涙が出そうな子もいて。モッコリは小学生の時から友達で、その後にあびとゆりえちゃんと知り合って、それから何年か経ってそんなメンバーと同じ時間を過ごせたことはとても嬉しかったです。これからもそんな感動を増やしていけたらなと。

 

 

ゆりえちゃん
ほんとはとっても不安でした。全国流通盤をだしてすぐのワンマンということもあって。でも終わってすぐやってよかったなって思いました。ワンマンって当たり前だけどわたしたちのお客さんしかいなくて、その人たちだけに向けたスペシャルなライブという感じで、すごく濃かったです。お客さんとたくさんお話しもできたし。地元のバンドマンや先輩方が見に来てくれていたのもすごくうれしかった。なんかベランパレードとしての結束力みたいなものもアップした感じがしました。とにかくたのしかった!!

 

 

モッコリ
やりたいようにやれたから、ベランパレードの性に合ってて楽しくやれましたー!!

 

 

 2image2

 

 

 

 

□最近では東京でのライブも増えましたね。移動時間も長くて大変かと思います…東京へ来るとき、いつもどんなことを考えていますか?

 

 

あび
移動は飛行機が多いんですけどそれでもやっぱり移動は長く感じますね。高校卒業するまで2回くらいしか飛行機乗ったことなかったんですよね。最近は月に何回も飛行機乗ってて未だに嘘みたいだなって思います。東京ももちろんなんですけと自分の住んでる街以外の街にバンドで行くときはいつも新鮮です。仲良くなりたいなっていつも思いますね。歌で仲良くなりたいって思います。

 

 

Kota
東京行く時は飛行機なので時間はかかりませんが、電車に乗る時がいろいろ考えていますね。宮崎では全く電車に乗らないので。曲のことやライブのこととか。見慣れない景色を見るために、わざと各停に乗ったり違う沿線使ったりすることもあります。(笑)

 

 

ゆりえちゃん
移動はいつも飛行機です。空港も飛行機もSFチックで大好きなのでいつもわくわくします。
東京は、わたしのなかのイメージは「ツンデレ」なんです。一見みんな他人に興味ない風で、逆にそれが不思議な一体感を生んでいて。刹那的な街でさびしくなるから、負けないぞって気合い入れて行ってます。

 

 

モッコリ
一人でも多くの人に聞いてもらって、泣き笑い怒り最後にはベランパレードに恋をしてほしいな~と思っております。

 

 

 

 

□ライブへ行くと、涙を流しているお客さんをよく見かけます。ベランパレードの熱いライブに心打たれているのですね。最近では楽しいMCに笑顔をみせるお客さんもたくさんいます。ライブはどんなことを意識していますか?また、どんな気持ちでパフォーマンスをしていますか?

 

 

あび
基本的にはやっぱり笑ってほしいなって気持ちでいつもライブしてます。たくさんの人と正面から向き合って歌を歌うのって僕にとってはとんでもなく非日常でかけがえのない時間です。ライブが増えていってもそれは変わらないです。観てくれてる人の顔を見るのが大好きで人の表情を見るのが好きなのでライブしてるともっと笑ってるところがみたいなといつも思ってしまいます。泣いてくれてる人はきっとなにか悲しいことがあったんでしょうね。(笑)僕らのライブにそういうなにかをもってきてくれてるなら光栄というかバンドやっててよかったなって思います。僕自身もライブやってるときだけは一生懸命になれるし笑ったり泣いたりできるんです。ライブってすごいですよ。知れてよかった。

 

 

Kota
ライブは楽しくやれたらいいなっていうことくらいですね。その過程でお客さんがニコニコしたり、涙が出そうになったりするのが良いなと思うので。好きなように楽しんでくれたら良いなと思っています。

 

 

ゆりえちゃん
意識するのは顔です。自分が他のバンドのライブを見るときも演者の顔をいちばん見てて。表情で曲の聴こえ方ってぜんぜん違うと思っていて、歌はもちろんだけど例えばギターソロなんかもギタリストの表情でグッときたり。やっぱり顔だいじだなって。なかでも切ないとかさびしいとかいろいろ含めれる表情が笑顔だと思ってるから、常ににこにこしてたいです。

 

 

モッコリ
皮肉めいた曲では、ニヒルな笑みを。ハッピーな感じの曲はニコニコ笑顔で。曲毎に勝手に解釈して表情は意識してますね‼
パフォーマンス時はとにかくギア回し続けて胸いっぱいです。

 

 

 

image4

 

 

 

image2

 

 

 

image3

 

 

 

□今後出演してみたい東京のライブハウスはありますか?(超大きい場所でも大丈夫ですよ!!!!)

 

 

あび
武道館。

 

 

Kota
 ライブハウスじゃないけど日比谷公会堂です。気持ち良さそう。

 

 

ゆりえちゃん
zeppトウキョー。

 

 

モッコリ
Zeep東京‼

 

 

 

 

□そして!10/30はタワーレコード渋谷店でインストアライブですね!とっても楽しみです。インストアライブに向けて意気込みをお願いします!

 

 

あび
ありがとうございます!
インストアっていう環境にまだ慣れてないんですけどインストアライブってCDがたくさん並んでたり音楽や映像が流れる中で演奏できるのでなんだか自分も商品の仲間になった感じがすごくして興奮します。がんばります!

 

 

Kota
渋谷タワレコでインストアライブが出来ると思っていませんでした。大学で東京に住んでいた時よく渋谷のタワレコでCD買ってましたからね。そんなところで出来るなんてとっても楽しみです!たくさんの人に見てもらえたらなと思っています。よろしくお願い致します!ハロウィンですね、仮装していらしてくれたら嬉しいな。

 

 

ゆりえちゃん
インストアはライブハウスに普段来ないような方にも見てもらえるので楽しみです。歌をしっかり届けられたらいいなって思っています。

 

 

モッコリ
ンリバンタ‼頑張る‼

 

 

3image3

 

 

□ベランパレードの魅力を一言でお願いします!!

 

 

あび
わんぱく、卑屈、ラブリー、、ですかね。

 

 

Kota
グッと!(Good)来ます!

 

 

ゆりえちゃん
斜に構えてるけど人懐っこくて憎めない。

 

 

モッコリ
皮肉な陽気屋‼

 

 

 

 

 

□今回の全国流通で、今までの何倍もの人がベランパレードのことを知ってくれたと思います。今回知ってくれた皆さんに伝えたいことはありますか?またこんなことを知ってもらいたい!などアピールがあればお願いします。

 

 

あび
CDショップやテレビなどを観て知ってくださった方にはぜひライブを観に来てほしいです。ライブバンドなので。それでベランパレードを良さを知ってもらえたらうれしいなと思います!生で観てほしいし僕もみんなのことを生で観たいです。

 

 

Kota
音源ももちろん良いのですけど、是非ライブにいらしてみてください。きっとベランパレードに夢中になるんじゃないかなと思います。そして、好きなように楽しんでください。お待ちしております!

 

 

ゆりえちゃん
ひねくれていろいろこじらせて、一周回ってポップにたどり着いた、みたいなかんじのバンドだと思っています。程よい距離感でいてくれる楽曲ばかりです。なかなか行けない場所にもCDで届いてほしい!

 

 

モッコリ
メンバー内格差がひどいので優しくしてください!!笑

 

 

 

 

□最後にファンのみなさんにコメントをお願いします!

 

 

あび
みんなが笑ってくれる顔を思い出すだけでいつも良く眠れてます。いつもありがとう。

 

 

Kota
いつもベランパレードを見ていてくれてありがとう、本当に嬉しいです。もっとみんなの街に行って、ライブして一緒に楽しみたいな。これからもベランパレードよろしくどうぞね。

 

 

ゆりえちゃん
ほんとうに湿っぽく愛してくれているコアなファンのみなさまのおかげで全国にCDを届けることができました!いつもありがとうございます!はやくまたライブで会いたいです。

 

 

モッコリ
 オイェイェイ!!

 

 

 

ベランパレードの真っ直ぐでキラキラした素敵なインタビューになりました!

メンバーの皆さん、記事を読んでくれた皆さん、ありがとうございました!

 

 

 

 

ベレンバレードからMOVIEいただきました!

 

 

 

 

st Mini Album「omoide fight club 」

2016年10月5日(水)発売!!

veran_jk

 

品番:Lucky-1001 価格:¥1,574 (税抜価格)+税

レーベル:Lucky Hell

収録曲:

1. ナイトウォーリー

2. こんなワガママな僕たちを

3. 海へいこう

4. 君と天気

5. あの娘はきっとバカだから

6. just a feeling

 

 

 

 

ベランパレード OFFICIAL WEB SITE